Trinity

TRILOGトリログ

新iPod nanoがやってきた

2006.09.15

もうみなさん当然ご存じの新しいiPod nanoですが、Showtimeの後、Apple Store銀座に開店前に行ってきました。平日だったこともあり、雨も降っていたので、あまり人はいないかなと思いつつ行ってみると9時30分時点で10人ほど並んでいました。

apple01.JPG

その後も少しずつ増えていき、開店直前にはだいたい30人ほどが並んでいたでしょうか? ただ、周りで話している内容や雰囲気などから見てそのほとんどが「関係者」のような感じでした(「各色1台ずつ買うぞ」とか「とりあえず5台」とか明らかに一般ユーザーではないと思います…)。

10時ちょうどに開店して少し早足気味に中に入ってみると、レジカウンターでのみ販売しているということですかさず並びましたが、在庫は潤沢にあったようでなんの問題もなく購入することができました。私もいろいろと「仕事関係で」買う必要があったのですが、個人用には8GB Blackを購入しました。

そのうちにいろいろなところで詳しいレポートが掲載されると思いますので、ここでは軽くインプレッションまで。

nano01.jpg

いままでどうだったかよく覚えていないのですが、前にiPodの使い方がわからないという方が(なぜか当社に)電話してきてお話ししていたときに聞いたのは「マニュアルが入っていない」ということでした。付属CD-ROMやAppleのウェブサイトにはマニュアルがあるのですが、やはりパッケージを開けた時にプリントされたマニュアルがあると安心感があるものです。それを反映したのかわかりませんが、マニュアルが同梱されていました。

nano02.jpg

nano03.jpg

nano04.jpg

nano05.jpg

手持ちの旧タイプのiPod nanoと比べるとこんな感じです。
正面から見た感じのサイズはほぼ一緒ですが、下から見たところではDockコネクターとAudioジャックが両方端に移動しているのがわかります。これは旧タイプの場合にDockの抜き差しをする際にAudioケーブルとの間隔が狭すぎることによってやりにくいというのを改善したものと思われます。しかし、これがサードパーティー特にシリコンやハードケースを作っているところにはイタイ変更です。また、奥行きも若干だけ薄くなっているので、ピッタリ作っている製品は変更を余儀なくされます。上部のLockスイッチも若干ですが移動しています。

nano06.jpg

nano07.jpg

nano08.jpg

旧iPod nanoを収納していたSumo Cases iPod nano用レザーケース「Nano Stripe」に入れてみました。ディスプレイとクリックホイールのサイズと位置はまったく同じなのでそのままピッタリと入ります。下のコネクターですが、元々ゆったりとした間隔で作られているので、今回の若干の移動は許容範囲内だったようで問題なく使えるようです。購入を検討されている方はご安心を。

nano09.jpg

nano10.jpg

今度は鞄に入っていたMarware iPod nano用シリコンケース「SportGrip」を試してみました。正面から見たところは完璧と言っていいほどピッタリなのですが、下のオーディオジャックのところは完全にずれてしまっています。シリコンケースはiPod nanoのスリムさを活かしてフォルムをスマートに作るのでどうしても少しの変更でも合わなくなってしまいます。これはもう仕方ないところなのですが…。

Marwareからはさっそく新しいiPod nanoに関連した製品の情報が来ていますので、もう少ししたらご案内できると思いますので、全国のMarwareファンのみなさま、もうしばらくお待ちください。

最後に、この新しいiPod nanoはなんと呼ぶのが良いでしょうか? Apple Storeに寄れば、iPod nano 2nd Generation (aluminum)ですがちょっと長すぎます。これまでの法則でいくと2G iPod nanoとなるのですが、iPod Videoの時には5G iPodと呼んでいましたが、5GBのiPodのラインナップがなかったので問題なかったと思いますが、今回は容量の2GBと世代の2Gとが混乱しそうです。個人的にはiPod nano(2nd)か、iPod nano(aluminum)かというところですがどうなのでしょうか? 後者はアルミ素材で第3世代が出ると困るかもしれませんが…。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

2006.09.24 11:48 #928 iPod Style Navi
#928への返信

2006.09.24 11:48 #928 iPod Style Navi

「Nano Stripe」の質感って、レザーの風合いを旨く活かしていて、なかなか良いですね。
今度Sumoに注目してみます。

2006.09.24 12:24 #929 Hossy@Trinity, Inc.
#929への返信

2006.09.24 12:24 #929 Hossy@Trinity, Inc.

> iPod Style Naviさん

書き込みありがとうございます。Sumoは日本の人から見るとちょっと異質な感じがするかもしれませんが、もの作りという点においてはしっかりとしていて、タフ&ソフトという哲学の元に質感をしっかりと守りつつも、ケースとしての役割を十分に果たせるよう強固に作られているのです。あんまり「相撲」と思わずに「Sumo」という海外ブランドとして考えていただけると良いと思います。

次はラップトップラインナップを充実させる予定ですので、こちらもよろしくお願いします。

続きを表示する

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • NEO
  • Tablets
  • Smartphones
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す