Trinity

TRILOGトリログ

Apple WatchとwatchOS 5.2と日本におけるECG機能の利用について【追記あり】

2019.03.30

このトリログの中でもアクセスランキングの上位にいつも入っているのが「Apple WatchのECG機能をなんとか使う方法をいろいろ考え、検証してみた結果(追記あり)」という記事です。

Apple Watch Series 4の目玉機能のひとつであるECG機能は、日本の法制度により使用ができないようになっていますが、それをアメリカで購入したApple Watchを使うと使えるという話を書きました。やはり、日本中でこの機能を使いたいという方がいるようで、アクセスが高い原因なのだと思います。

その後、watchOSのアップデートにより地域を見るようになるという噂が流れており、正式リリースの際には人柱になって試してみるしかないと思っていました。その後、上記記事のコメントでもセットアップ時に弾かれてしまったというご報告をいただいていたので、不安が募ってきましたが、ここはもうやってみるしかないとトライしてみました。

watchOSを5.2にアップデートしてから、恐る恐るECG機能を起動してみると、あっさり起動することができ、当然そのまま測定をする事もできました。このことから、1回セットアップしたApple Watchは問題ないことが判明しました。

ちなみに、前回の記事でもご紹介した友人のVintage Computerがしっかりとした検証記事を書いてくれていたので、ここでご紹介しておきます。

VC社長日記:Apple Watch 心電図機能とiOS 12.2

1. iOS 12.2 正式版では、初期設定時に位置情報を確認し、対象国でなければセットアップできないのか。
やはり正式版にも搭載されていました。米国外でセットアップしようとしても、以下の表示がされて心電図機能は利用できません。

2. 既に、iOS 12.1.xで初期設定済みの場合、iOS 12.2にアップデートしても問題ないのか。
問題ありません。そのまま心電図機能が利用できます。

3. 既に初期設定済みの場合、iPhoneを初期化しiOS 12.2で再設定しても問題ないのか。
問題ありません。設定済みの情報が iPhone側に保存されているのであれば、位置情報が使用されそうですが、そうなりません。

4. 既に初期設定済みの場合、Apple Watchを初期化しiOS 12.2で再設定しても問題ないのか。
問題ありません。設定済みの情報が Apple Watch側に保存されているのであれば、位置情報が使用されそうですが、そうなりません。
ペアリング後ののセットアップは「バックアップから…」と「新しいApple Watchとして…」
の選択肢がありますが、どちらでも問題ありません。

5. 既に初期設定済みの場合、iOS 12.2で別のApple IDで設定しても問題ないのか。
これは、1と同じになり、心電図機能を利用できません。
これらの結果より、 初期設定済みの情報はiCloud側に保存されており、iCloud側に初期設定情報が保存されているかどうかが鍵となると推定されます。

6. ECGがすでに利用可能な場合、Watch OS 5.2 にアップデートしても問題ないか。
問題なく利用できています。

私の例は2と6に該当するということになりますので、この検証でも問題ないとされています。このように、サービスとして実施しつつも、何か状況が変わったらすぐにしっかりと検証して公開し、そして新しくサービスを継続する努力(アメリカでセットアップして発送することを検証中とのことです)をしてくれるところで購入するのが安心ですね。

Simplism

Apple Watch 40mm 立体成型シームレスガラス バンパー付属

3,281


Simplism

Apple Watch 44mm 立体成型シームレスガラス バンパー付属

3,281

追記(2019.4.7):watchOS 5.2アップデートにより「香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、Apple Watch Series 4の“心電図” Appを利用可能」となっています。

watchOS 5 のアップデートについて – Apple サポート

watchOS – 利用できる機能 – Apple(日本)

現時点では「オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、グアム、香港、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、プエルトリコ、ルーマニア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、米国、アメリカ領ヴァージン諸島」で使用可能という案内になっています。

実際に、友人の人柱志願の方が香港のApple Storeで購入したApple Watchを、日本で購入したiPhoneと通常使っている日本のApple IDにおいてセットアップしたところ、心電図機能が使えたと報告してくれています。なお、購入時にはwatchOS 5.1.3だったようで、これだと香港では使えない仕様なのでwatchOS 5.2にアップデートしたところ、ヘルスケアアプリを起動したところ心電図機能のセットアップ画面になったとのことでした。現在は、アメリカ同様にセットアップ時のGPS情報を見ているようなので、香港にいる間にセットアップすれば使えるようになるようです。

