Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

[All About JAMBOX]かつてないサウンドを手のひらサイズで、ワイヤレスで。

投稿者: ほっしぃ 日時: 30日(土) 23:54

JAMBOX01.jpg

前回、「かつてないサウンドを、手のひらサイズで」というエントリーで、【JAWBONE】Bluetoothワイヤレススピーカー ジャムボックス [JAMBOX]の小さなボディで大きなサウンドという部分を紹介しましたが、これにひとつもっとも大切なことを付け加えます。

「ワイヤレスで」

最近「ワイヤレスライフ」というサイトを立ち上げて、「ワイヤレスになるということは自由を得ること」というコラムを書かせてもらっていますが、スピーカーがワイヤレスになるということの意味は非常に大きいです。

JAMBOX03.jpg

これまでの音楽の楽しみ方は、CDをCDプレーヤーにかけ、パワーアンプに繋がれたスピーカーから音を聴くというスタイルでした。しかし、近年はこのスタイルではなく、コンピューターに音楽を取り込んでありそこから直接聴いたり、iPhoneに代表されるスマートフォンに内蔵されているオーディオプレーヤーの機能を使用して音楽を聴くことが増えてきました。

たとえば、iPhoneやiPadを例にとって考えてみましょう。家電量販店に足を運んでみると、数多くのDock型スピーカーが並んでいます。これらは、iPodやiPhoneなどをそのDockの上に置くだけで音楽を聴くことができるため、CDプレーヤーやコンポの時代を塗り替えてきました。しかし、そろそろ次のステップに進むときがきました。それが「ワイヤレス」です。

JAMBOX02.jpg

iPhoneやiPadなどの急激に普及が始まってきているスマートフォンやタブレットでは、「オーディオプレーヤーは数多くあるアプリのひとつに過ぎない」ということです。前述のようにDock型スピーカーを使用するということは、1アプリに対してすべてを占有されてしまっている状態なのです。たくさんのことが同時に実行できるスマートフォンであるのにもかかわらず、Dock型スピーカーで音楽を再生してしまうと「ただのオーディオプレーヤー」に成り下がってしまうわけです。

そこで、JAMBOXを使用したワイヤレス環境に置き換えて考えてみてください。ケーブル接続が必要ありませんから、iPhoneでもiPadでもスピーカー側に置く必要が無く、手元に置いておくことができます。そして音楽を再生した状態で、メールを見たり、ウェブブラウズをしたり、さまざまなことをできるのです。極論を言えば、スピーカーをワイヤレスにしなければ、スマートフォンを使う意味はないのです。写真などではiPhoneやiPadを多用していますがAndroidスマートフォンでも同じことです。

JAMBOX04.jpg

手のひらサイズ、ということは持ち運ぶことが想定されます。たとえば、出張先のホテルでも手軽に音楽を楽しめ、仕事でプレゼンをする場合にもより良い音で効果的に行なうこともできますし、屋外パーティーなどでも威力を発揮します。

そして、大事なのはワイヤレスというのは何もオーディオ信号のことだけではありません。JAMBOXは内蔵バッテリーをフル充電にしておくと約10時間の連続再生が可能です。1日は24時間で、実際に活動をしている時間というのはおおよそ14時間程度です。その1日の中で10時間の再生が可能ということは、1日のウチに電源の心配をする必要が無いと考えても良いと思います。このことにより、オーディオケーブルだけでなく電源ケーブルも接続する必要がなくなりますから、本当の意味でケーブルから解き放たれるのです。市場にはワイヤレススピーカー(もしくはワイヤレス機能搭載)は存在していますが、そのほとんどがACアダプターをコンセントに接続する必要があります。JAMBOXは、ライフスタイルをしっかりと想像しながらモノ作りをしているので、そういう足りない仕様には設計していないのです。

小さなボディで大きな音を再生するというスピーカーとしての基本中の基本の機能はしっかりと提供しつつ、さらにオーディオも電源もワイヤレスにすることで新しいライフスタイルを提案することができるのです。

