iPod nano(3rd)とiPod classicファーストインプレッション

2007.09.08

買ってきたiPod nano(3rd)とiPod classicですが、すぐに工場に送らなければいけなかったためちゃんと触ることはできませんでしたが、少しだけ写真を撮ってみました。

iPod01.jpg

今回買ったのはともにシルバーで、iPod nano(3rd)の方はグリーンも売っていましたが、取り急ぎは一番多く売れるであろうシルバーを購入しました。並べてみると高さは異なるものの、ディスプレイのサイズが同じなので、iPod nano(3rd)のディスプレイが大きく見えます。いろいろなところで言われているように、写真で見るのと実物は良い意味でかなり印象が異なります。

iPod02.jpg

iPod06.jpg

iPod nano(2nd)とiPod nano(3rd)を比べたところです。やはりスリムさはiPod nano(2nd)に譲るものの、圧倒的にディスプレイサイズが大きくなっているのがよくわかります。ちなみにホイールのサイズも小さくなっていますが、センターのクリック部分は同じ大きさです。それと大きな違いはLockスイッチが底面に移動してきたことです。

iPod03.jpg

5G iPodとiPod classicを並べたところ。容量自体は同じものの、厚みがかなり異なることがよくわかります。全体的なサイズはほぼ同じものの、微妙にコーナーのカーブが違うため、アクセサリーは注意が必要です。個人的には見た目は前の方が良かったと思います。

iPod04.jpg

広くなった画面を活かして、このように2分割したウインドウ構成で、左でメニューを選び右にアイコンが表われるようにわかりやすくなっています。シンプルさは変わらずに、より情報量が多くなっている印象です。これくらいの画面サイズで今までのメニューですと、無駄なスペースが多くなりすぎてもったいないと判断したのでしょう。

iPod05.jpg

今回のモデルチェンジで、iPod shuffle(2nd)を除くすべてのモデルは背面が鏡面仕上げに戻りました。前のアルミは指紋や細かい傷が残らなかったため評判が良かったのではないかと思いますが、先祖返りしたのはこのスタイルにしたかったのでしょうか。私たちのようなアクセサリーを販売している会社としてはケースや保護フィルムが必要となるため歓迎といえますが、1ユーザーとしては前面がアルミならば、全体をアルミにしてしまっても良かったのではないかと思います。

iPod07.jpg

真打ちともいえるiPod touchの出荷がまだではありますが、それぞれのモデルが特長があり、価格帯も分散されてより幅広いターゲットに向けて販売できるのではないでしょうか。私たちのようなアクセサリーを売る身としてはiPodのマーケットが拡大されていくのは喜ばしい限りです。

このiPodは2台ともすぐに台湾へと旅立っていきました。オンラインストアで注文した方がまだ届きません…。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す