まったく新しいiPad 2登場

2011.03.03

iPad2_01.jpg

すでに多くのメディアでも取り上げられて、広告宣伝費を一切使わなくてもかなりの認知度を高めることができるAppleの新製品iPad 2が登場しました。キャッチコピーには「まったく新しいiPad 2」と書いてありますが、Appleでなければこうは言えませんね。実際、初代iPadと比べて細部は異なれど、デザインの基本設計は同じですから誰もがiPadと認知できるわけで、これをもって「まったく新しい」と言い切れるところがスゴイです。

今回は自分の個人用として使おうと思っています。そこから、欲しいアクセサリーのアイディアも浮かんでくるかもしれませんしね。

iPad2_02.jpg

そして、このSmart Coversです。これは狡いですね。前回のApple純正ケースは機能性はありつつも、デザインとしてはイマイチな代物でしたが、今度のSmart Coversはデザインも機能性も兼ね備えたカバーです。ディスプレイを下側にして置く思想なんでしょうが、ちょっとテーブルから取り上げにくそうですが、そんなことは気にしなくて良いくらいの仕上がりです。

Steve JobsはApple製品はアクセサリーなしでもなり立つデザインだということを自負しているハズでしたが、年々純正アクセサリーが充実していくのは私だけの気のせいではないはずです。

Smart CoversのウルトラCは磁石を使っていること。これは未だにコンパスやセンサーなどに影響がないのかが気になるところです。正直なところ、このカバーの話しを聞いたときに、これまでは磁石が付いたケースはApple Storeでは取り扱いしないという確固たる方針が貫かれていたので、そんなわけはないだろうと一笑に付してしまったのですが、結果としては情報は正しかったわけです。iPod nano(4th)のモックアップデザインを見たときと似た気持ちでした。

実際に実機を見たわけではないし、センサーなどに影響があるかどうかはあまり記事にはなっていないのでしょうか(必死に探したわけではないので誰かがすでに検証したのかもしれませんが)。

アメリカが先行発売をすることになったため、昨年同様、アメリカに買いに行くことに決めました。去年はサンフランシスコに行ってiPadを買ったのですが、アメリカは東海岸と西海岸に時差があり、サンフランシスコではまだオープンしていないにもかかわらずニューヨークなどの東海岸ではすでに手に入れた人たちの声がネットを通じて聞こえてきたりして非常に悔しい思いをしたので、今回はニューヨークに買いに行くことにしました。

ちなみに、今過去のエントリーを見直して発見しましたが、今年はこんな事は起こらないですよね?

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す