想像してみてください、リビングでもiPhoneなどのスマートフォンやタブレットを手元で操作しながら、何の線も繋がないため場所を気にすることもなく、音楽を聴きながら、ウェブを見たり好きなアプリをいじったりするライフスタイルです。それには、大きなコンポやスピーカーは必要ありません。JAMBOXがあれば良いのです。そして、ちょっと歯を磨きに洗面所に行く際には、JAMBOXを持っていけば洗面所が一気にリビングルームに様変わりします。もちろん、寝るときにベッドルームに持ち込めば良いわけです。庭でバーベキューしても良いでしょう。ワイヤレスになることでまさに生活が変わるのです。


最後にひとつだけ書いておきますが、このJAMBOXは完全ワイヤレスだけでなく、3.5mmオーディオ入力も装備していますので有線接続をすることもできますし、付属のUSB - Micro-USBケーブルで充電しながら再生することも可能なハイブリッド仕様です。


[All About JAMBOX]
かつてないサウンドを、手のひらサイズで
かつてないサウンドを手のひらサイズで、ワイヤレスで。

機能やデザインだけでなく、楽しさを与えてくれる新しいオーディオアプリが登場。

投稿者: ほっしぃ 日時: 26日(火) 22:10

MyTALK01.jpg

Jawboneブランド製品に共通するキーワード「進化する」を担うのが「MyTALK」というウェブアプリ(私の呼び方)です。ハードウェアは一度作られたら、新製品が出てくるまで変わることがありませんが、これをソフトウェアで変えていくという考え方はスマートフォンと同じです。たとえばiPhone 4は昨年の発売日に買った人も、たった今買った人も、ソフトウェアを最新にすることでまったく同じ機能を使うことができます。Jawboneブランド製品も同様のコンセプトで作られています。

そして、Jawboneはデザインや機能にもしっかりと気を配りますが、「使う楽しさ」をもしっかりと考えている数少ないメーカーです。今回、2つの新しいオーディオアプリが登場しました。Jawboneユーザーの方は「MyTALK」にアクセスしますと、この2つの楽しいオーディオアプリを無料でインストールすることができます。是非とも楽しんでください。

Retro01.jpg

・Be Retro [Classic Arcade]

まだグラフィックがブロックで音楽はビープ音だったころに戻ってみましょう。起動音や終了音、さらにはいろいろな効果音がファミコンを彷彿させる音になって、昔を懐かしみつつも楽しませてくれます。JAMBOXユーザーの方は、上部の「+−○」ボタンを3つ同時に押し続けてみてください。

Family01.jpg

・Be Family [Mobster]

ギャングのファミリーになろう。それっぽい声の人が、それっぽい効果音と共に、それっぽく話しかけてくれます。こちらもJAMBOXユーザーの方は、上部の「+−○」ボタンを3つ同時に押し続けてみてください。

【注意】つい先日公開されたOS X Lionをお使いのユーザーの方々へ。現在のところ、MyTALKを正しく使用できない状況になっています。開発元が原因の究明と解決方法を模索していますので、大変ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありませんが、今少しだけお待ちください。

百獣の王、ライオンは飼い慣らすには手がかかる。OS X Lionの対応状況。

投稿者: ほっしぃ 日時: 22日(金) 23:39

Lion01.jpg

すでに100万ダウンロードを記録したというOS X Lionですが、なぜかひっそりと「Mac」という冠を外し、「8番目のリリース」という呼び方をして本来はMac OS X v10.7となるべきところを、どこか曖昧にしているところが今後の方向性を示唆しているのではないかということを思わせます。

そんな大きな変化が関係しているのか、リリース前後に各社から「OS X Lionの対応状況」というアナウンスがされていますが、かなりのアプリが未対応のようです。正直、当社ではLionに噛みつかれるようなモノもないので安心していたのですが、Jawboneシリーズの特長である「MyTALK」があったのを思い出してしまいました。そして、あろうことか軽くテストをしたところではJawbone製品を接続しながら「MyTALK」にアクセスすると「Jawbone Updater」という接続ドライバー的な位置づけのアプリケーション(メニューバーに常駐します)がクラッシュすることがあるようです。これにより、MyTALK側でデバイスが接続していない状態であるという判断になってしまうため、結果としてMyTALKの機能が使えない状態になってしまいます。

