Onus_bonus2.jpg Onus_bonus2.jpg

コロナ禍にありつつも、2020年度業績連動分配金を支給

2021.08.09

当社は2020年度の決算作業をすべて終え、納税も済ませたのが2021年6月末で、その後に社員の評価や報酬の改定、および業績連動分配金(山分けと呼んでいます)の配分を行ない、報酬については7月度給与振込から反映、業績連動分配金は8月一日(最初の営業日)に振込をする仕組みとなっています。

コロナ禍にありつつも、2019年度(2019年5月〜2020年4月)は大きく業績を伸ばし、さすがにかなり落ち込むのではないかと見られた2020年度(2020年5月〜2021年4月)も、それなりの成績を収めることができました。

その上で、一人当たり平均で「1,312,816円」の業績連動分配金を支払うことができました。なお、対象者は34ヶ月超連続勤務した正社員です。これは私自身も誇りに思うことですし、会社全体としても喜ぶべきことです。その上で、2021年度(2021年5月〜2022年4月)の社員における平均年収も「5,245,524円」となり、平均値としては大きく上昇しました。これは中小企業としては平均値をかなり大きく上回るものです。しかも、この平均年収は上記の業績連動分配金を含まない金額です。

日本の企業の9割以上を占める中小企業。 「中小企業の平均年収はどのくらいなんだろう?」と疑問に思っていませんか? 先に結論を伝えると、 中小企業の平均年収は、300~400万円 であり、大企業とは大きな差があります。 本記事では、中小企業の詳しい年収について解説します。 年収が高い企業や、年収アップを目指す方法についてもチェックするので、ぜひ最後までご覧ください。 「市場価値」とは、あなたの経験やスキルが、企業からどれくらい必要とされているかという評価のこと を言います。 実は、約7割のビズリーチ会員が市場価値を確かめるために利用しています。 「 ビズリーチ 」は、企業やヘッドハンターからのスカウトで転職ができる仕組みです。 思いもよらない大手企業や年収が大幅にアップできる企業からのスカウトが直接来ることがあるので、早めの登録が転職を成功させるための鍵になるでしょう。 すでに、あなたの経験やスキルを求めている企業がいるかもしれない ので、まずはスカウトを受け取れる状況を作っておくことが重要です。 職歴を入力して待つだけで転職できる受け身型の転職サイト なので、自分の市場価値を確かめるためにも、隙間時間を利用して登録を行っておきましょう。 この章では、 中小企業の年収 について解説します。 まずは、中小企業とはどのような企業なのか、定義を見ていきましょう。 中小企業とは、以下に該当する企業を指します。 製造業その他 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は 常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人 卸売業 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は 常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人 小売業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は 常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人 サービス業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は 常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人 (引用: 中小企業・小規模企業者の定義|中小企業庁 ) 中小企業全体の平均年収は、300~400万円程度(次の章で詳しく解説します)。 国税庁の「 平成30年分民間給与実態統計調査」によると、日本の平均年収は440万円なので、 中小企業の年収は平均に近い といえるでしょう。 中企業の平均年収は「男性381万・女性289万円」 平成29年度賃金構造基本統計調査の概況における 中企業の平均賃金をもとに、平均年収を算出しました 。 (参考:) 平成29年賃金構造基本統計調査の概況 ※調査における中企業の定義:労働者数が100~999人 小企業の平均年収は「男性351万・女性267万円」 平成29年度賃金構造基本統計調査の概況における 小企業の平均賃金をもとに、平均年収を算出しました 。 (参考: 平成29年賃金構造基本統計調査の概況) ※調査における小企業の定義:労働者数が10~99人 引き続き中小企業の年収と、大企業の年収を比較してみましょう。 平成29年度賃金構造基本統計調査の概況における 大企業の平均賃金をもとに、平均年収を算出しました 。 大企業と中企業・小企業を比較し、どれだけ差があるかを表にまとめました。 全体でみると、 大企業と中小企業とでは100万円近い差があります 。 また、男女を比較すると、女性よりも男性の年収差が顕著となっています。 この章では、20代・30代・40代・50代といった中小企業の年代別平均年収を解説します。 (参考:) 平成29年賃金構造基本統計調査の概況 ※調査における中企業の定義:労働者数が100~999人 ※男性のみの数値です 20代で200万円台、30代で300万円台、40~50代で400万円台となっています。 同データによると、大企業で働く男性の場合、50代で年収600万円も目指せます。 (参考:) 平成29年賃金構造基本統計調査の概況 ※調査における小企業の定義:労働者数が10~99人 ※男性のみの数値です 20~30代は中企業と同水準の年収になっていますが、40~50代になると、年収差がはっきりと現れます。 ただし、中小・零細企業だからといって年収が低いわけではありません。 その詳細は、次の章でチェックしてみてください。 この章では、 中小企業の平均年収ランキング をご紹介します。 東洋経済オンラインにて、紹介されている 平均年収の高い中小企業 …

業績は社員全体で作るものであり、目標への達成度など含めた評価制度により多少の前後はあるにせよ、好決算による果実は社員がしっかりと受け取るべきというところが実践できたのではないかと思っています。これまで15年間運営してきて、このような良い形を作り上げられて嬉しい気持ちでいっぱいです。

今後も弛まぬ努力と挑戦により、この流れを続けていきたいと考えていますので、引き続きトリニティ株式会社にご期待ください。

いつも、これが頂点で転げ落ちていくしかないのだから、そうならないように頑張っていかなければいけないと身を引き締めています。全力を尽くして、結果が出た時には本当に嬉しいですね。現在は、私というよりも、社員全員がしっかりと回していけるようになってきたのが好業績の大きな要因だと思いますので、そこから新たな道を切り拓いていければ、さらに高いところにいけるのだと思っています。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す