Kiho1.jpg Kiho1.jpg

【開発者の裏技】保護フィルムの気泡の抜き方

2021.12.17

Kiho1.jpg

スマートフォンの保護フィルムやガラスの貼り付けは難しい…と思っている方で、大変だと思っているのは、

  • 位置合わせが難しい。
  • 埃が入ってしまう。
  • 気泡がうまく抜けない。

のいずれかが原因なのではないでしょうか。

位置合わせについては、当社製品であれば「貼るピタZ」というシステムで、簡単にできるようになっています。埃の混入についても付属しているアルコールシート、埃取りテープで除去いただけます。

最後の気泡が残る、というところについてはなかなか解決策が見つからない、という方が多いのではないでしょうか。画面がフラットなiPadやiPhone 12、13シリーズではあまり問題になりませんが、ガラス面が湾曲しているiPhone SEや、Apple Watchなどでは顕著に問題が出てきます。

湾曲しているガラスでなぜ気泡が残るのか、2パターンに分けて図解いたします。

その1:気泡を押し出して消えたと思っていても数分後にまた気泡ができているパターン

Kiho3.png

上図のように、ガラスの端まで気泡を押しやってもペイント部分の下に隠れているだけで、また戻ってくることがあります。

その2:ガラスの湾曲部分に気泡が引っかかって押し出せないパターン

Kiho4-1.png

上図のように、湾曲した部分に気泡が引っかかってしまい、押し出せないことがあります。

上記2つのパターンどちらでも対応できる貼り付け方法をご紹介いたします。

Kiho5.jpg

このウェアラブルはHUAWEI社のBAND 6という端末になります。画面を手首にしっかりと沿わせてコンパクトに納めるために、ガラス面が大きく湾曲しています。

このため、保護フィルムについても大きく湾曲させなくてはなりません。それが故に気泡を押し出すことが難しい形状になっています。

そこでこのような気泡の抜き方を動画にしました。

ポイントは気泡をフィルムの端まで抜き切ることと、角を少し持ち上げて押し出すことの二つになります。

Kiho6.jpg

この気泡の抜き方は他の保護ガラスすべてで効果がありますが、ガラスを持ち上げるときに粘着面に傷がついてしまうことがありますので、注意して作業をお願いいたします。

また、多少の気泡であれば、数日置いておけば蒸散して消えてしまうことがほとんどなので、何もせずに待ってみるのも一つの方法です。

このブログを書いたスタッフ

開発

ようへい

開発、生産工程に関わる。家具メーカーのセールス時代に星川と出会い、意気投合してトリニティに転職。製品開発で中国に何度も通ううちに辛い食べ物に覚醒。隙があれば食べ物にハバネロソースをかけてしまうため、周囲から嫌がられている。

ようへいのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す