20230105_flight_3.webp 20230105_flight_3.webp

3年の時を経て、CES 2023へ。

2023.01.03

羽田空港も一時期よりは増えているようですが、それでもコロナ禍前よりは圧倒的に人が少なかったです。

最後に海外に出ていたのは2020年1月。これは中国出張に行っていて、旧正月に入るところで現地にいても仕方がなくなってしまったので帰国したときのことです。特に何もなければ、その1ヶ月後くらいにもまた中国に行くはずでした。

それから新型コロナウイルス感染症の猛威に阻まれ、海外へ出ることはありませんでした。これまでよく行っていた海外の展示会として、1月ラスベガスCES、2月バルセロナMWC、4月香港Electronics(春)、4月ミラノサローネ、9月パリMaison e Objet、10月香港(秋)などがありました。その合間に中国も行っていたので、1年の中でも海外に行くことが多かった印象です。それがすべてこの3年ほど消滅しました。

そして、2023年。とうとう海外出張も再開します。

正直なところ、ちょっと中国は爆発的な感染拡大があるので、少しの間は様子をみようと思っていますが、その他の地域については必要があれば現地に行きたいと思っています。やはり、展示会は出展者が一堂に会して製品やサービスを並べ、私たち来場者はさまざまな展示を見て、直接製品に触れて、メーカーの人たちと話すことが大切だと思っています。今のところは、これはオンラインでは実現できません。

1、2回目はモデルナ、3、4回目はファイザーで後者は副反応が少なかったです。

ちなみに、アメリカはマスクのない国だということで、12月に4回目のワクチン接種を済ませておきました。最近はさらに別の変異株が出てきていて、オミクロン株(BA5)対応であっても感染を防げるかは分かりませんが、その前のワクチン接種が4月だったので念のため受けておきました。副反応は3回目とあまり変わらず、そこまで酷いものではありませんでした。

久しぶりの長距離フライトでした。

さて、CESです。

すでにメディア向け発表は行なわれているため、いくつかのニュースが飛び込んできていますが、私たちの目当ては大手の発表や展示ではないので、もっと小さなところをくまなく歩いていこうと思っています。

現地入りしている周りの人たちから、インフレと為替の影響でものすごい食事に困っているという報告を見ると怖くなっています。日本は安全、清潔で安心なのに安いという素晴らしい国なんだなと改めて感じています。

ちなみに、今回は持っていく荷物を削りに削って、機内持ち込み用のカートとバックパック(いつもよりは大きめ)、ショルダーバッグだけで行くことにしました。これで荷物の預け入れがないため、ロストバゲージすることがありません。

なんだかんだ、持って行ったけれども使わないで持って帰ってきたり、「あったら良いな」ということで荷物を増やしていたので、これでなんとかなると思います。なったら良いな、ならないと困る。

なんとかなったかどうかは帰国後に。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「Simplism」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

このページをシェアする

ブランドから探す

  • Tablets
  • Android
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

機種から探す

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Androidから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリーから探す