Fi9pajwayaacug6.jpeg Fi9pajwayaacug6.jpeg

今年の漢字2022〜えーす編〜

2022.12.07

投稿者 : えーす

こんにちは、えーすです。

年末になるとなんとなく気になる、「今年の漢字」。これを書いている時点ではまだ発表されていないので、ちょっと楽しみです。

漢字一文字で1年を表す、というのはとても面白いですよね。漢字の国ならではだし、改めて漢字の意味や奥深さを感じます。

スクリーンショット-2022-12-04-13.02.43.png
ちなみに2021年は「金」でしたね。東京五輪金メダルの他、新500円玉の登場などもありました。

さて、私えーすの2022年を漢字一文字で表すなら。

今年は変化が多くあったので「変」とか、新しい仕事だから「新」、考えることが増えたから「考」かな、などいろいろ考えましたが、どうも自分の漢字としてしっくりきません。そもそも「変」は2008年、「新」は2009年に出てるし…。

結果思いついた、2022年のえーすの漢字はこれです。

Img_1192-1.jpg

「歩」です。

新しい仕事も環境も考え方も、一歩踏み出して始まるものだと思います。とりあえず2022年は、例年より一歩踏み出せたかなと。

また、将棋の歩は一つずつ前に進める駒です。まずは歩から。いつまでも歩ではいけませんが、今の自分には合っているような気がします。

そしてトリニティで歩くと言えばトリニティウォークです。

基本的に散歩は好きで、電車に乗るより歩きたいほうなのでそこは性に合っているのですが、今年は時間が取れず全然歩けていないですね…。あれ? それじゃ今年の漢字にできないのか…?

いきなりちょっと自信がなくなってきましたが、とはいえ千里の道も一歩からと言います。

まだまだ未熟で力不足で、納得のいくまでは長い長い道のりになりそうですが、進まないと景色が変わらないですね。

まず今年は「歩」ですが、来年は加速して「走」だったなと言える年にしたいです。「飛」だと尚よいですね。

そのうち今年の色とかアルファベットとかも考えてみたいですね。

それではまた。

このブログを書いたスタッフ

セールス

えーす

10年以上デジタルとはまるで逆の世界で仕事をしてきたが、トリニティの仕事にかける情熱に惹かれ、2022年より晴れてその一員に。音楽は歌謡曲ばかり聞く人。名前は“えーす”ですが、一体なんの“えーす”なのかむしろ自分が教えてほしい。とはいえトリニティを盛り上げる真のエースになるべく、張り切っていきます。

えーすのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

このページをシェアする

ブランドから探す

  • Tablets
  • Android
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

機種から探す

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Androidから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリーから探す