香港でApple Watch 4を購入してECG機能が使えるかの人柱になってくれました友人が友情出演しくれました。これを見ると、香港空港でトライしているようですね。

Catalyst

カタリストケース for Apple Watch Series 2/3, 42mm

10,800

追記(2019.5.15)watchOS 5.2.1にアップデートしても特にECG機能に影響はないようです。ECG昨日はクロアチア、チェコ共和国、アイスランド、ポーランド、スロバキアで利用可能になったということです。今後も、マイナーバージョンアップについて確認していく必要はなさそうなので、何か問題などあったら別途記事にしたいと思います。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

2019.04.09 22:55 #12792 souichi60
#12792への返信

2019.04.09 22:55 #12792 souichi60

初めまして。とても有益な情報をありがとうございます。
4月7日追記部分で気になった部分があり質問させてください。
香港版Apple Watchと日本のiPhoneでのペアリングで可能だったとのことですが、watchOSは5.2でなければ香港版に対応していないのはわかりましたがiOSはどうだったのでしょうか。iOS12.1xと香港版watchOS5.2の組み合わせで、香港国内でペアリングをすると可能という解釈でよろしいでしょうか。

    2019.04.11 14:23 #12882 ほっしぃ
    #12882への返信

    2019.04.11 14:23 #12882 ほっしぃ

    souichi60さん、コメントありがとうございます。

    iOSのバージョンは12.2だったということです。元々、Apple Watch Series 4はiOS 12以降のみのサポートなので、それ以降であればペアリングができるはずだと思いますが、今回のApple WatchのwatchOS 5.2の仕様変更とどのように関わっているのかは不明です。

      2019.04.13 20:19 #13020 souichi60
      #13020への返信

      2019.04.13 20:19 #13020 souichi60

      ほっしぃさん お返事ありがとうございます!日本国内で心電図が使えるようにペアリングする方法はなかなか難しくなってきた印象ですね。

        2019.04.19 18:42 #13483 ほっしぃ
        #13483への返信

        2019.04.19 18:42 #13483 ほっしぃ

        souichi60さん、コメントありがとうございます。

        本来は、日本においては医療機器として認定されなければ使えない機能ですので、制限されるのは当然です。その意味で、抜け道を使っているのであまり文句は言えませんね。今回のwatchOS 5.2でかなり多くの国で解禁されているのですから、日本でも正式に使用できるようになってほしいものです。

2019.05.03 15:21 #14209 chancetaka
#14209への返信

2019.05.03 15:21 #14209 chancetaka

はじめまして。
ECG機能に興味を持ち、貴社のHPを拝見し、香港まで購入へ行こうと考えております。
リクエスト頂ければレポートも対応いたします。

1点教えて頂きたいのですが、ECG機能がオープンになっている国へIphoneを持参し、AppleWatchを購入し、滞在中にペアリングをすれば使えるとの理解で良いでしょうか?
通信環境は保持した状態で対応予定です。

    2019.05.03 23:34 #14218 ほっしぃ
    #14218への返信

    2019.05.03 23:34 #14218 ほっしぃ

    chancetakaさん、コメントありがとうございます。

    香港まで購入にしに行かれるのですね。すごい行動力ですね。個人的観測として、日本での解禁はかなり望み薄だと思っています。

    ご質問の件、大前提として私はAppleのサポートではないですし、今回の話は当然Appleの想定外の方法ですので、確固としたことは言えずにすべて経験からの推測を書いているということをご理解ください。私自身が何かを保証することもできません。

    その上で、香港を前提に考えると、watchOS 5.2以前であれば、5.2にアップデートし、香港内でiOS 12移行が搭載されたiPhoneをペアリングすることでECG機能が使えるようになる「はず」です。実際に友人がそれで成功したのを確認しています。成功しましたら、念のためお知らせいただけると、さらに経験値が増えますのでありがたいです。

      2019.05.11 06:09 #14655 chancetaka
      #14655への返信

      2019.05.11 06:09 #14655 chancetaka

      承知致しました(^^)
      5月中に訪問予定ですので、またご報告いたします。

        2019.05.11 15:18 #14674 ほっしぃ
        #14674への返信

        2019.05.11 15:18 #14674 ほっしぃ

        chancetakaさん、コメントありがとうございます。

        はい、お気を付けて。上手くいくと良いですね。

2019.05.26 06:37 #15435 chancetaka
#15435への返信

2019.05.26 06:37 #15435 chancetaka

こんにちは。
香港まで行ってきました!