現在開発元と調査中で、近日中に追加情報をアップデートしますが、取り急ぎご報告まで。

この件に限らず、多くの互換性問題が発生しているようですので、私たちの会社も全員MacですがLionを飼い始めるのはかなり先にする予定です。

[All About JAMBOX]かつてないサウンドを、手のひらサイズで。

投稿者: ほっしぃ 日時: 19日(火) 23:33

JAMBOX01.jpg

2月に発売した製品について今から詳細を語っていくということは、遅きに失した感は強いのですが、それでもこの【JAWBONE】Bluetoothワイヤレススピーカー ジャムボックス [JAMBOX]については、まだ伝えられていないことがたくさんあるのではないかと思うのです。

正直なところ、私たちの強力なパートナーであり、良き理解者であり、かなりの部分で価値観を共有させていただいている販売店「アシストオン」における製品紹介文が秀逸であることから、発売当初はこちらをじっくりと読んでいただければ十分と考えたりもしました。それがゆえに、ほんの紹介だけのエントリーでお茶を濁していたのですが、やはりJAMBOXの魅力を余すところなく伝えていきたいと重い腰を上げて書いていきたいと思います。

JAMBOX05.jpg

なんといっても、JAMBOXの最大の特長はスピーカーという製品の一丁目一番地であるサウンドです。ただし、何千万円もするようなハイエンドのスピーカーと競り合うのではなく、身近に、そしていつでもどこでも持ち運べるポータブルスピーカーとしてのサウンドです。そのコンセプトはとても明確で、それに合わせたスペックが考え抜かれています。

まずは、いつでもどこでも持ち運べるサイズであること。ここから自ずと手のひらに収まるサイズというのが導き出されます。バッグに入れて持ち運ぶことも、ちょっと移動するときに一緒に持ち運ぶことも、片手で軽く持ち上げられるほどのサイズが必要でした。

そして、肝心のサウンドです。一般的にはスピーカーは大きければ大きいほど、スピーカーユニットが空気を大きく振動させることができるので、より大きな音、より低音が出るようになり、結果として迫力のあるサウンドを再生することができます。これはずっと業界の常識でしたので、私も初めてJawboneからスペックを知らされたときには、「小さなボディで、迫力のあるサウンド」というキャッチコピーには眉につばをつけておかなければならないと警戒したほどです。

しかし実際に手元に届いてみて音を聞いてみると、驚くほどの大音量が再生されるではありませんか。そして前述のような常識を覆し、しっかりと低域の再生もされているのです。Jawboneが胸を張ってうたい文句にしてきたことは嘘ではなかったのです(過去に同じようなキャッチコピーを掲げた製品に何度もがっかりさせられてきたトラウマがあったのでちょっと大げさですが)。

JAMBOX03.jpg

実際に購入した方々や、店頭でのデモ、そしてAUGMなどでのデモにおいても、ほとんどの方がこのサイズにしてこの音量を出すのは驚異的と肯いていただけます。

まず、なによりもスピーカーとしての基本機能に優れているという一番大事なところを押さえてあるというのは、Jawboneのヘッドセットシリーズにも共通する哲学です。基本機能が十分に発揮できるという、一見普通なことと思われがちですが意外と疎かにされていることも多い部分なのです。見た目だけが良いスピーカー、小さいだけが取り柄のスピカー、でも音楽を楽しむことができないほどの音質だったこと、たくさんありましたよね。

JAMBOXはまさに「かつてないサウンドを、手のひらサイズで」という言葉になんら恥じることがないと私も胸を張って言える製品なのです。

JAMBOX04.jpg

かつてないサウンドを手のひらサイズで、ワイヤレスで。」につづく。


[All About JAMBOX]
かつてないサウンドを、手のひらサイズで
かつてないサウンドを手のひらサイズで、ワイヤレスで。

Jawboneから新しいカテゴリーの製品「UP」が登場

投稿者: ほっしぃ 日時: 17日(日) 15:16

Up00.jpg

アメリカ時間の7月13日にTED(Technology Entertainment Design)にてJawbone(会社名はAliph)のCEO Hosain Rahman氏がJawboneの新しい製品「UP」を発表しました。

