Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

Appleが驚異的なのは業績だけではない

投稿者: ほっしぃ 日時: 29日(日) 23:15

AppleStore01.jpg

Appleが1月24日(現地時間)に発表した2012年第1四半期(10~12月期)決算では、iPhone、iPad、Macがそれぞれ過去最高の販売台数で、四半期ベースで過去最高の売上高、純利益となったと報じられています。売上げの伸びもさることながら、その粗利益率が44.7%と前年同期の38.5%を上回ったというのも、恐ろしいといえるくらいの好決算です。

エンドユーザーが欲しがる製品を作ることに集中して売上げを伸ばし、製品ラインナップを絞って効率良く生産することで利益率も伸びているのだから当然ともいえますが、なかなか同じことをできる訳はありません。

さて、この業績についてはいろいろなところで報じられているのでみなさんもご存じかと思いますが、Appleが驚異的なのはこれだけではないのです。

先日の日経新聞にAppleのキャッシュコンバージョンサイクル(CCC)がマイナスになっているという記事が掲載されていました。このCCC、簡単にいうと製品を作るのに費やした費用と製品を売って手に入れる資金の流れを日数で換算したものです。

もう少し簡単に解説すると、どんな製品でも生産をするのにお金がかかります。そして製品を作って在庫になりその在庫が売れるまでの期間があります。さらに、売れた製品の代金を回収することによって最終的にビジネスが成り立ちます。一般的な企業ではこれが30日〜60日程度で推移します。これがAppleの場合、マイナスだということが驚異的なのです。

つまり、Appleは資金を投じて製品を生産する前からお金を手に入れていると言えるのです。そのため、すでに潤沢な手元資金があるにもかかわらず、それを使わずに生産することが理論上可能なのです。おそらく売り先の会社からは前金もしくは納品時に製品代金を受け取っていると推測されます。そして工場への支払いは長い期間の猶予があるのだと考えられます。

これが成り立つのはなんといっても製品に対する強い需要が市場にあり、売り先が喉からでが出るほどその製品を仕入れて販売したいという状況だからです。これもAppleが常にエンドユーザーの欲しがるものを作り込んできた結果といえるわけです。

冒頭のように売上高が伸びると一般的にはキャッシュフローが悪くなります(手元資金がなくなります)。なぜならば、売上げを上げてもそれがイコール現金収入ではないからです。利益率が伸びることである一定期間を過ぎると、利益余剰金の中だけで回すことができるようになるので無借金経営が可能になってきますが、Appleの場合にはCCCがマイナスなため、売上げが伸びてもキャッシュフローが悪くならないという理想的な経営なのです。

業績もさることながら、このような経営をしてきた会社は過去にほとんどなく、だから株価も世界一になるのは当然の結果とも言えるのですが、もう恐ろしいとしか言いようがない状況です。

消費税増税が中小企業を不幸にする

投稿者: ほっしぃ 日時: 28日(土) 23:31

Display01.jpg

マニフェストに書いてあったところも、書いてなかったところも結局のところは消費税を増税することには賛成で、単なる政局として賛成できるできないという分かれ方のようで、近い将来消費税率が上がるのは(残念ながら)必至のようです。ここでは消費増税の賛否は置いておくとして、中小企業として消費税増税に対して一番懸念していることを書いておきたいと思います。

消費税は商品やサービスなどを購入する際に付加する税金のため、消費税率が変動しても商品自体の価格は変わらずに、商品に対する消費税額だけが上がるというのが基本的な仕組みとなりますが、2004年4月から実施されている「総額表示の義務化」が問題となってきます。

たとえば、当社で販売している製品でiPod nano用シリコンケースセットがありますが、こちらは店頭では980円で販売されています。厳密にいうと、消費者が支払いをするのは980円ですが、これは商品としては933円で消費税5%が47円という内訳になります。これは最終的に消費者がいくらを支払うことになるのかを明確にするという意味で実施されている方式ですが、これにより商品の価格が税込として認識されるため、税率が変わった際には大きな問題を引き起こします。

