Trinity

TRILOGトリログ

新iPhoneとApple Watchを手に入れるためにApple丸の内へ

2019.09.21

10月1日の一大イベント間近に控えて、どうしてもすべての意識がそちらに向かってしまうため、新iPhoneとApple Watchを1分1秒でも早く手に入れたいという気が起きなかったのと、どうしても並ぶのは時間がもったいないということもあって、ネットで予約後に店舗受取としてお昼過ぎくらいに行ってきました。Apple丸の内はオープン以来行ったことがなかったということもあって、どんなものかと見に行きたいということもありました。

当日は早朝8時から営業しているので、まっさきに受け取りたいという方々は毎年恒例の行列を作っていたようですが、お昼過ぎに到着してもまだ並んでいる人がいました。予約をされていない方々が長い行列を作っていたので、どうして予約しないのだろうと思ったら、店舗の在庫とオンラインストアの在庫は別なので、オンラインストアでは当日希望の機種、カラー、容量が選べなかったとしても店舗に来ると手に入れられる可能性があるということでした(すべての方がその目的なのかは分かりません)。

予約していたとしても、少しだけ並んで待つことになりました。店舗に入る前に、予約メールにあるQRコードを読んでもらい準備しているのかなと思いましたが、店内に案内されてからさらにQRコードを読み取って、そこから手配していましたので、受け取るまでに10分以上かかり、Apple Watchとは同時に手配できないということでiPhoneを受け取ってからさらに10分以上待ちましたので、結構滞在時間は長くなりました。

Apple丸の内は駅からも近く、広々としていて素敵でした。もしかすると、我が街新座からは丸の内が一番アクセスが良いのかもしれません。

ちなみに、今回はiPhone 11 Proのミッドナイトグリーンを選択しました。新しい色であるということと、長年ブラック系(その時によってジェットブラックだったり、スペースグレイだったりしますが)もしくはシルバーを使ってきたので、何かしら変えたかったというのがあります。実際、かなりこのミッドナイトグリーンは売れ行きも良いようで、Apple丸の内の店員もそればっかりお渡ししていると言っていました。

Apple Watchは本当はセラミックやチタンを試してみたいと思ったのですが、こちらは別途検証したいこともあって9/20に手に入れたかったので、ステンレスタイプにしました。

基本的には当面の間は現在持っているiPhone XS Maxをメインに、サブとしてiPhone 11 Proを使います。これは仕事で使っている中で、最新OSの作法などに慣れずに時間がかかったり、上手くいかなかったりすると大きく影響を受けるためです。Apple Watchの方はあまり変わらないように思ったのと、iPhoneがあればできることばかりなのですぐに以降をして使い始めることにします。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す