TRILOGトリログ

社員研修のホントのところ

2007.01.09

本日(1月9日)、臨時休業のお知らせを掲載しました。2007年1月11日から1月15日まで「社員研修のため」臨時休業とさせていただきます。年末年始の休業の際に「長くて良いですね」と言われていましたが(本当は長くはないんですが…)、年始そうそうまた休みをいただいてしまいます。

昨年末に1日長く営業をして年始の休みに割り振ったこともあり、1月の半分がこれで休みになってしまうので、営業的にはかなりマイナスですし、いろいろなところにしわ寄せが来てしまうので心苦しいところもあるのですが、1年に1回しかないチャンスでもありますし、休業することに決めました。

さて、その社員研修とは何をするのか。察しの良い方はもうおわかりだと思いますが、社員総出でMacworld Expoの視察と社員旅行を兼ねての研修旅行なのです。社員旅行でお休みというとお取引様を含め義理が立たないということもあってか、「社員研修のため休業」という告知の仕方が定番になっていますね。お取引様の多くがこのトリログを読んでいるのを知っているので、かなりチャレンジなのですが、書いておかないと「休みすぎ!」ということばかりが目に付いてしまうので、何のためなのかをわかっていただきたかったのです。そういう意味では、言い訳エントリーの類です(笑)。

以前にも書いたような記憶がありますが、当社は輸入販売をメインに行なっており、多くの取引メーカーと普段はメールやチャットなどのやり取りを行なっています。しかしながら、実際に会って話すことの重要性は長くこのような商売をやってきている身としてはよくわかっているつもりです。そして今回、Macworldの会場では取引メーカーが多く出展するということもあり、1回の渡航で効率的に会えるので良い機会であるのと共に、自分たちが輸入をしている製品やその他の競合製品も含めて「現場」を見てもらうことは非常に大切だと考えたのです。

セールスやサポートは普段から製品に触れていたり、製品の話をしたりすることはよくありますが、たとえ事務処理を行なっているとしても、その製品やその製品を作っている人たちと会って親睦を深めることにより、仕事自体も楽しくなると思いますし、思い入れができてくると「仕事が変わる」と思うのです。メーカー側からしても、私は会っていたとしてもその他の社員はメールだけでのやり取りで顔が見えないとやはり「違う」と思うのです。

というわけで、「今後のより良いサービスのために」少しだけ休業させていただくので、ご理解の上ご了承いただければと思います(誰に書いてるんだか…)。オンラインストアや製品サポートなど、ご迷惑をお掛けすることもありますが、なにとぞ暖かい目で見守ってください(どんなお願いなんだか…)。

あわせて読みたい

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す