Apple watch 4を購入し、自分のiPhone7とペアリングを試しましたが、心電図機能は使えませんでした。

サブ機をサブIDで持って行っていたので試してみましたが同様にダメでした。

サブ機をリセットし居住地を香港にし、日本の電話番号でIDを登録してみたところ、スマートウォッチアプリのバージョンUPがやり直しになった為、香港空港のボーディングタイム中にインストールが終了!
そして、ECG機能が観れるように。

ところが、ECG機能の最初のセッティングが飛行機上での作業のため中途半端となり、今現在、最初のアップルウォッチ上のデジタルハートを使う作業から先に進めなくて…

ここまでで分かった事は
①香港でのApple Watch購入&セッティングだけでは駄目な事がある
②セッティング時の位置情報と居住地を観ているのでは?

    2019.05.26 17:54 #15436 ほっしぃ
    #15436への返信

    2019.05.26 17:54 #15436 ほっしぃ

    chancetakaさん、コメントありがとうございます。

    いろいろと苦労されたようですね。Apple Watchのバージョンはいくつだったでしょうか? 香港の場合には、買ったままだとバージョンが古いためECG機能が使えません。条件としては、watchOS 5.2以降、かつiPhoneのロケーション(居住地まで設定するかは不明でした)が香港であることだと思います。これまた状況証拠だけでいうと、一度ペアリング情報がサーバーに登録されると、端末をリセットしても元に戻すことができませんので、失敗したApple IDでは、そのApple Watchはずっと使えないということになると思います。

    そして、結果として日本に戻られたのだと推測しますが、現時点でも使えない状態でしょうか? 当ブログをきっかけに失敗してしまったというのはとても残念です。

      2019.05.26 21:08 #15437 chancetaka
      #15437への返信

      2019.05.26 21:08 #15437 chancetaka

      なるほど!
      勉強不足で、Apple Watchのバージョンを更新せずに対応した事が原因かもしれません。

      予備IDの予備iPhoneを持参してましたので、そちらで香港にて仮稼働、先程AED機能が使えるようになりました(^^)

        2019.05.26 21:55 #15441 ほっしぃ
        #15441への返信

        2019.05.26 21:55 #15441 ほっしぃ

        chancetakaさん、コメントありがとうございます。

        watchOSは初期のリリースでは香港が対象国ではなく、5.2以降から対象になったので、その影響があると思います。5.1時代にはアメリカでしか使用できない仕様だったので、ロケーションがアメリカでないといけなかったのです。
        流れとしては、Apple Watchのバージョンアップをしたので、ペアリングしてECG機能が使えるようになったということなのではないかと思います。

        結果として、お望みのECG機能が使えるようになったということで、良かったです。

2019.07.02 04:22 #17812 nagapract
#17812への返信

2019.07.02 04:22 #17812 nagapract

ほっしいさん、初めまして。参考にさせてもらっております。
海外を行ったり来たりしているので、AppleWatch4を買ったら、是非SUICAもECGも使えるようにしたいと思っています。
思うに、次のようにすればできるかも!と考えていますが、どうでしょうか。

⑴日本で日本版のWatch4を買う。
⑵初期設定をせずにアメリカに持ち込む。
⑶iCloudの居住地域をアメリカに変更する。
⑷そこで初めてアメリカで日本版iPhone7+とペアリングさせ、初期設定する。

全て自己責任でトライしてみようとは思っていますが、ご意見頂けたら幸いです。
nagapract

    2019.07.02 11:22 #17818 ほっしぃ
    #17818への返信

    2019.07.02 11:22 #17818 ほっしぃ

    nagapractさん、コメントありがとうございます。

    正直なところ、私がトライして成功した初期の頃とシチュエーションが変わっているところがあり、なかなかどれが正解か分からない状況ではあります。

    以前は、アメリカで売っているApple Watchであること、というのがECG機能を使う条件でした。しかし、その後には対象国が増えて、対象国で購入したApple WatchでもECG機能が使えるようになり、どこで売っているものなのかはあまり関係なくなったように思います。私自身、情報収集をしていないので、日本から持って行った新品のApple Watchが対象国(アメリカや香港など)でペアリングすることで使えるようになるのかの情報が無いです。

