TRILOGトリログ

Appleスペシャルイベントが終了。一番欲しかったものは…

2014.10.17

AppleEvent01a.jpg

さきほど、Appleスペシャルイベントが終了しました。今回も、Apple TVによる視聴をしましたが、前回と異なりものすごくスムースで、こんな感じでリアルタイムでイベントを見られるというのはやっぱり素晴らしいなと思いました。テレビ側で大画面で表示して、MacBook ProでTwitterやFacebook、Skypeなどでやり取りをすることができるのは良いですね。

AppleEvent02.jpg

AppleEvent03.jpg

さて、前半は割と振り返りが多く、これまでのスペシャルイベントでよく使っていたiPhone 6/6 Plusが何台売れたとかいう数字も出てこないあっさりとした既知の話で時間が流れていきました。そんな中、iPad Air 2も満を持して、というよりも割とサラッと出てきました。しかし、前回iPad Airを発表したときに出してきた鉛筆を削ってしまうとは少し意表を突かれましたね。

AppleEvent04.jpg

今回のiPad Air 2は内部のスペックアップ、Touch ID、そして外観は薄くなったということが特徴です。我々アクセサリーメーカーからすると、薄くなれば当然ケースなどに影響があるために非常に気になるところです。今回はそれに加えて、マイクの位置が背面のセンターからカメラ横に移動し、ミュートスイッチが消えてそこには穴が空くデザインになりました(この穴についての説明は特になかったのですがノイズキャンセルの穴ではないかと思います)。当然、これまでのケースは使えません。

iPad miniも今回ナンバリングされるようになり、以前のiPad mini Retinaと呼んでいたモデルをiPad mini 2と呼ぶようにして、今回、カラーバリエーションが増えてTouch ID対応になったiPad mini 3が最新版となるようになりました。これも本当にかなりサラッと出してきました。

AppleEvent05.jpg

AppleEvent06.jpg

そして、技術的には一番胸を張って出したのがiMacなのではないかと思います。iMac Retina 5Kディスプレイモデル(私は5kと表記したいのですがAppleの表記に合わせます)は技術的には先進性があり、デザインも良く、そして価格も相対的に安いということで、実のところ私も一番欲しい新製品はこれでした。もうデスクトップモデルのコンピューターは買うまいと思っていましたが、Thunderbolt Displayの5Kバージョンはインターフェースの問題によりまだ出なさそうなので、かなり惹かれます。ほとんどのデータはGoogle Driveを使ったりファイルサーバーなので、オフィスではiMac、外に行くときはMacBook Pro/Airという使い分けが可能は可能なのです。

というわけで、ものすごく興奮するイベントではありませんでしたが、それでもいろいろな新製品は楽しみですね。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す