Trinity

TRILOGトリログ

Skype料金に大きな変化

2007.02.13

Skype01.jpg

当社の代表電話番号(050-5532-7070)にはSkypeIn番号を使用しています。これは、社内の電話をSkypeに統一することにより、Mac上でいつでもどこでも電話を受けられること、電話の固定料金がほぼかからないこと(年額4,000円)、電話料金が安いこと、PBX(複数回線の振り分け装置)が必要ないこと、同じ場所に勤務しなくても良い、など多くのメリットがあるからです。

いくつかの問題点はあるものの、月額の通話料が約3,000円で固定費も月で割れば333円と会社の電話を運用するには驚異的といえるでしょう。しかし、1月18日から電話をかけるSkypeOutというサービスに変更が加えられました。

1月18日からは接続料4.9円が電話をかけるたびにかかるように料金体系が変更されたのです。このことがウェブサイトに詳しく告知されていなかった(厳密には英語サイトにはかなり前に告知されていました)ことからさまざまな場所で問題になっていたようです。

たしかに、これまでSkypeは日本国内への電話料金(Skypeから一般固定電話へかけた場合)は1分あたり2.66円でした。これが1月18日からは1回の通話に付き4.9円の接続料がかかるようになったのです。つまり、1分通話をすると7.56円がかかるということになります。2分だと10.22円で、3分だと12.88円になります。ちなみに、ひかり電話は3分単位となりますが8円ですので、以前は微妙にSkypeの方が安かったのですが(0.02円ですが…)、この変更以降、高くなってしまったわけです。

これでもそれほど高すぎる、と感じるほどではないのですが、これまでの安さから考えると「値上げ」感が強いわけです。日本語ウェブサイトの告知がうまくいかなかったことで詳細がわからずに批判が多く寄せられていましたが、この変更は単なる値上げというわけではなさそうです。

日本語ウェブサイトではまだ告知されていないのですが、Skype Proという新サービスが英語ウェブサイトではすでに告知されており、今回の接続費はこのサービスとトレードオフのような形で提供されたのです。日本では単なる「値上げ」に見えてしまうこの変更ですが、現在わかっていることだけから考えると、これまでより驚異的なサービスが見えてきます。

Skype Proのページも少しずつ手が加えられているようで、最初に見た頃と少し変わっていますが今日現在の内容を見ると、以下のような記述があります。意訳が多分に含まれているので、間違っていたりわかりにくいかもしれませんがご勘弁を。

[原文と意訳]

Skype Pro – the all-in-one Skype package
Skype Pro オールインワンSkypeパッケージ

Skype Pro is the easiest way of getting the most out of Skype.
Skype ProはSkypeを使い倒す一番簡単な方法(良い訳ができませんでした)。

This all-in-one package will be launching very soon and you can get the first five months for just €10 (excl. VAT¹).
このオールインワンパッケージは近いうちに開始され、最初の5ヶ月間をたったの10ユーロ(1,580円程度)で実現できます。

– Pay nothing per minute to national landlines.

国内通話に関して分単位の課金は一切なし。

– Free Skype Voicemail.

ボイスメール(留守電のような機能)が無料。

– €30 discount on SkypeIn numbers.

SkypeIn(050から始まるIP電話番号)取得を30ユーロ(4,740円程度)値引き。

– Includes €5 Skype Credit as a special introductory offer.

5ユーロ(790円程度)分のSkypeクレジット(電話をかけるためのデポジット)を初回特別オファーとしてサービス。

After the first five months, keep all the benefits of Skype Pro for just €2 per month. This recurring fee will be automatically deducted from your Skype balance.
There is no commitment – you can opt-out at any time.

5ヶ月経過した後には、この月額たった2ユーロ(316円程度)で得られるすべてのサービスをキープしたまま、この金額は自動的にSkypeクレジットから差し引かれます。もちろん、なにかをしなければいけないことはなく、単に必要なときにSkypeを使って電話をかけるだけです。

*A connection fee applies to all SkypeOut calls.
※接続料(4.9円)はすべてのSkypeOutにかかります。

[/原文と意訳]

これを見る限り、Skype Proはものすごいサービスであるといえます。いったん電話をかけたら4.9円の接続料以外の通話料がかからないということです。月額2ユーロ程度(316円)の固定料金はかかるにせよ、驚異的な料金体系です。これがこのまま開始されるのであれば、この料金体系の変更は「値上げ」ではなく、電話業界の革命といえるのではないでしょうか。1分以内の通話を繰り返している人にはそれほどのメリットはありませんが、特に当社のようなビジネスで使用している場合、1分以内の通話はかけた相手がいなかった場合に限られると思います。

すでに接続料だけは徴収が始まってしまっているので、早急に最終決定事項を発表してもらい、Skype Proのサービスを開始してもらいたいところです。

※すべての料金は税抜き表記です。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • NEO
  • Tablets
  • Smartphones
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す