TRILOGトリログ

iPhoneのフラッシュと、iPhone「型」のフラッシュの違い

2014.03.15

投稿者 : ほっしぃ

MBIP01.jpg

【Simplism】iPhone型バッテリー [iPhone Shaped Battery] | トリニティ株式会社

これまでにない発想でiPhoneケースを使って着せ替えができるというモバイルバッテリーが思ったよりも好評でとても嬉しい限りです。Twitterへのシェア数だけ見るとUP by Jawboneよりも上だったりします。それにしても、Google+を使われている方はあまりいないのでしょうか。私もTwitter、Facebook、そしてGoogle+とやるというわけにもいかないのでまったくいじっていませんが。

それはそれとして、今回は以前にも触れたフラッシュについて実際に試してみる機会があったのでご紹介します。

MBIP02.jpg

このiPhone型モバイルバッテリーにはiPhoneのカメラと同じ位置にLEDフラッシュライトを装備しています。これは元々、iPhoneケースにあるカメラ穴のところが何もないと格好悪いというところからの発想ではありますが、実用性も考えてLEDフラッシュで拡散型のタイプにしました。

MBIP03.jpg

MBIP04.jpg

ちょうどシアトルで食事をする際に、レストランが薄暗く、フラッシュ無しで料理を取ろうとするととてもくらいのでノイズだらけになってしまうということでちょうどお客さんもいたので、その効果をデモするという意味も込めて、フラッシュを試してみました。なお、「なんだこれは」というケースを付けているのはご愛敬ということで。

MBIP05.jpg

MBIP06.jpg

上がiPhoneの内蔵LEDフラッシュを使って撮影したお肉で、下がiPhone型モバイルバッテリーを使って撮影したお肉です。やはり、iPhoneのLEDは光量が強すぎてなおかつ指向性が強いので白くなってしまっています。逆にモバイルバッテリー側は自然に明るくなっているのが見てとれると思います。

このように、モバイルバッテリーのLEDはiPhone内蔵のモノと比べると光量が弱いのですが、それは意図的に行なっており、このような例の時にとても活躍するのです。ちなみに、前記の写真では【Bluelounge】ロリオ・ケーブル収納付きLightning用充電ステーション [Rolio]を使ってiPhoneへ充電もしながら撮影しているというさりげない演出です(説明しているのでさりげなくなくなっていますが)。

現在、予定していた初回在庫が無くなってしまったので、次の出荷を用意しているところですので、もう少しだけお待ちください。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す