現在政府が検討している案では2014年4月に8%、2015年10月に10%ということになっています。では、仮に8%になったことを考えてみましょう。

前述の商品は933円が商品価格でしたが、これが8%になると消費税額は75円となりますので総額表示では1,008円となります。このデフレの世の中、そして競争が激しい家電量販店の中で、特に価格支配力の少ない私たちのような零細企業がこの価格を受け入れてもらえるでしょうか。現実には980円のまま販売を続けざるを得ない状況は容易に想像がつきます。つまり、商品自体を907円に値下げをし、消費税8%をかけた状態で980円になるように調整せざるを得ないわけです。

これが10%になった場合では、890円にまで値下げをしなければ980円に据え置くことができないのです。これが私たちのように薄利多売の量販店の世界で生きている身にとってどれだけ辛いことかお分かりになることでしょう。私たちは毎年、新製品を出す際に付加価値を付けて価格の下落を防ぐために最大限の努力をしていますが、それをしてでも、実質的に値下げをせざるを得ない状況に陥る訳です。

また、この短期間に2回も上げることもとても問題であると思います。このたった14ヶ月の間に2回も変更をしなければならないのは、システムの変更が非常に煩雑になり手間が増えてしまう(=コストが上がる)ことを意味します。ただでさえ商品価格を強制的に下げさせられ収益を減らされるのに、それに追い打ちをかけるように変更の手間もあるのではまさに踏んだり蹴ったりです。

かといって、段階を設けずに一気に10%に引き上げて欲しいという意味ではありませんので悪しからず。個人的には消費税以外の方法で財政を再建する必要があると考えていますが、その点については別の機会にまとめたいと思いますが、なにせ、消費税増税は一般消費者の購買意欲を削ぎ経済を低迷させるという一般的な話だけでは無く、この例のように中小企業を不幸にするということも頭の片隅に置いておいていただきたくエントリーを書いてみました。どうしても避けられないのであれば、是非とも総額表示の義務化を止めていただきたいところです。

ケーブルを挟んで、落とさないCordiesにメタルバージョン登場

投稿者: ほっしぃ 日時: 26日(木) 18:02

Cordies01.jpg

私たちのような普通の人が身近なアイディアを思いついたらカタチにしてくれる会社Quirkyからもうひとつ新製品【Quirky】メタルコーディーズ ケーブルウェイトホルダー [Metal Cordies]が登場です。この製品、実はもう三代目で初代Cordiesは可愛らしく二代目は見た目はそっくりながら素材が異なる製品でした。

Cordies02.jpg

Cordies03.jpg

機能はこれまでと変わらずに、デスクに散らばるケーブルを挟んで安定させるデスクトップガジェットです。ラップトップには電源ケーブルやイーサネット(ネットワーク)、それにUSBケーブルやオーディオケーブルなどを接続することが多いと思いますが、それらをひとつに束ねておくことで、脱着もしやすく、なおかつ外したときにデスクの後ろに落ちてしまうという誰もが経験したことのある「むかつき」を予防してくれるという効能があります。

三代目というからには「売れている」(ハズ)わけで、高級感のある素材を使い、適度な重さがあるので安定感があるメタルコーディーズは初代、二代目を持っている人には「系譜」としてもオススメです。

PowerCurlに待望のMacBook Air用が登場

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(月) 23:59

PC01.jpg

私たちのような普通の人が身近なアイディアを思いついたらカタチにしてくれる会社Quirkyのヒット商品、【Quirky】パワーカール Apple MagSafe電源アダプター用ケーブルマネージャー [PowerCurl]に待望のMacBook Air版が登場しました。

MacBook/MacBook ProシリーズでもMacBook Airの人気は絶大で、これまでもMacBook Air版が出ないのかというお問い合わせが多かったので今回発売にいたりました。

実際問題、延長コードがない場合、全体のケーブル長が足りなくて電源の位置によっては座る位置をかなり限定されるなどの問題があって、延長コードは持ち運びたいんだけど別にケーブルを持っていると忘れてしまうという悪夢があるため、一体型として持ち運ぶと収納も綺麗にできるので便利なのです。

