• ホーム
  • トリログ
  • iPhone
  • 【保存版】iPhone 14とiPhone 13アクセサリーの互換性とパッケージ表記が分かりにくいのを解説、スッキリ解消。

20220919_iphonemodels.jpg 20220919_iphonemodels.jpg

【保存版】iPhone 14とiPhone 13アクセサリーの互換性とパッケージ表記が分かりにくいのを解説、スッキリ解消。

2022.09.19

以前からお伝えしているかと思いますが、当社ウェブサイトのコンテンツとして一番アクセスが多いのは、このトリログです。その中でもiPhoneやiPadなどの端末が発売されたときに人気コンテンツになり、その後もずっとトップをキープしている記事があります。

みなさんこんにちは、企画開発のkankanです。 iPhone 14シリーズが発表になりました。 今年はminiがなくなり、6.1インチが2サイズ、6.7インチが2サイズの合計4端末になっております。 特に注目すべきは、6.7インチのiPhone 14 Plusです。今までiPhoneは大きいサイズだとスペックも価格も1番高いモデルだったので、大きいサイズが欲しい人は必然的に最高スペックで高価格のPro Maxを選ぶしかありませんでした。 そこにiPhone 14 Plusという、サイズは大きいけどカメラを2眼にしてスペックと価格を抑えたことで、シンプルに画面が大きいのが欲しい人にも選べるようになりました。 そんなiPhone 14シリーズですが、iPhone 14とiPhone 14 Proの6.1インチの端末、iPhone 14 PlusとiPhone 14 Pro Maxの6.7インチの端末、それぞれ同じインチ数なので、カメラの数だけ違って、あとは同じじゃないの? と思われるかもしれませんが、実は全然違うものになっています。 iPhoneアクセサリーを選ぶときも非常に間違いやすいので、まずは第1弾として、iPhone 14とiPhone 14 ProをiPhone 13シリーズと比較してご紹介致します。 ※iPhone 14 PlusとiPhone 14 Pro Maxの違いもご紹介していますので、あわせてご覧ください。 まずはiPhone 13とiPhone 14の違いです。 実はiPhone 13とiPhone 14は端末の縦幅と横幅は同じになります。 では何が違うのかというと カメラがiPhone 13より大きく厚くなっています。あと若干ではありますが、端末の厚みも厚くなっています。 カメラのサイズや厚みが違いますが、本体サイズはほぼ同じということになります。 ほぼ同じなら、同じケースが使えるの? という部分ですが、「 使えます!! 」 SimplismのiPhone 14用のケースはiPhone 13で使えるように設計しておりますので、iPhone 13ユーザーの方にも最新のケースを使うことが可能です。 ただし、1点注意が必要です。
みなさん、こんにちは、企画開発のkankanです。 前回 iPhone 14とiPhone 13、iPhone 14 ProとiPhone 13 Proの違い をご紹介しましたが、今回は6.7インチのiPhone 14 PlusとiPhone 14 Pro MaxをiPhone 13 Pro Maxと比較してスマホアクセサリーメーカーの視点でご紹介いたします。 まず最初に 前回のブログ でも冒頭で少し触れましたが、今回注目すべき端末はiPhone 14 Plusだと個人的には思っています。 自分は通勤時間が長いので、その時間でYouTubeや映画をよく見ます。iPad mini(第6世代)も愛用していますが、電車の中でiPadでYouTubeや映画を見るのはなんとなく恥ずかしく、iPhone 13 Proで見ています。 YouTubeなら特になんとも思わないんですが、映画となるとやっぱり6.1インチは小さいなと思ってしまうことも多々あったので、6.7インチのiPhoneは魅力的です。 いやいや、6.7インチならすでにPro Maxがあったでしょ! と疑問に思われた人もいるかと思いますが、正直Pro Maxは価格が高い…。 今回円安の影響で全体的に価格は値上がってしまいましたが、それでもiPhone 14の次の価格帯で、iPhone 14 Proより画面が大きく安いiPhone 14 Plusは、非常に魅力的なサイズであると思うわけです。 そんなこんなで早速違いを見ていきましょう。 今回新登場のiPhone 14 PlusはiPhone 13シリーズだと純粋な比較対象がいませんので、同じインチ数であるiPhone 13 Pro Maxと比較します。 iPhone 14 Plusは、実はiPhone 13

