1passwordforapplesilicon.001 1passwordforapplesilicon.001

パスワード管理システム「1Password」がとうとうApple Silicon対応。MacBook Pro(M1)がより使いやすく。

2021.03.13

アカウント・パスワード管理はデジタルライフの中で一番重要ともいえます。どんなサービスを使うにも、ある程度アカウントとパスワードが必要な場合がほとんどです。さまざまなサービスがある中で、すべてを自分が管理することは不可能です。



私個人はかなり昔から1Passwordを愛用していて、現在はトリニティでも全社的に使用しています。パスワード管理についての考え方は、上記の記事を見ていただければと思います。簡単に言えば下記がポイントかと思っています。

  1. 2要素認証は必ず設定する。
  2. すべてのパスワードを、数字と文字と記号を混ぜて12文字以上に設定する。
  3. サービス毎にパスワードを異なるものに設定する。

これだけで100%問題というものではありません。ただ、最低限としてこれができていれば、それなりの対策ができていると考えても良いと思います。

さて、Apple Siliconネイティブ縛りで運用しているMacBook Pro 13インチ(M1)では、まだ足りてないアプリがいくつかあります。その中でも代表格が1Passwordでしたが、今回めでたくApple Siliconeに対応したので、早速インストールしてみました。

といっても、特にこれで機能が変わるというわけではないので、単にインストールしたというだけですが、なぜかすがすがしい気持ちになるのはなぜでしょうか。

これまではウェブブラウザーのプラグインとして使っていたので、ウェブ上のサービスではある程度運用できていたものの、アプリ内や一部では使えていなかったので、利便性が高まったというような感じです。

残り、欲しいアプリとして代表格はTodoistです。ATOKは近いうちにmacOS標準の日本語入力に乗り換えてしまおうかと思っています。EvernoteもNotionが先にApple Siliconネイティブを出してきてしまったので、乗り換えてしまっていますので、今となっては必要ないかもしれません。こういうときに対応が早いメーカーは、どこかに信頼感が出てきますよね。Slackもあまり好きなサービスではありませんが、いち早く対応してきたことで好感が持てるようになりました。

そろそろ環境が整ってきましたので、MacBook 13インチ(M1)もメインマシンとして使っていけそうです。最大の難関は日本語入力ですが、これから頑張って取り組んでいこうと思っています。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す