こんなにカラバリが必要かどうかはもう少し話し合いが必要かもしれませんが、いずれにせよMacBook Airヘビーユーザーにオススメです。

何でも巻き付けて、使い方は無限大

投稿者: ほっしぃ 日時: 17日(火) 23:47

Bandits01.jpg

ニューヨークからたくさんの製品を送り込んでくるQuirkyから新作が届いています。その名も「Bandits(バンディッツ)=無法者」という型破りな名前で、確かに決まった使い方のない製品ではあります。

Bandits02.jpg

製品自体は、フックのついた輪っかのゴムバンドですが、発想次第でどんな形にも活用できるアイテムでもあります。たとえあげたらキリが無いくらいに。

Bandits03.jpg

Bandits04.jpg

普通にたくさんのモノを束ねるのもいいですし、フックとして使うのも良し、冒頭の写真のように大きなものを抱えるのにも活用できます。

<使用例>
余分なケーブルをまとめたり
ベビーカーに水筒をひっかけたり
車のバックミラーにひっかけてサングラスを吊るしたり
ネックレスをぶらさげたり
手帳の開き止めにしたり
カードホルダー代わりにしたり

普通の人のアイディアから生まれた製品は、身近なアイテムで毎日の生活の問題を解決してくれます。Quirkyならではのアイテムと言えます。

CES2012閉幕

投稿者: ほっしぃ 日時: 15日(日) 16:42

CES01.jpg

世界中からたくさんの人たちがブースに来てくれて、たくさんの話をすることができました。ビジネスだけの話もありますし、製品についてのリクエストがあったり、人によってはかなり前からSimplismの製品を持っていたり、知っていたりしてくれる人もいて、勉強にもなりつつ楽しく過ごした4日間でした。ずっと立っているので、辛いといえば辛いのですが、それでも製品の話をしているとあっという間に過ぎてしまった4日間でもありました。

CES02.jpg

最終日は午後4時で終わり、すべてのブースが一気に解体を始めます。私たちのブースも一気にバラシにかかります。綺麗に飾り付けていたブースがあっという間に更地に戻ってしまうのは少し寂しい感じもします。

CES03.jpg

一緒にブースを作って、解体をしてくれたBlueloungeのメンバーと最後に一緒にワンショット。大変だったけど、充実したCES 2012でした。来場していただいたみなさま、ありがとうございました。これからSimplism製品がより多くの国で展開されるよう、頑張っていきたいと思います。

CES04.jpg

最後はアメリカならではの大きなローストビーフなどもいただき、ラスベガスの煌びやかな夜にお別れをして、約一週間の旅が終了です。

CES05.jpg

CES2012開催中

投稿者: ほっしぃ 日時: 11日(水) 16:20

※このエントリーは日本時間の2012月1月11日(ラスベガスでは1月10日)に書いたのですが、ネット回線の調子が悪く、最終的に投稿できなかったモノです。時すでに遅しになっている感もありますが、そこらへんご理解ください。

CES01.jpg

今日からCES 2012が開幕しています。必死に作った手作りブースもかなり良いイメージを作り上げられたと思います。他のブースを見て回ったお客さんたちからも、他よりも良いブースだと褒めていただきました。たしかに、周りは大きいところも多いのですが、どうしても業者に頼んでいるので作り込みすぎているところもあったり、デザインが展示会っぽすぎる部分があるように思いました。

CES02.jpg

今年は昨年に比べて3倍のスペースがiPavilionとして、iPod/iPhone/iPad系の製品を扱うブースが出展しているのですが、かなりの割合でケースのメーカーが多いために、どこまで違いを出していけるのかが課題になってくるところです。今年は、正直に言えば目玉と言えるほどの製品がなくてインパクトに欠けるところがあったので、来場者が立ち止まってくれるか、それからの進展があるかどうか心配していたのですが、初日はかなり忙しい1日になったのでホッとしました。