トップ1, 2は上記のiPhone 14シリーズ向けですし、下記は昨年モデルのiPhone 13シリーズが出た時にiPhone 12との違いについて解説している記事と、iPhone SEの世代やiPhone 8との違いを解説している記事です。

みなさんこんにちは。企画開発のkankanです。 ついに新しいiPhoneが発表されましたね。 今年のSimplismのラインナップも発表になりました。毎年私は、Simplismのラインナップを決めるときに裏テーマを決めております。 ズバリ、今年のテーマは 【コスパがヤバい】 です !! 特に今年のケースはどれもが高スペック&低価格で、非常にコストパフォーマンスが高いラインナップになっております。ぜひとも確認していただければ! さて、そんなオススメなiPhone 13シリーズのケースですが、すでにiPhone 12シリーズを持っている方も、これからiPhone 13シリーズを購入しようと考えている方も、ケースを購入する際に注意点がございます。 今回は6.1インチサイズのiPhone 13とiPhone13 Proを中心にお話ししたいと思います。 iPhone 13とiPhone 13 Proは端末のサイズは同じです。 またiPhone 12とiPhone 12 Proと端末のサイズはほぼ変わりません。 端末の縦横のサイズはiPhone 12 = iPhone 12 Pro = iPhone 13 = iPhone 13 Proとなります。 ただ厚みはiPhone 13シリーズがiPhone 12シリーズと比べ0.25mm厚くなっています。 先ほどほぼ端末は同じサイズ(縦と横ですが)とお伝えしましたが、では例えばiPhone 12 / iPhone 12 Proを使っている人はiPhone 13 / iPhone13 Proのケースは使えるの(逆もしかり)? という気になる部分ですが、先に結論を言いますと 端末は同じサイズでも、電源ボタンとボリュームボタンの位置が違います。

私は「違い」や「使える?」ということが多いので、「違いシリーズ」と呼んでいますが、これらが人気コンテンツになるということは、実際に分からないという人が多いからでしょう。iPhone本体の過去機種やシリーズ内での違いなどは解説されている記事が多くあります。アクセサリーの互換性についてはなかなかしっかりと情報を得られないことが多いと思います。

iPhone 14/iPhone 13アクセサリー互換表

何が何に使えて、何は何に使えないのか。これを店頭でもよく聞かれますし、実は店員の方々も説明に困ったりしているので、早見表を作ってみました。基本的にはSimplism内での互換性として出していますが、他のメーカーも同じと考えて良いでしょう(保証や補償はしませんのであしからず)。ちなみに、すべて非互換となるので表を作っていませんが、保護レンズに関してはすべての端末において新旧iPhoneで非対応となります。その方がわかりやすいとも言えます。

店頭パッケージ表記の注意点

上記の早見表で全体的な端末とアクセサリーの互換性については一目瞭然になったかなと思います。ただ、ひとつ注意しなければいけないのは、もし店頭で製品を見つける場合にはiPhone自体の表記とアクセサリーの対応機種の表記が異なるということです。

下記に拡大して画像をアップしておきます。1段目がiPhoneとしての正式名称です。2段目は現在店頭で販売されているパッケージにおける端末表記です。3段目は近日中に変わる表記となります。

なぜ、ややこしい表記がされてないアクセサリーが店頭に並んでいるのでしょうか。これは、アクセサリーの販売タイミングとiPhoneの正式名称の確定のタイミングということになります。

