TRILOGトリログ

もう失敗しない! ガラスフィルムの選び方 [パート1]

2016.12.12

20161212.jpg
どうも、みなさんコンバンワ。企画開発デザイン担当のkankanです。

今回は前回の生地からの後編…と思いきや、別のことを書きたくなりました。いえいえ、決して飽きたわけじゃないです…!

実は知り合いからリクエストされた内容がありまして…その内容は『失敗しないガラスフィルムの選び方』です。

今回トリニティでは、ガラスのラインナップをiPhone 6sの時と比べ大幅に増やしています。

理由としては、特に一番触れる部分が多い画面保護系のアクセサリーは、人それぞれ好みがあり、そしてその好みやこだわりが強い傾向にあります。そのため私たちトリニティは、ありとあらゆるニーズに応えるべく、さまざまなガラスフィルムをラインナップに加えました。

ただ、そうしたことで多種多様な種類があるガラスフィルム市場では、どう選んで良いかわかりにくくなってしまっています。詳しい人なら自分で選べますが、ほとんどの人がよくわからず、また店員に勧められるがまま買うことも多いと思います(自分もトリニティに入る前は、保護フィルムに種類があること自体知りませんでした…)。

トリニティでは、ガラスのラインナップシリーズとして

オフセットガラスシリーズ
フレームガラスシリーズ
[FLEX 3D] 複合ガラスシリーズ
3D立体成型ガラスシリーズ

この4シリーズを展開しています。

シリーズだけでも4つあるのに、ここから各スペック違いなどを含めると膨大な量になります。そこで、いちユーザー視点で、どのように選べば良いか、それぞれガラスの長所短所を踏まえてお伝えしたいと思います。

買って後悔しないためにも、この記事が参考になればと!
ケース01
・まずは価格! 安いのが欲しい!
・ケースに干渉しないガラスが欲しい!

こういった人はオフセットガラスがオススメです。価格も1,400円(税抜)から用意していますので、もはやPETフィルムとそこまで変わらない価格で用意しています。また周り込みが多いケースはガラス面を全て保護する広範囲タイプは干渉する恐れがあるので、そういったケースを使っている場合も安心して使えることができます。

ただ文字通りオフセットしているので、iPhoneのガラス全てを保護できるわけではありません。「ガラス全てを保護したいんだ!!!」という方は別のシリーズをオススメします。

ケース02
・ガラスを広範囲で守りたい!
・ガラスの質感にこだわりたい!! だけど価格も抑えたい…

こういった人にはフレームガラスがオススメです。フレームガラスシリーズは、ガラスにフレームペイントを施すことで浮きを目立たなくさせ、オフセットガラスより広範囲でディスプレイを守れるシリーズになります。

また価格もオフセットガラスよりは若干上がりますが、1,800円(税抜)からご用意しております。そして何と言っても、全てガラスでできているので質感は間違いなく良いです。

ただ、iPhoneのラウンド形状に沿っているわけではなく、角が若干飛び出しているような印象で、特にiPhoneをケースにつけない裸派の人だと違和感があるかもしれません。また保護範囲が広いということは、ガラス範囲が大きいということなので、特にケースを使わない場合は、角がオフセットに比べると割れやすいかもしれません。

ケース03
・iPhoneのガラスを全て守りたい!
・ガラスを付けても直ぐ割れてしまう…
・普通のフィルムよりガラスの触感が良いが、割れないものが欲しい…

こういった人は、[FLEX 3D] 複合ガラスシリーズがオススメです。フレーム部分をPETフレームにすることで、落としたりしても角が割れることが絶対ありません。また、ディスプレイ範囲はガラスなので、操作する時の触感は他のガラスと同様の質感です。

さらに、iPhoneのラウンド形状に沿った立体成型をしているので、フィット感は抜群、裸派の人も満足していただけると思います。しかも、価格も1,600円(税抜)からご用意しております!!!

ただフレームがPETなので、フレーム部分はガラスの質感より、やや劣ってしまいます(ディスプレイ部分はガラスなので、普通のガラスフィルムと使用感は全く同じです)。見た目のガラスの質感にとてもこだわりを持っている人には、別のシリーズの方が良いかもしれません。

ちなみに耐久性に関しては、私が自分を犠牲にして検証しています…。

ケース04
・iPhoneのガラスを全て守りたい!
・質感にも拘りたい
・ガラスを貼り付けても違和感無く使えるガラスが欲しい!

こういった人は、3D立体成型ガラスシリーズがオススメです。

言うなれば、このシリーズはガラスフィルム史上最高峰のガラスフィルムです。iPhoneのラウンド形状に沿わせるため、1枚のガラスを削り出すことで立体を付けている贅沢な逸品です。この切削による立体で、最高の保護範囲と抜群のフィット感を感じることができます。

また、iPhoneで使用されいるガラスと同じアルミノシリケートガラスを使っており、耐久性も通常のガラスより高くなっています。

ただ、1枚のガラスを削り出すということで価格が3,800円(税抜)からと高くなっています。また、通常ガラスより強度が高いと言っても、ガラスはガラスなので、100%割れないわけではありません。よくガラスを割ってしまう人や、割れに関して不安がある場合は、[FLEX 3D]複合ガラスシリーズをオススメします。

いかがでしょうか? 自分に合うガラスは見つかりそうでしょうか? シリーズが固まれば、後は光沢や反射防止、ブルーライト低減など自分好みのスペックを選んでもらえれば良いと思います。

私としては実体験から断然オススメなのはFLEX 3Dです!

それでは、より良いiPhoneライフを!

このブログを書いたスタッフ

開発

カンカン

デザイン事務所でプロダクトデザインをしていたが、主にスタイリング中心だったため、企画の立案からデザイン、生産販売まで「モノとコト」のすべてに関わりたくトリニティに入社。企画開発チーム所属だが、自分の名刺だけ"商品企画開発デザイン"と、"デザイン"が追加されているのは内緒です。

カンカンのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す