CES03.jpg

まだまだ周りを見る余裕はないのですが、素材感やカラーバリエーション、パッケージなども含めた製品全体としての完成度は負けないと信じていますし、細かいところをかなり工夫して作っていると思うので、そこらへんを評価していただいたのだと(勝手に)思っています。

あと3日、がんばってここらへんを多くの人に伝えていきたいと思います。

CES04.jpg

ラスベガスといえば

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(火) 18:19

LAS01.jpg

カジノや巨大で煌びやかなホテル、エンターテインメントなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、実のところ、そういう事もたくさんあるとは思いますが、私たちは至って普通のホテルに泊まっております。煌びやかでもありませんし、カジノもありませんし、当然エンターテインメントはありません。個人的にはそれらのどれも、特に興味がないのでラスベガスといってもあまりときめかなかったりするわけです。

LAS02.jpg

このEmbassy SuiteというホテルはCES会場まで歩いて行ける距離というのが最大のメリットで、特にラスベガスっぽくないのですが非常に重宝しています。CESくらい大きな展示会だと、周辺ホテルまでバスが出ていたりするのですが、どれもとても混んでいて並ばなければいけなかったり、自由に移動ができなくなるので、今はラスベガスに展示会に来たら必ずここに宿泊するようにしています。

LAS03.jpg

LAS04.jpg

今回は高層階の端っこということで、バルコニーが広く作られており、外を眺めることができます。下の写真の右の方にある白い建物が展示会の会場のところですから、本当に近いです。

ラスベガスに出張ということで、羨ましいという人が多いので、想像しているところとは違うところなんですよ、ということを知らせるためのエントリーでした(笑)

Consumer Electronics Show 2012に出展します

投稿者: ほっしぃ 日時: 9日(月) 16:21

CES01.jpg

ニュース告知としては少し遅れた感が強いのですが、1月10日からアメリカラスベガスで開催されるConsumer Electronics Show 2012(CES 2012)にブースを出展します。これまでも出展をしていましたが、引き続き海外に向けて当社製品を展開するために世界中のバイヤーが集まるCES 2012でSimplism製品の良さを伝えていこうと思います。

というわけで、土曜日の夕方に成田空港を出発、土曜日の朝にサンフランシスコに到着し、飛行機を乗り換えてラスベガスに到着しました。

CES02.jpg

昨年も同じような紹介をしたかもしれませんが、CESは世界最大の家電見本市で、世界中の名だたるブランドが一堂に会し、2012年を占う新製品を発表する場です。一昨年からここにApple関係の製品も展示するスペースができ、私たちもMacworldから引っ越ししてきています。

CES03.jpg

CES04.jpg

CES05.jpg

今回も当社取り扱いブランドであるBlueloungeとのジョイントブースでシンプルかつエレガントなブースを自分たちの手で作り上げようということで、インドネシアの工場で作った部材を船で運び、組み立てからみんなでやりました。普通のブースは業者に頼むのですが、苦労して自分たちで作れば愛着も湧きますし、なんといってもコストが圧倒的に低く抑えられます。一般的なブースの1/3もしくは1/4くらいの費用で作ることができます。

これから、世界中の人たちに製品を見てもらい、話をすることができるということで今からとても楽しみです。

Simplism新作Tシャツ完成

投稿者: ほっしぃ 日時: 8日(日) 14:46

Tshirt01.jpg

もう2012年に入っているのですが、またまたクリスマスネタでスミマセン。Simplismクリスマスキャンペーンに向けて製作したSimplismオリジナルTシャツができあがりました。上記のようなイメージでデザインはかなり前に終わっていたのですが、素材やシェイプなどを吟味するために少し時間がかかっていました。

一般的なノベルティTシャツは恥ずかしくて着られないモノが多いのですが、SimplismのTシャツは普段着にもできることを目指してデザインされていますので、普段から着ていただければと思います。なお、いろいろとこだわって作っているので、あまり枚数がありません。これからAUGMなどのイベントでじゃんけん大会などに出そうと思いますので、出た際には決死の思いで勝ちにいってください(笑)。

Tshirt02.jpg

クリスマスキャンペーン当選者にはもうすぐお送りします(まだ抽選していません)。

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter