Img_1919.jpg Img_1919.jpg

iPhoneのバンパーケースと開発の歴史

2021.04.16

みなさんこんにちは。
企画開発のkankanです。

みなさま、iPhoneでバンパータイプのケースは使ったことがありますか? AppleもiPhone 4の時代は純正ケースとしてバンパーを作っていたので、昔からiPhoneを使用している人は馴染みがあるのかもしれません。

実はSimplismもバンパーの歴史は古く、最初に登場したのはiPhone 5のときです。

iPhoneを守る小型軽量のバンパーガードに、PUレザーの美しい見た目と、持ちやすさを融合

Leatherbumperiphone_pic_003-850x567-1.jpg

[ Aluminism ]アルミ削り出しによる造形の美しさとスタンド機構を備えた、超軽量バンパースタイル

Aluminiumbumperiphone13_pic_001-850x567-1.jpg

この通り、レザー調のバンパーとアルミの削り出しの2種類のバンパーがあり、ここからSimplismのバンパーの歴史が始まりました。

その次の年、iPhone 6になり、端末が大きくなったことからストラップ需要が増えたことで、レザーバンパーはストラップと一体型となったストラップバンパーへ大幅に進化をしました。

ストラップとロック機構が一体となった新構造の軽量バンパーPUレザーの美しい見た目と、ストラップの機能性が融合

Strapbumperiphone144_pic_010-850x509-1.jpg

Aluminiumbumperiphone144_pic_007-850x567-1.jpg

そしてその後、iPhoneの大型化やラウンド形状などによりレザーバンパーは構造上の問題が結構あったため、一旦ラインナップからは外れていきます。

そんな中、アルミを削り出すアルミバンパーを続けていました。

【TurtleBumper】アルミニウム削り出しで継ぎ目のない美しいバンパー iPhone8

Caseiphone174_ttba_pic_002-850x567-1.jpg

【ALINE】アルミニウム削り出しで継ぎ目のない美しいバンパー iPhone XR

Tr-ip18m-ab-sg_002-850x567-1.jpg

この頃は衝撃吸収のニーズが増えたため、アルミニウムの削り出しだけではなく、インナーにTPUフレームを組み合わせたハイブリッド構造のバンパーになっています。このTPUインナーフレーム形式のアルミバンパーの構造は、非常に悩みながら0.1mm単位でサイズを何度も調整したのを覚えています…。

ちなみに世の中のバンパー系(特に金属系のモノ)はネジ止めや別パーツを取り付けることが多いのですが、トリニティのバンパーはネジ止めせずに固定できるのが昔からの特徴です。

そしてiPhone 12シリーズでは、昔のiPhoneの形状に回帰したので、あの頃の復刻版としてレザーバンパーを復活させます!! 厳密にいえば、素材はレザーではありませんが(汗)。

Kankan_20210406_04.jpg

それでは、今回発売する [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケースをしっかりとご紹介したいと思います。

構造について

昔のレザーバンパーはTR-90という少し弾力をもったナイロン樹脂を使用していましたが、今回のバンパーはTPU+PCのハイブリッドバンパーの構造になります。硬いPCフレームの上下をTPUで挟むことで、芯がしっかりとしながら柔らかい素材でサンドウィッチしているので衝撃にも強い設計になっています。

スクリーンショット-2021-04-09-19.34.06.png

さらにそのTPU+PCのフレームの上に、クラリーノやテナージュといった素材を貼り付けます。

素材について

今回、素材を2種類ご用意いたしました。

クラリーノ

20210409_bumper_banner_cra.jpg

ケース表面に、株式会社クラレが開発した人工皮革<クラリーノ®>を使用しています。ランドセルやスポーツ用品に使用されるなど、その耐久性は折り紙付きです。天然皮革に近く、皮革と比較すると軽く、傷が付きにくい特徴を持ちます。また、雨や汚れにも非常に強いです。

20210409_bumper_03.jpg

発色が綺麗で、iPhoneのアクセントカラーになってくれます。

Img_1905.jpg

テナージュ

20210409_bumper_banner_te.jpg

本物の木を薄くスライスして特殊な強化加工を施した、木目の美しさとぬくもりを感じる素材です。木目風にプリントしているシートではなく本物の木を使用しているので、リアルな木を感じられます。

20210409_bumper_13.jpg

実際、こんな感じの素材感が良い感じの仕上がりになっています。

Img_1906.jpg

iPhone 5の時のレザーバンパーはシンプルなPUレザーでしたが、今回こうした高品質の素材を使用しているのは、あの頃から素材に対して真摯に向き合い取り込んできたからこそできる、トリニティの長所を言えるアイテムになっています。

デザインについて

以前のレザーバンパーは、ボタン周りやLightning端子周りは生地が貼られていませんでした。今回はできる限り素材の面積を増やし、質感を楽しめるデザインに仕上げました。

Kankan_20210406_05.png

また、以前のiPhoneと比べ、新しいiPhoneはカメラが飛び出しており机の上に置くとガタガタして安定しません。このバンパーは、側面だけではなく背面、特にカメラ周りをそういったことから守るように、机に触れず安定して置ける設計になっています。

Img_1907.jpg

Kankan_20210406_03.png

もちろんバンパーなので、カードウォレットやMagSafe充電器を使うことができます。
※iPhone 12 miniのバンパーでは、MagSafe充電器のみ対応になります。

Img_1913.jpg

Img_1914.jpg

そして、当社のSimplismブランドのガラスプロテクターなら、すべてバンパーと併用可能です!

Img_1911.jpg

いかがでしたでしょうか? いろいろな想いが詰まっているこのバンパー、興味を持っていただけましたら一度ぜひとも使ってみてください。

iPhone 12シリーズ用 [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケース

機種を選ぶ:

カラー:

機種を選ぶ:

カラー:

記事中の製品

Simplism

iPhone 13 mini / 12 mini [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケース 天然木シート

2,200 2,200 2,200 2,200

Simplism

iPhone 13 mini / 12 mini [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケース 天然木シート

2,200 2,200 2,200 2,200

Simplism

iPhone 13 mini / 12 mini [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケース 天然木シート

2,200 2,200 2,200 2,200

Simplism

iPhone 12 / 12 Pro [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケース 天然木シート

2,200 2,200 2,200 2,200

Simplism

iPhone 12 / 12 Pro [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケース 天然木シート

2,200 2,200 2,200 2,200

Simplism

iPhone 12 / 12 Pro [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケース 天然木シート

2,200 2,200 2,200 2,200

Simplism

iPhone 13 Pro Max / 12 Pro Max [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケース 天然木シート

2,200 2,200 2,200

Simplism

iPhone 13 Pro Max / 12 Pro Max [ALINE] 衝撃吸収 バンパーケース 天然木シート

2,200 2,200 2,200

このブログを書いたスタッフ

開発

カンカン

デザイン事務所でプロダクトデザインをしていたが、主にスタイリング中心だったため、企画の立案からデザイン、生産販売まで「モノとコト」のすべてに関わりたくトリニティに入社。企画開発チーム所属だが、自分の名刺だけ"商品企画開発デザイン"と、"デザイン"が追加されているのは内緒です。

カンカンのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す