Trinity

TRILOGトリログ

2018.08.29

アルミバンパーの魅力

投稿者 : カンカン

みなさんこんにちは。企画開発のkankanです。

今回は、アルミバンパーの魅力に迫りたいと思います。

まず、世の中にあるアルミバンパーには大きく2種類あります。1つは分割型、もう1つは一体型。

【分割型 アルミバンパー】

こちらはスマートフォン本体に取り付けるときに、フレームが一部分割して取り付ける構造のものです。

分割型の特徴は、スライドではめ込んだり、ネジで留めるものが多く、またアルミニウムだけで作られたものが多いです。Simplismで数年前に出した[Aluminism]というアルミバンパーシリーズはこのタイプになります。

Bumper_01.jpg

アルミだけの構造が多いので見た目の高級感はあるのですが、分割して取り付ける構造上、分割線が入って一体感が少なく、またネジ止めが必要だったりと必要以上にゴツくなってしまうのが難点です。

【一体型 アルミバンパー】

そこで、最近増えてきているのが一体型のアルミバンパーです。これは内側にTPUという柔らかい樹脂と一体で成形することで、取り付けの際に分割することがなく、簡単に取り付けができ、見た目もシンプルにできるという利点があります。

Bumper_02.jpg

Bumper_03.jpg

ただ、TPUの弾力を使って取り付けるので、アルミフレームがどうしても見た目上分割されてしまい、あまり美しくありません。

このように、バンパーには大きく2種類の構造があり、どちらもメリットデメリットがあります。

実はアルミバンパーの企画を依頼されたときに、後者の方で考えていました。

ただ、どうしても一体型はアルミをただの意匠としてしか使っていない気がしており、何か他に方法がないか悩んでいたところ、分割型と一体型のお互いのメリットを生かせる新構造を見つけました。

それでは次回、Simplismのアルミバンパーを詳しくご紹介したいと思います。

このブログを書いたスタッフ

開発

カンカン

デザイン事務所でプロダクトデザインをしていたが、主にスタイリング中心だったため、企画の立案からデザイン、生産販売まで「モノとコト」のすべてに関わりたくトリニティに入社。企画開発チーム所属だが、自分の名刺だけ"商品企画開発デザイン"と、"デザイン"が追加されているのは内緒です。

カンカンのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

投稿者名*
メールアドレス*
コメント*

カテゴリー

このページをシェアする
  • ブランドから探す
  • 機種から探す
  • カテゴリから探す

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Walkman
  • Smartphone
  • iPod
  • iPad
  • iPhone
  • NEO

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す