    可能性としては、対象国で販売したApple Watchのシリアル番号をAppleが把握していて、対象のシリアルのみに対してECG機能が使えるようにしているということがあります。これはnagapractさんにとってはリスクですね。ECG機能をメインに考えてリスクを減らすならば、アメリカでApple Watchを購入する方が良いと思います(Cellularモデルは日米で異なるので、GPS版が良いです)。これであれば、確実にECG機能も使えて、日本でも技適が通っているモデルなので使えます。こちらはリスクがほとんど無いと思います。日本から持ち込みのiPhoneはできる限り、現地SIMを挿す、現地でネットワークに繋げて位置情報をアメリカにしておくなどはしておくと良い気もします(繰り返しますが、私のトライしたときには位置情報は無関係でした)。

    nagapractさんの方法でもECG機能が使えるのかについては興味がありますが、上記のようにリスクがありますので、ご自身で判断される方が良いですね。いずれにしても、もし良ければご報告ください。

      2019.07.02 11:42 #17819 nagapract
      #17819への返信

      2019.07.02 11:42 #17819 nagapract

      ほっしいさん、早速にご返信ありがとうございます。
      もちろん自己責任でトライしたいと思っておりますので、リスクは承知の上です。

      確かにシリアル番号での制限があるかもしませんね。
      ところで、今、ドイツにおります。ドイツもECG使える国です。
      ECGを優先し、Felicaを諦めるのであれば、アメリカで買ってもドイツで買っても同じと思いますが、ドイツで売っているWatchが日本の技適を通しているかどうかはどこで見ればわかりますでしょうか?もしご存知でしたらご教示頂けると幸いです。
      次回のアメリカはごく短期間ですので、Shopに寄っている時間が取れないと思います。

      私のiPhone7+はもともとSIMフリーを買っていまして、それぞれの国では必ずその国のSIMを入れて使っています。(ドイツでもかつてはドイツのパスポートが無くてもSIMのアクティベートができました。その頃に入手したものです。)
      こちらにいる間はiCloudの居住地域選択もドイツにしています。

      年齢的にECGを重視したい気持です。SuicaはiPhoneでも使えますし。。。。。
      リスクを取って日本で買うか、ドイツまたはアメリカで買うか。。。

      悩ましいですね。

        2019.07.02 12:46 #17820 ほっしぃ
        #17820への返信

        2019.07.02 12:46 #17820 ほっしぃ

        nagapractさん、コメントありがとうございます。

        私の理解では、Apple Watch 4はGPSモデルあれば世界共通だと思いますので、ECGを使えるように海外で購入しても、日本でSUICAなどのApple Pay対応支払いサービスを使えます。ドイツで販売されているのが、下記の型番が日本で販売しているものなので、これと同じであればドイツで販売されているApple Watchと日本で販売されているApple Watchは同じだということになります。そうすると、技適の問題やApple Payの問題は無いと思います。メーカーの公式見解ではありませんし、どの時点での情報かによって変わる可能性がありますので、あらかじめご理解ください。

        Apple Watch Series 4 (GPS)
        40 mm ケース (モデル:A1977)
        44 mm ケース (モデル:A1978)

        ソース:Apple Watch の見分け方

        P.S.
        ECG機能ですが、正直にいえば、自発的にある一定の時間で30秒制止して測定することをルーチンとしないと意味がないので、なかなか続けられないと思っています。実際、私もほとんど使っていません。結果表示も、特に面白いことがなく、続けていくモチベーションがなかなか保てないです。

          2019.07.02 13:38 #17821 nagapract
          #17821への返信

          2019.07.02 13:38 #17821 nagapract

          ほっしいさん
          繰り返しのアドバイスをいただきありがとうございます。
          技適の件、お手数をおかけしましてすみませんでした。
          大変助かります。
          色々調べると、海外製スマホやスマートフォンなどを、技適なしでも使用認可するべきとの政府内意見もあるらしく、法律改正はまだされていませんが、グレーゾーンらしいです。

          なるほど、ECG機能も使いこなすのには使う側でのルーティンが必要なのですね。
          知りませんでした。ECGが無くても転倒検知や脈拍低下での緊急通報はあるようだし、
          お若い方や体に自身のある方ならば不要かもしれませんね。

