TRILOGトリログ

新型コロナウイルス対策で、通勤者に向けてもリモートワークをトライアルで開始

2020.03.02

前回の記事で、新型コロナウイルス(COVID-19)による政府の施策により、取り急ぎ必要な対策として子供が休校になった社員を対象にリモートワーク(テレワーク)をトライアル開始したと書きました。

コロナウイルス(COVID-19)による小中高休校に対応するため、トライアルでリモートワーク実施 | トリニティ

ただ、政府が強い意志を持って学校を休校にするほどでもありますので、当社としても協力していくべきだと考え、通勤者に対してのリモートワークを本日決定しました。明日(3/3)より公共交通機関を利用して通勤する社員全員が2週間のリモートワークとなります。

当社は半分以上が公共交通機関を利用せずに通勤しているので、オフィスとしては継続してオープンしていきますが、すでにリモートワークに入っている人も含めると半分くらいが出社しないことになります。原則として客先訪問なども控え、当然カフェなどでの仕事も禁止となり、自宅で仕事をしてもらうこということになります。

それぞれにヒアリングすると、いろいろな事情があり、現時点では2週間くらいが限界のような気がしますので、今後同様の事が発生した場合、もしくは日本においてももっと長い期間リモートワークにした方が良いとなった場合には、大きな支出を伴う対策を考える必要があるかと思います。

というわけで、会社としての営業活動は継続するものの、今週と来週はいろいろとトライアルな部分があるためにご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、温かい目で見ていただければと思います。

P.S.
実は今日から初出社という新入社員がいて、入社日翌日からリモートワークになるという稀な体験をすることとなりました。おそらく近い将来ブログ記事として上がることと思いますので、ご期待ください。

「新型コロナウイルス(COVID-19)」関連記事

新型コロナウイルス対策で、通勤者に向けてもリモートワークをトライアルで開始(当記事)
コロナウイルス(COVID-19)による中国の状況アップデート(2020.3.1)
コロナウイルス(COVID-19)による小中高休校に対応するため、トライアルでリモートワーク実施
コロナウイルス(COVID-19)による中国の状況アップデート(2020.2.23)
新型コロナウイルス(COVID-19)による当社のビジネス環境について
新型コロナウィルスの猛威は、場合によってはビジネスにも大きく影響を及ぼす大事件

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す