Img_1157.jpg Img_1157.jpg

自転車で、世界一のプラネタリウムを見に行ってみた

2022.06.15

投稿者 : ひらり

トリニティ株式会社から南に約12Km移動すると、「多摩六都科学館」という科学館があります。先日、サイクリングがてらにお邪魔してきたところ、素晴らしい科学館だったため、ご紹介します。

こちらの科学館、なんと世界一に認定された、とある設備を有しています。その設備とは…

プラネタリウム投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」

Img_1163.jpg

この投影機は、なんと1億4000万個を超える星々を映し出し、『最も多くの星を投映するプラネタリウム』として世界一に認定されているそうです(2022年6月現在)。例えば「天の川」を投影する際、一般的な投影機では「銀河投影機」を利用し「天の川」の像を投影しますが、CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)では、星々を1点1点恒星として表現するとのこと! 解像度の高さが段違いですね!

そんな世界一の投影機によって映し出された夜空は、圧巻の美しさでした。また、スタッフさんがリアルタイムで解説をしてくださるので、音楽ライブや観劇のような一体感がありました。担当者によってBGMや語り口が変わるほか、2ヶ月に1度、上映内容も変更されるそうで、リピーターにも嬉しいですね。

▼施設の外観。円形の施設が、「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」が設置されたプラネタリウム「サイエンスエッグ」です。

Img_1169.jpg

常設展示も充実していました。体験型の展示が多く、ご家族で楽しまれている方が多い印象を受けました。手書きのポップなどがあちこちに設置されており、大人も一緒に楽しめる内容です。また、各フロアにはスタッフさんが常駐されており、閲覧中にちょっとした豆知識を教えてくださったり、質問へ気軽に回答してくださったりしました。

▼展示の一部。宇宙飛行士とロケットの模型です。

Img_1166.jpg

▼展示の一部。大きな地球儀です。

Img_1167.jpg

プラネタリウムがお好きな方、科学館がお好きな方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

このブログを書いたスタッフ

サポート

ひらり

長崎に生まれ育ち、自分を活かせる場を探して上京。携帯電話会社などで顧客対応その他を経験後、トリニティと出会う。漫画や映画が好き。常時脳の2割を妄想に割いているためか、心はわりといつも穏やか。真面目さを売りにしているが、ただの心配性という噂もある。脱インドアを目指し、土日のどちらかは外出することを心がけている。

ひらりのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す