iPhoneアクセサリー対応端末表記の裏側

ここからは、業界内部の裏話になります。秘密情報なので、読んでも拡散したり、人に教えてはいけません。

「デジタルライフを豊かにする」をスローガンに、スマートフォンアクセサリーをはじめとした、デザインや使い心地に優れた製品を企画・開発するトリニティ株式会社(代表取締役:星川 哲視、本社:埼玉県新座市)は、米国時間9月7日にApple社より発表されたiPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxに対応した各種アクセサリー製品を発売いたします。 パッケージにARを導入し、店頭にて貼り付けステップを体験できる、進化した画面保護ガラス貼り付けツール「貼るピタMAX」も登場。 新製品は、全国の家電量販店、および雑貨店にて発売予定です。トリニティオンラインストアでは本日より予約販売を開始し、端末発売日前日までにお届けいたします。 ※ 製品により、iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxでラインナップが異なります。 ▶︎ iPhone 14シリーズ製品 全ラインナップ また本日9月8日(木)19時より、Apple Event開催記念として、当社の開発責任者とともに開発秘話やおすすめ製品をYouTubeLIVEにて生解説します。 その他、今回の発売を記念して、iPhone 14本体をプレゼントするキャンペーンなど、さまざまなキャンペーンを順次開催予定です。 ▶︎ キャンペーンスケジュールはこちら 背面は傷に強いアクリル素材で傷から守り、側面はやわらかなTPU素材で衝撃から守る、ハイブリッド構造クリアケースです。表面硬度5Hのウルトラファインアクリル素材を背面に採用し擦り傷から守ります。 定番のシンプルなケースではありますが、今年は昨年より進化しています。 カメラを守るため、厚くなっていた昨年のモデルが今回、カメラ周りを厚くする改良により、カメラ部分以外の厚みが12.6mmから10.7mmへと約2mmも薄くなり持ちやすくなりました。 カメラガードを厚くすることにより、ゴミや埃の侵入も防ぎます。 ▶︎特長 背面に傷に強いアクリル素材を採用 側面にしなやかなTPU素材を採用 落下時も安心の衝撃吸収ケース 米国軍事規格「MIL-STD-810G」準拠 ストラップホール装備 ボタン周りの凹凸もしっかり保護 ▶︎対応端末 iPhone 14 iPhone 14 Plus iPhone

iPhoneアクセサリーはほとんどの場合、Appleによる発表の前に用意されています。だからこそ、Appleの発表直後にリリースを配信できるわけです。本筋ではないので割愛しますが、製品自体はさまざまな形で正しい情報を元に製造をしているのでほとんどの場合問題ありません。

しかし、唯一最終的に確信が持てないままリリースするのが製品名称です。製品名称はAppleがマーケティングとしてどのようにアピールするかによって大きく変わる可能性があります。たとえば、iPhone 9が存在しなかったように、iPhone 8の次にはiPhone SEと変わりました。これはハードウェアとしての製造側から見ると絶対にわからないことです。

したがって、当社に限らず各社、製品としての特徴をパッケージに表記して出荷し、その後にランニングチェンジといって次の生産から表記を変えていったり、当社製品であれば店頭で追加シールを貼り付ける作業を行ないます。

オンラインストアであれば、ページの表記を置換してしまえば良いだけなので、迷うことはありません。現に上記のプレスリリースや当社オンラインストア、Amazonや楽天などのオンラインストアでは発表時から正式名称として記載しています。

物理的に印刷をして、事前に店頭に並べておく必要がある製品だけがこの影響を受けるということになります。もちろん、わかりやすいように最大限の表記の工夫は行なっています。たとえば下記の製品はパッケージ自体にカメラの部分を印刷してあるので、自分のiPhoneと見比べればわかるようになっています。iPhone SE用製品の時にはやっていなかった工夫となります。

iPhone14シリーズ[Turtle] | トリニティ」より

この特徴を表した文字表記もよく考えた上で印刷してあります。iPhone 14は2020年発売の6.1インチ2眼モデルとなりますし、iPhone 14 Proは同じく3眼モデルとなるわけです。これらの製品の違いは画面サイズとカメラの数が見分けるための大きな特徴だからです。

というわけで、店頭で購入する際には、Simplismの早見表を見て、Simplism製品を購入すれば間違いありませんのでお間違いのなきよう。

もうひとつだけこっそりと教えましょう(絶対に内緒ですよ)。店頭でたくさんの製品が並んでいる際に、この2022年6.1インチ2眼モデルというような表記をしていて、ステッカーなどで対応iPhoneの上書きがされてない製品は「売れてない」といえます。

売れていれば新しい表記のものに変わっていくからです。今後、数ヶ月は混在してしまう場合がありますが、少し経つとiPhone 14というようなAppleによる正式表記に変わっていきますので、それでも残ってしまっている表記の製品は「売れてない」ということが言えるわけです(例外はありますが、その説明は割愛します)。

今年のSimplismの売れ行きを確かめに店頭に見に行くというのも面白いかもしれません。もしも、その際に購入していただいたらこんなキャンペーンも実施中です。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「Simplism」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す