TRILOGトリログ

超重力下での光と闇の闘い〜素直な気持ちを〜

2016.07.08

投稿者 : bob

20160627_1.jpg

こんにちは。最近、過去、現在、未来について深く考えさせられているセールスメン【BOB】です。

今は一瞬にして通り過ぎ、過ぎ去りし時は二度と戻らない。そして未来は遠いのか近いのかよくわからなく。次にあのひととすれ違う日はいつなのか、まだ見ぬあのひとと出会う日はいつなのか。そんな衒学的なことを考えておりました。

タイトルみても冒頭みても我ながら何言っているのかよくわからないと思いますが、それは後ほど。

さてGWまた旅にでてみました。今回はアテンドしてくれるひとも相手してくれるひともだれもいない一人旅でございます。

20160627_2.jpg

この美しい風景をみてみてください。派手さや迫力はないけど、素朴で繊細でささやかな日本の風景が好きです。こんな穏やかな環境の中、世俗から離れ、私一人静かに考えてました。

ブログさぼりまくっちまった、やべ、と。
前回ブログ掲載から気がついたら8ヶ月経過しておりました。

江戸時代、南総里見八犬伝を執筆した滝沢馬琴は全98巻にのぼる本作を28年かけて執筆したそうです。某少年漫画ではないですが、完結まで読めなかったひと大勢いたんでしょうね。私のさぼりとまったく関係ない豆知識ですが、あらためて私の執筆が遅れた理由を考えてみます。

そうなのです。この惑星の重力が私の肉体をしばりつけ、脳内では光と闇の天使たちが闘いをはじめてしまったからなのです。ひたすら私は打ち勝つためのパゥワァー(POWER)をもとめておりましたが、充電ではなく放電されてたイメージです。

さらに花粉症、倦怠感、二日酔い、筋肉痛、夜更かしによる寝不足、食中毒、肋骨打撲と数々の災厄に襲われていたのです。社内催促&注意されまくりでしたが、妖精さんや小人さんのささやき、みたいに聞こえてました。

ゴメンナサイ

人間29を越えるとなかなか素直になれないですね。今回はさぼりに関して考えてみましたが、とめどめもなく言い訳があふれでました。器の小さい自分に出会えた感じです。そんな自分も大好きですばい。

あとこれみてください。

20160627_3.jpg

気がついたら入社1年経過して、無遅刻無欠勤で皆勤賞ですばい。(*付箋は私の本名隠してます)

えへへへ

次は2年目経過をめざし、ブログもちゃんと提出するようがんばります。

それでは次回また。

このブログを書いたスタッフ

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す