心臓病や糖尿病、ガンなどの生活習慣病が深刻な問題になってきている現代社会では、健康的な食生活や上質な睡眠、適度な運動などがこれらを予防するのに有効です。「UP」は運動や睡眠パターン、食生活などを記録し、健康的な生活に役立てることのできる製品です。

Up01.jpg

小さなリストバンドが高度なセンサー技術を駆使して24時間365日ユーザーのアクティビティをモニターし、iOS向けなどのモバイルアプリやウェブサイトを通じてアナライズします。これらの情報をパーソナルに分析して生活習慣の改善に繋げることも、ソーシャルネットワークを使って、その他のユーザーとのコミュニケーション(たとえば友人や家族などとの比較をしたり、ランキングなどによる競争など)に繋げることも可能になります。(ここらへんはまだ不明な部分が多いので概念として)

この手の製品で一番大切なことはいつも身につけていられるデザインであることですが、ここはJawboneのチーフクリエイティブオフィサーであるYves Behar(イヴ・ベアール)の手がけているということで十分に期待できると思います。

まだまだ細かい仕様などは不明ながら、ビジョンとしては面白い製品であることは確かです。なお、アメリカでは「Later this year(今年後半)」となっており、日本ではそれから少し遅れての登場になると思われます。

ハンズフリーヘッドセットで業界の新境地を切り開いたJawboneが、昨今は「JAMBOX」でワイヤレススピーカーの世界にも新しい風を吹き込みました。そして、新しいビジョンは人々が生きていく毎日に関わる製品です。私たちが、これらにずっと関わっていけるのはとても嬉しいことです。今からワクワクしてきますね。

七夕に何を願う?

投稿者: ほっしぃ 日時: 12日(火) 17:21

Tanabata01.jpg

先週は年に一度の七夕の日だったのですが、ちょうどシンガポール出張と重なっていたため、あまりそれを感じることができませんでした。帰ってきて出社してみると笹の葉に短冊がたくさんぶら下げられていました。

Tanabata02.jpg

Tanabata03.jpg

Tanabata04.jpg

「脱、腸閉塞」と書きたかったのに「脱腸、閉塞」みたいな四字熟語的になってしまっているものや、タイムリーに魚の汚染を心配しているものから、最後のはなぜか「お母さんに会えますように」といういったいどんなドラマがあったんだろうかと心配になる短冊もぶら下がっていました。

もう先週のことで忘れてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、みなさんは何をお願いしましたでしょうか。

シンガポール良いとこ、一度は行こう

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(日) 22:42

Singapore00.jpg

背水の陣を敷くといったからには遊んでいるわけにはいきません。ちなみに、この写真はシンガポール名物「アイスクリームサンド」なる代物で文字通りアイスクリームのサンドイッチです。私はカプチーノチップアイスを選択しましたが、さまざまな種類のアイスがあり(シンガポール名物ドリアンもありました)、そこから選ぶとおぢさんが食パンに挟んで渡してくれます。シンガポールドルで1ドルですから日本円で約70円というかなりお買い得な食べ物で、暑い街中を歩くお供にはちょうど良いです。シンガポールに行くことがありましたら是非。

Singapore01.jpg

Singapore02.jpg

Singapore03.jpg

背水の陣でしたね...。もちろん、朝から夜までしっかりと現地視察やバイヤーとの商談、代理店とのミーティングなどをしっかりとこなしましたよ。ただ、なかなかその内容を書いても面白くありませんので、どうしても出張記となると現地の食べ物や風景などになってしまうのは仕方ありませんね。仕方ありませんね(念押し)。

シンガポールはApple Storeがない国で、Apple製品を買うにはApple Premium Resellerがその役割を担っており、それに加えてベスト電器を含むチェーンストアが展開されています。また、iPhoneはシンガポールの3大キャリアすべてで取り扱いされているため、どこでも購入することができます。このためか、iPhoneの普及率はものすごく高く、街を歩いていても1/3くらいはiPhoneではないかと思わせるくらいです。