          あまり悩まずに日本で買い、それをそのままアメリカに持ち込んでイニシャルしてみる、という当初考えたやり方の人柱になるのがいいのかもしれません。

          もう少し悩んでから決めます。こういうあれこれの時間が楽しいのかも。
          お付き合いしていただきありがとうございます。

          結果はまた報告します。

          2019.07.02 15:56 #17822 ほっしぃ
          #17822への返信

          2019.07.02 15:56 #17822 ほっしぃ

          nagapractさん、コメントありがとうございます。

          技適の件ですが、私がご提案した形で、日本と同じ型番のものを購入するのであれば、日本で使用するための技適は取得済のApple Watchとなりますので、その面におけるご心配は必要ありません。現時点においても、グレイではなくホワイトです。
          ECG機能については、私の個人の感想を書きましたので、人それぞれ健康状態も異なるため、そういう人もいるな、くらいに捉えていただければと思います。

          私は割と悩まずに買ってしまうタイプですが(それで失敗もあります)、悩むのも購入プロセスとして楽しめるという面もありますよね。
          結果、教えてくださいね。

2019.07.20 19:52 #18545 nagapract
#18545への返信

2019.07.20 19:52 #18545 nagapract

報告
日本で買ったAppleWatch4をアメリカで初期化してみました

やってみました。
日本のAppleStoreから購入したWatch4を、初期化せずにアメリカに持ち込み、そこで、iPhone7+の「地域と言語」設定で「アメリカ合衆国」「日本語」を設定し、AppleMapの現在地表示でアメリカの現在地が出ている状態 で
AppleWatch4の電源を入れ、連携を始めました。

結論から言うと、この時の一連の初期化の流れの中に、ECGの設定は出てきませんでした。やはりダメみたいです。
この時、SUICAの設定も出ませんでしたので、二日目に地域設定を日本に切り替えてみたら、SUICAの設定はできました。

つまり、日本で買ったWatch4はアメリカで初期化しても、ECGも使えない、そのままではSuicaの設定メニューも出てこないという中途半端な状態になっていました。

いろいろ考えましたが、私のAppleIDは日本の住所であり、日本発行のクレジットカードと紐付いています。もしかしたらこの辺が、初期化が日本人のモードで進行した理由かもしれないな、と思っています。

今からでもアメリカのAppleIDを新規作成してリセットしてから初期設定をしなおせば、それは「アメリカの友人にAppleWatchを譲った」ような状態になります。もしかしたらそのIDではECGが出るかもしれないな、とは思いますが、そうしても接続先を日本のApppleIDに戻したところで昨日のフィルタリングがされてしまうかもしれません。この辺は推測の域をでませんし、これからアメリカのIDを取得しようとも思いませんが、まずは私が想定していた「日本で買ったWatch4をアメリカで初期化する」という方法ではECGは使えないようだ。という結果になりましたのでご報告します。

私自身としては脈拍と脈拍変動が出ていてますし、脈拍の高・低でもアラームが出せるようなのでとりあえずは良しとします。深呼吸の管理なんかも面白いですね。
日本で最強のSuicaが使えることは捨てがたいです。

機能が豊富で使いこなしに時間を要しそうです。

以上です。

    2019.07.21 11:36 #18556 ほっしぃ
    #18556への返信

    2019.07.21 11:36 #18556 ほっしぃ

    nagapractさん、コメントありがとうございます。

    日本で販売しているApple Watchは、今のところはECG機能が使える対象国に持ち込んでもダメだということが判明しましたね(残念でした)。まずは、最低限、対象国で購入したApple Watchであるというのが大前提にありつつ、さらに「OSがwatchOS 5.2以降である」「初めてペアリングする」「iPhone側が対象国になっている(ここの条件が曖昧です)」あたりだということですね。

    最後の条件は、居住地などの設定まで変えるのか、単にロケーションで対象国になっているのか、マップを一度立ち上げるなどしたり、時計が現地時間になっているか、現地のWi-Fiに接続する、現地SIMカードを挿すとかなり条件は良いと思います、などなど条件分岐の検証がないので分かりませんね。

    今回は残念な結果でしたが、おかげで「対象国ではない国で買ったApple WatchはどのようにしてもECG機能を使うことができない」あたりが分かってきました。ありがとうございました。

続きを表示する

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • NEO
  • Tablets
  • Smartphones
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す