Trinity

TRILOGトリログ

Facebook グレーバッジを書類申請してみた(2017年10月バージョン)

2017.10.27

当社トリニティのFacebookページに公式バッジが付いていなかったため、遅ればせながら申請を行なってみました。その流れや注意点を覚え書きとしてまとめています。メモメモ….φ(・ω・` )

特に面白い内容ではないので、マークをこれから付けてみたいな〜、という方だけどうぞ!

facebook_badge_01.jpg

▼公式マーク(バッジ)とはなあに?

「公式マーク」とは各種SNSのアカウントがなりすましではなく「公式・本物」であることがユーザーにわかるように付けられるマークです。各種SNSで「公式マーク」は存在しており、各社で名称が異なります。SNSのサービス提供側の独自基準で付けられるものや、申請できるタイプのものがあります。今回の公式マーク申請はFacebookとなりますので、以後の内容はFacebookのものとなります。

▼Facebookの「ブルーバッジ」と「グレーバッジ」の違いはなあに?

Facebook公式マークの付与は2013年に開始し、2016年より管理者からの申請ができるようになりました。マークは2種類あり、名称は「ブルーバッジ」と「グレーバッジ」です。それぞれの違いは…

facebook_badge_03.jpg

ブルーバッジ:Facebook側のさまざまな側面からの判断により著名人、メディア、ブランドのページに自動的に付けられる。申請して付けることができないタイプのバッジ。

facebook_badge_02.jpg

グレーバッジ:ビジネス・組織・団体に付けられる、申請&認証型のバッジ。

となっています。トリニティは企業のため「グレーバッジ」での申請を行ないます。なお、ホストページから紐付いている、「管理しているページ」では残念ながら申請は行なえないようです。

▼「グレーバッジ」の申請はどうやるの?

【1】ページ右上の「設定」を押します。

facebook_badge_04.jpg

【2】「一般」→「ページの認証」→「編集する」を選択し、表示された「このFacebookページを認証」を押します。(ここでページの認証が出ない方は、申し込もうとしているページが管理しているページかもしれません)

facebook_badge_05.jpg

【3】ポップアップでこのように表示されます。申請を行なうページ名称であることを確認し、「スタート」を押します。

facebook_badge_06.jpg

「トリニティ株式会社のページを確認するには電話番号または書類を使用してください」

【4】ポップアップが切り替わります。認証は電話番号、もしくはドキュメントの提出で行なえます。

facebook_badge_07.jpg

「あなたのビジネスや組織の公開されている電話番号を入力してください。」

電話での認証の場合、記入の番号宛てに自動通話があり、そこでコードを受け取ることで数分で完了するようですが、試してみたところなぜかコールがかかってこず…。次のステップへ進めなかったため、今回は書類での提出としました。左下の「書類の提出でこのページを認証する」を押します。

提出書類は以下のいずれか1つをアップロードします。

・ビジネスの公共料金または電話料金の請求書
・営業免許
・納税証明書
・会社設立契約書
・会社定款

今回は日本語で発行された電気料金の振り替え通知書を用いましたが、特に問題なかったようです。

【5】「書類を送信」ボタンを押して操作は完了です。

facebook_badge_08.jpg

【6】アップロードがされたかどうか確認用のポップアップが表示されます。

facebook_badge_09.jpg

「入力した情報が組織の公開記録と合致するかどうかを確認しています。数日以内に通知メールを送ります」とのこと。

【7】半日程度で「Verification Request」というタイトルでお知らせメールが届きます。

メール内容は日本語です。「Facebookページ認証のリクエストをいただきありがとうございます。リクエストは承認され、あなたのページは認証されました。ページには認証バッチが付けられ、より多くのビジターが集まるよう、検索結果の上位に表示されます。」

ということで、思っていたよりすぐに承認が下り、ページを確認すると無事にバッジが付いてました。書類でもスムースに申請ができます。簡単!(もっと早くやればよかった)


▼認証バッジの申請はするべき?

しなくても問題はありません。バッジを付けると以下のようなメリットがあるため、ステップも簡単ですし申請して損はないかと思います。

・ページのエッジランクが上がり、より多くの方に訪れてもらえる可能性が増える
・Facebook内の検索結果でより上位表示される
・訪れるユーザーにAuthenticなページであると知ってもらえる

※本内容は2017年10月時点のものです。Facebookの仕様変更により、上記の記載内容が変更となる場合があります。

このブログを書いたスタッフ

マーケティング

もぐたん

マーケティングチーム所属。マウス右手、左手に菓子を握りながら真面目に任務に励む。菓子でお腹がまんぷくになりお昼ご飯を食べられないことがしばしば。最近の趣味は公園の散歩で新宿御苑の温室が聖地。

もぐたんのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • NEO
  • Tablets
  • Smartphones
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す