そんなシンガポールなのでiPhoneアクセサリーの人気も高く、私たちのSimplismもこれから徐々に販売を拡げていきたいと考えています。シンガポールの展開を始めたのが4月くらいですからまだこれからといったところですが、現地のバイヤーの方々と直接商談をしてかなり話が進んでいく予感です。

Singapore04.jpg

というわけで、シンガポール最後の夜は前回も書いたソフトバンクによるSMAPのCMで有名なMarina Bay Sandsに登ってみることにしました。5,000億円以上の費用をかけて作られたといういわれるこの施設は、ホテルだけでなくコンベンションセンターや劇場、レストラン、カジノ、ミュージアムなどが中に入っており、一大娯楽タワーと言えます。

Singapore05.jpg

Singapore06.jpg

Singapore07.jpg

20シンガポールドル(約1,400円)のチケット代を支払って57階に上ると、シンガポールの夜景を一望できる展望台に到着します。見渡す限りの光り輝く夜景にうっとりさせられること間違いなしです。最後の写真なんかは絵はがきにしたも良いんじゃないかと思えるくらい、奇跡の一枚になりました。

チケットを買って展望スペースには上がれるものの、SMAPの撮影で出てきたような場所はホテルに宿泊していないとは入れないところで、プールも残念ながら私たちは入ることができませんでしたが、夜景を見下ろしてプールに浸かるなんて一生のウチに経験できることはあまりないと思いますので、次回は是非ともここに泊まってみたいと思いました。

初めて訪れたシンガポールでしたが、噂通りにクリーンな街で、やはり中華の感じはたくさんするのですが、多くの人種が混じっているのでさまざまな文化が垣間見られる国で、非常に興味深いところでした。今回は仕事でしたし、短期間の滞在でしたが、次回は少し余裕を持ってきて、見て回りたいと思わせてくれるところでした。

人気のJAMBOXにアップルストア限定GOLDカラーが登場。

投稿者: ほっしぃ 日時: 9日(土) 23:28

jambox_gold.jpg

これまでにはないコンパクトなサイズで大音量、重低音が楽しめる【JAWBONE】Bluetoothワイヤレススピーカー ジャムボックス [JAMBOX]は全国各地で人気を博していますが、このたび、アップルストア限定でGOLDカラーが登場しました。機能などはすべて同じですが、フロントグリルのメタル部分がラグジュアリーなゴールドになっています。

なお、アップルストアオンラインアップルリテイルストアで販売中ですが、数量も限定なので売り切れたらそのまま販売終了となりますので、気になる方は早めにチェックした方が良いと思います。数量はここでは明かせませんが、現在の販売数量から考えるとそれほど長く続くとは思えません。プレミア好きの方、持ち物はゴールドと決めている方、ベルサーチ好きの方、夜のお仕事の方々など、お急ぎください。

Simplismブランドは海を越えて、シンガポール編。

投稿者: ほっしぃ 日時: 7日(木) 23:27

Singapore01.jpg

Singapore02.jpg

埼玉から北の大地へ飛んでいった札幌出張を終え、今度は沖縄や石垣島を眼下に見ながら飛行機は一路南へ飛び続け、赤道を越えて7時間ほどの旅の末辿り着いた先はシンガポールです。

私にとって初めてのシンガポールに降り立ったのは、当社オリジナルブランド「Simplism」がこの国で展開されていて、現地の店舗を視察しつつ、代理店と共に今後どのように拡げていくかを相談するためです。これから世界中の代理店旅行訪問しつつ、「Simplism」の良さをより多くの人たちに伝えられるように啓蒙活動をしようと考えています。日本だけでなく、世界で競争していくためには大事な任務だと心に刻んで背水の陣を敷くつもりでやってきました。

Singapore03.jpg

シンガポールといえばマーライオンですね。どうも、シンガポール国内にはいくつかマーライオンが存在していて、これよりも大きなのもいるようですが、なかなかどうして、堂々としていらっしゃいます。近寄って写真を撮ろうとしたら、風が吹いて、お口からはき出させる水をどっさりと被らせていただくというありがたいことを体験することができました。

