TRILOGトリログ

手放せなくなったiPodケース

2006.06.22

昨日発表したケースは最近の一押し商品です。そう、これがごにょごにょしていた商品です。いつも製品の紹介文を書く時には自分で実際に使ってみてから実感として書くことが多いと書きましたが、この商品はサンプルとして手元に来て、使っているうちに手放せなくなったのです。

やはり、なんといってもケーブルを巻く機構がついているところが気に入りました。実はこれ、最初に見たのは今年1月にサンフランシスコで開催されたMacworldの会場でした。ケーブル巻きマニアの一員を自認している私としてはどうしても気になる存在でした。

5G iPod用としてケーブル巻き機構を備えたBackwinderというシリーズもあり、これを以前までは使っていたのですが、今回のSidewinderが来て乗り換えました。

ケーブルを巻ける機構がスライド式に出てくるというところも大いに気に入りました。普段はしまっておいて、ぱっと見は普通のケースに見えるというところもスマートで格好良いではありませんか。

そして、5G iPodでビデオを見たり、使用していない時に置いておくためのスタンドも出てくる機構になっており、これも普段は存在を感じさせないという一貫したコンセプトがうかがえます。Dockコネクターも普段はフタがしまるようになっており、Dockに埃が入らないようになっているところなんかも大切なデータも収納している大容量iPodユーザーには嬉しいところ。

その外観もプラスチック製ながら、マットな仕上げになっており、安っぽいというイメージがまったくありません。これは店頭で見てもらうしかないかもしれませんね。随所に細かい配慮が行き届いているこのケースは日本っぽい匂いがします。

ああ、自分で使っていると思い入れが強いのでいろいろと書いてしまいましたが、決して「売りたいがため」の文言ではないということが伝わっていたとしたら嬉しいです。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す