48020.jpg 48020.jpg

スマホ熱中症対策

2022.07.13

6月後半は記録的な暑さに日本中が見舞われ、Apple Watchで気温を確認すると39度と表示されていた。人間が暑いので当然普段触っているiPhoneもめちゃくちゃ熱くなっている。

そして、これはまずいと思い、iPhoneの熱対策をしようということで、「スマ冷え」を取り寄せて、早速貼ってみました。

Simplism

スマートフォン冷却シート「スマ冷え」

1,430 1,430 1,430 1,430 1,430 1,430

箱はこのような感じです。ちなみに今回はホワイトを用意。なぜなら、iPhoneがシルバーのため。カラバリはブラック、ホワイト、ブルー、グリーン、イエローがあります。

Img_0154.jpg

箱にもありますが、バッテリーの熱劣化を防ぐ。スマホのバッテリーであるリチウムイオン電池は熱に弱く、スマホが熱くなるとバッテリーの劣化が進みバッテリーの持ちが悪くなります。長い間バッテリーに負荷をかける使い方をされる場合は、ぜひお試しください。

Img_0155.jpg

こちらが裏面。蓄熱シート「FREY」が気になるところです。

※FREYとはアクリルベースに蓄熱フィラーを混錬したコンパウンド蓄熱粘着シート。一定時間、任意温度でシート温度を維持。詳細はリンクをご確認ください。

続いて開封の儀! 中身はこんな感じ。かなりシンプルです。

Img_0156.jpg

そして、「スマ冷え」の優れているところは、厚み0.9mmであること。薄いので「スマ冷え」を貼ったまま、今使っているケースをつけることができる。

Img_0136.jpg

スマホの熱対策グッズを見ると風を送ることによって冷やすものがありますが、この場合ほとんどがスマホが持ちにくくなり操作に影響が出るため、使用しながら熱対策できるのは嬉しい限りです。

早速、私もケースに貼ってみました。色合いといい、使用感といい違和感がありません。目を瞑っていれば、貼っていることがわからないです。

効果はどうなのかというところですが、先日趣味のゴルフに2台のスマホを持って行ったところ(1台はスマ冷えあり、もう1台はスマ冷えなし)、触った感じでは効果があるなと思いました。当日の気温も30度を超えておりましたが、全然熱くなることなく、スコア記入がアプリでできました。スマ冷えなしのもう1台は比較すると熱を感じましたので、体感でも効果はあると感じられました。もう少し科学的に効果を訴求できるようにしたらよいかなと思いましたが、現時点ではありません。

ちなみに検証している方もいますね。

ご存じの方も多いと思いますが、スマホが熱くなったからといって、冷蔵庫に入れたり、保冷剤で冷ますことはやめましょう。急激に冷やすと結露によって内部の部品が壊れる可能性があります。

EC担当として少しアピールさせていただくとAmazonに在庫を入れると即完売となっており、6月後半はすごい勢いでした。この夏のために、在庫も豊富に用意しました。例年よりこの夏は暑くなると予想されていますので、スマホも夏対策をしましょう。

Amazonでの購入はこちらです。

当社のオンラインサイトでの購入はこちらです。

Simplism

スマートフォン冷却シート「スマ冷え」

1,430 1,430 1,430 1,430 1,430 1,430

 

このブログを書いたスタッフ

wearaビジネスデベロップメント

ぼん

小売業界を中心にバイヤーや事業責任者を経験。メーカーに憧れがあり、縁あってトリニティに入社。トリニティ製品はバイヤー時代に仕入れを行なっていたので実は長い付き合い。仕事は『Enjoy・Speed・Teamwork』をモットーに、趣味として捉えている。健康も気に掛けつつ、毎日、勉強と改善で楽しんでいきます。

ぼんのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す