Singapore04.jpg

マーライオンが水を吐いているその先には、最近ソフトバンクによるSMAPのCMで有名なMarina Bay Sandsがあります。昨年にできたという新観光名所ともいうべきこのホテルは、屋上にプールがあり、見晴らしも良いということなので、明日は登ってやろうと考えています。

Singapore06.jpg

シンガポールの料理は、人口の7割ほどが華人であるということもあり、中華料理がベースになっているなっているものが多いのですが、中国本土とは違ってかなり食べやすいものが多くありました。

生き残りをかけた厳しい戦いはまだ始まったばかりです。

誇りを持って納税しよう。節税しすぎの銭失いにも注意。

投稿者: ほっしぃ 日時: 5日(火) 23:24

Tax01.jpg

以前に「なぜ高級車を買うのか(前編)」と「なぜ高級車を買うのか(後編)」というエントリーを書いてみましたが、小さいながらも会社を運営している経営者としての現実的な話として反響が多くありました。まだまだ偉そうに語るほどの実績を残している訳ではないのですが、この度5年目を終了し決算を終了したということで、納税と節税について書いてみたいと思います。

実際に経営者でなかったとしても、少しでも経営を目指そうとか考えた場合に勉強しようとすると書店などでは節税に関する本が山ほど積まれているのを見かけると思います。もちろん、無知のままに放漫経営をしていれば払わなくて良い税金を払わなければいけなくなるのですが、やるべき節税とやらなくて良い、むしろやらない方がよい節税というのがあります。これらをしっかりと理解して見分けられないと、本に書かれているままに節税を目指すと税金を払わなくても良くなったとしても、会社の経営としては悪化してしまうということがあります。

そもそも、なぜ経営者は税金を支払いたくないのでしょうか。

ほとんどの経営者が自分(そして自分の会社)が稼いだお金を国に持っていかれるのはイヤだと感じるようですが、しかし、よく考えてみると私たちは日本という国でビジネスを営みその結果として利益を得ているわけです。日本という国が用意してくれた豊かな国土、水や電気、通信などの社会的インフラ、不況と言われてはいるものの世界を見れば比較的安定した経済、そして日本人という勤勉な人種の上にビジネスが成り立っているわけです。そこから考えると、私たちは日本に支えられて生きているわけで、その日本を支えるのは税金であるという答えに辿り着きます。

そう、税金を支払って日本の国に貢献することは、最終的に自分たちに返ってくるわけです。「納税は国のためならず」というわけで、納税から逃げずに誇りを持って税金を支払うことが自らのビジネスをも支えるというわけなのです。

今のところ日本における法人税の実効税率は約40%です。たとえば1億円の純利益があったとしますと、おおまか4,000万円を納税することになります。こう書くと税金は高いな、と感じるかもしれませんが逆に考えると6,000万円も残るとも言えます。

節税をしまくると、この納税額はいくらでも減らすことができます。しかしながら、忘れてはいけないのは合法的な節税はある一定を越えると「現金を流出させる」対策しかありません。

たとえば、よく挙げられる節税対策は生命保険ですが、これは生命保険にかける金額分(もしくは半額)を損金として計上できるため利益を圧縮するため課税対象所得が減るということになります。しかし、これは利益の繰り延べをするもので、今は税金を支払いませんが、資金が必要なときに解約をすれば、現金は戻ってきますがその場合に雑収入として課税所得になります。したがって、トータルで考えると法人税の額はほとんど変わらず、しかし保険に入るわけですから現金としては支払ってしまうので現金の流出になり、結果資金繰りが悪化していくわけです。

つまり節税しまくっていくと、どんどんとキャッシュフローが悪化し、資金繰りが困難になり借入額が増えるという経営としては非常にマイナスな結果になっていくのです。これを分からずに税金を節約したとほくそ笑んでいるのは愚の骨頂といえるのです。

それだったら、前述のように誇りを持って納税をしていこうというのが私の経営方針です。第5期も支えてくださったみなさまのおかげで利益を出すことができましたが、たくさんの節税提案が溢れる中ですべてを断わり、最低限の節税のみで相当額を納税しました。この方針が間違っていないと信じて、これからも進めていきたいと思っています。

政府には日本への投資として納付した税金を実りあるものに使っていただくよう切に願っています。

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter