Lens0.png Lens0.png

私が背面カメラレンズ保護ガラスをおすすめしたい理由

2022.12.03

私は背面カメラレンズの保護ガラスをよくおすすめしているのですが、よくある指摘に、「そもそもレンズのガラスは元々サファイアガラスなどの超硬質ガラスを使用しているのに、保護する意味があるのか」というものがあります。

Lens0.png

結論から言いますと、「絶対に保護した方がいいです」という回答になります。

確かにiPhoneの背面カメラのレンズは正面からの衝撃に強い、高硬質ガラスが使われています。ただし、どんなに硬いガラスでも端からの衝撃に弱く、飛び出し量が大きくなっているiPhoneの背面レンズは、ちょっとした角に引っ掛けたり、コンクリート地面に落としたときに、当たる角度が悪いとあっさりと割れてしまいます。

Lens1.jpg

実際に当社スタッフが使っているiPhoneの背面レンズが割れているものになります。他にも購入してすぐ割れた、というiPhoneを何度か見ました。

では、背面カメラレンズが割れてしまったときの修理代金ですが、Appleの公式サポート金額によると、iPhone 14 Proで 29,800円もかかってしまいます。

Lens2.png

修理の間に預けなければなりませんし、できる限り壊れるのは防ぎたいものですね。

転ばぬ先の杖、というわけでもないですが、レンズ保護ガラスで事前にガードしておくことをおすすめいたします。

Simplismブランドからも、iPhone 13シリーズ、iPhone 14シリーズに対応したレンズ・カメラユニット一体型の保護ガラスをご用意しております。

機種を選ぶ:

カラー:

このブログを書いたスタッフ

開発

ようへい

開発、生産工程に関わる。家具メーカーのセールス時代に星川と出会い、意気投合してトリニティに転職。製品開発で中国に何度も通ううちに辛い食べ物に覚醒。隙があれば食べ物にハバネロソースをかけてしまうため、周囲から嫌がられている。

ようへいのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

このページをシェアする

ブランドから探す

  • Tablets
  • Android
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

機種から探す

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Androidから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリーから探す