TRILOGトリログ

スポーツにも音楽を

2009.02.27

Eco01.jpg

海外ブランドのiPod関係アクセサリーが続々と発売になっており、Marwareから待望の「Eco-Runner for iPod nano(4th)」が発売されます。これは以前から人気の高かった「Runabout」や「Relay」(それぞれ販売終了)の後継にあたる製品で、ランニングなどのスポーツ中にiPod nano(4th)で音楽を楽しむためのアウトドアホルダーです。

これまでもいくつかのアウトドアホルダー製品が発売されてきていますが、競合他社製品との違いは大きく分けて2つあります。

・アームバンドにもリストバンドにもなる

アームバンドはたくさんあるのですが、意外とリストバンドの製品はあまりありません。「Eco-Runner for iPod nano(4th)」では基本リストバンドとして機能し、時計と同様に手首に巻いて固定することによってすぐに画面を見たり、曲を変えたりすることができます。

さらに延長バンドを使用するといわゆる「二の腕」に巻き付けることによってアームバンドとして使うこともできます。普通に考えるとリストバンドの方が格好良く、アームバンドで使用すると画面を見ることができないので曲も選択できません。ただ、走るということだけで考えると、アームバンドの方が腕の支点に近いだけに邪魔になりにくいのです。

Eco-Runner for iPod nano(4th)は両方を兼ね備えているため、ユーザーの好みによって使い分けることができるのが最大の強みです。

・Nike+iPodと最高のコンビ

Nke+iPodは言わずとしれたAppleとNikeのコラボレーションから生まれたスポーツをより楽しむための仕組みです。この仕組みはNikeの靴に仕込まれたセンサーと、iPod nano(4th)のDockに接続するレシーバーが相互通信することによって動作します。Eco-Runner for iPod nano(4th)はこのレシーバーを装着するスペースをあらかじめ用意しているため、Nike+で楽しむ方にも最適なアウトドアホルダーといえます。以前はRunaboutとRelayというように製品が分かれていたのですが、今回からホルダーのボトム部分を工夫することによって、Nike+を使っても使わなくても快適にスポーツができるような構造になり、ラインナップが統一されました。

また、Marware社から発売されている密かなヒット商品「SportSuit Sensor+」を組み合わせることによって、高価なNike+対応シューズを購入しなくても、お気に入りのシューズ(紐付き)でもNike+を楽しむことができます。

この製品もまた、たくさんのリクエストをいただいた商品で、ようやく今週末から発売となります。今日は雪も降ってかなり寒さが身に染みましたが、これから少しずつ暖かくなってきますので運動不足解消のお供にどうぞ。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す