TRILOGトリログ

使い勝手と保護を両立した、「臭くない」ベルトクリップケース

2009.05.25

投稿者 : ほっしぃ

BeltClip00.jpg

iPhone用レザーシリーズの第2弾は「Belt Clip Style」です。これまた名称にひねりがないところは同じく今後の課題として、ベルトクリップで固定して使用するというところは前回紹介したHolster Style」と同じですが、こちらは保護もしっかりとするのが特長です。

世の中には数多くのベルトクリップスタイルのケースがありますが、正直に言ってどれもこれも同じに見えるのと、どうしても「おぢさん臭い」のがイヤでした。しかしながら、使い勝手という意味ではベルトクリップにしっかり固定して落とさず、なおかつ手が届く位置なので非常に良好です。したがって、レザーラインナップを考える際にはベルトクリップスタイルは無くてはならないものでした。

BeltClip001.jpg

レザーシリーズで一番大事なのは「質感」だと思っています。数多くのサンプルの中から牛革の質が良いものを選び、さらにオイルコーティングを施した表面は、非常に滑らかであり高級感もたっぷりに仕上がりました。

また、フラップのエッヂにミラーメタルを装着することにより、スタイリッシュ感を出すことに成功しました。Simplismの型押しロゴもブランドを意識させつつアクセントとして際立つ仕上がりになりました。

そして、もうひとつこだわったのが、マグネットを使用した開閉フラップです。一般的なベルトクリップスタイルのケースはボタン、もしくはベルクロ(マジックテープとも呼ばれます)を使用しています。このベルクロ、開ける度に「ベリッ」と嫌な音がするのと、使っているうちにボロボロになってしまいます。これを避けるために、マグネットを採用しました。

マグネットを使用すると心配なのはiPhone本体への影響だと思いますが、フラップ側ではなくiPhone収納側にマグネットを挟み込み、さらにマグネットの背面に向かう磁力を低減する処理が施されたものを採用したので、iPhoneを収納する側にはほとんど磁力が効かないように工夫してあります。また、ベルトクリップスタイルの使用方法から考えると、フラップは自然に閉じるようになっているため、先端に少し重いメタルを装着してあるので、それほど強力な磁石が無くてもくっつくようになっています。

購入当初は少し押さえるようにする必要があるかもしれませんが、本革を使用しているので使っていくうちに馴染み、その後はiPhoneを収納して手を放すだけでピタッとフラップが閉じるようになります。どうしても早めに馴染ませたい方は、フラップ部分を少し引っ張ってみてください。

BeltClip02.jpg

フラップの裏側にもほんの少しこだわりを持たせています。普通にミラーメタルを挟むと、裏側にもミラーメタルが回り込んできます。実際に当初のサンプルはそうなっていました。そして、サンプルがほぼできあがった後に、私やスタッフがロードテストで使っていると、その内側のメタル部分がたまにiPhone本体に当たるのです。その時点でほとんど最終型になっていたのですが、もう少しだけ改良しようということになって(ことにして)、内側にはほとんどメタル部分を付けないようにしたのがリリース版です。

BeltClip03.jpg

サイドにはゴム素材を使用しているため伸び縮みして出し入れがしやすくなっています。意外にこれが便利で、慣れてくるとまったく見ることなく手探りだけで脱着を行なうことができます。また、しっかりとしたホールド感も提供してくれます。

BeltClip04.jpg

最後に悩んだのはカラーバリエーションでした。今回はスタイリッシュ感を強く押し出したかったので、真っ黒のブラックではなく「チョコレートブラック」という少しブラウンがかった色をスタンダードカラーにしました。また、iPhone 3Gのホワイトを想定して真っ白な「スノーホワイト」を用意。女性だけでなく男性も欲しいと思えるような美しい赤が欲しかったので「ディープレッド」。最後にカジュアル感たっぷりの「キャメル」の4色をラインナップしました。革の素材自体は同じで、特殊コーティングでカラーを実現しています。このカラーラインナップはHolster Styleを除くすべてのレザーコレクションで採用されています。

最後の最後に、価格です。というよりも、最初の最初に価格でした。これまで多くのレザー製品がiPod/iPhone用で発売されていましたが、どれも凄く良いものは凄く高く、安いものは質感も安く、というように思っていました。そこで、質感は高く、されど価格は抑えて、というのを実現すれば必ず支持を得られると考えました。そこで、高くても3,000円以下を実現するということを前提に、素材選びからパッケージ(これについてもいろいろあるので後日)などできる限りのクォリティを保ちつつ、この前提を崩さないように開発をしました。その結果、手に取ってみた方(バイヤーの方々含む)すべてに「これはモノの仕上がりに対して安い」と言ってもらえるモノに仕上げることができました。

現在私自身も使用しているベルトクリップスタイルは、フォーマルなスタイルにもマッチしつつ、カジュアルにも使える「おぢさん臭くない」スタイリッシュなケースとして本当にお薦めです。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す