Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

期待していたのに触れられなかったこと

投稿者: ほっしぃ 日時: 31日(木) 23:18

世界で一番薄いノートMacBook Airのアメリカでの出荷がアナウンスされていましたが、私の購入したMacBook Airの出荷日は2月6日となっています。アメリカから遅れて1週間程度なら、そんなものかなと思っていたのですが配達予定日を見るとなんと2月13日。海外から直接送られてくる模様です。きっとAirで来るんでしょうね。

さて、今年で最後というMicrosoftのBill Gates氏よりも周囲の注目が集まっていたというSteve Jobs氏の基調講演ですが、MacBook Airの華々しいデビューとは裏腹にサラッと流されてしまったことがいくつかあります。

Air01.jpg

・iPhoneの今後の展開

特に「アジアは2008年」というキーワードを残して昨年の基調講演は終わり、その時の予定通り昨年後半にはヨーロッパでの展開が開始されました。今年はアジアの番だろうと、特に日本についての言及が何かしらなされるのではないかと期待していましたが、400万台出荷したということと新しいファームウェアの話だけでサラッと流れてしまいました。

日本は3G携帯の国なので、明らかに端末に変更を加えないと発売できないわけで、2G携帯として売っている他の国、そしてこれから発売される国々があるはずなので、それに先んじて3G対応のiPhoneを出すわけにはいかない、という販売戦略的な意味合いが強いのではないかと思います。技術的な部分での問題はそれほど大きくなく、キャリアもますます好調のソフトバンクモバイルと手を組むことにすればすぐにでも開始できそうです。

我々にとっては残念ではありますが、もう少し後のお楽しみとなってしまいそうです。

・ディスプレイ

昨年でしたか、ディスプレイが出るのではないかと豪語していろいろ予想した割にまったく触れられずに終わったのは。今年は特に何も書きはしなかったのですが、密かにディスプレイがこっそり出るのではないかと思っていました。もちろん、iSight内蔵モデルです。

外観などはほとんど変わらずにマイナーチェンジ的な形で、ウェブだけでこっそり新製品が出ているというパターンです。LEDになるまで出ないのではないかという意見に懐疑的だったのですが、もしかしたら謝る必要があるかもしれません。

それにしても、現在Mac ProとMac miniのユーザーにはAppleからのソリューションとしてLeopardでも機能強化されたiChatを使用したビデオチャットを行なうことができません。サードパーティからUSBカメラがいろいろ出ているからそれで良いという判断なのでしょうか。

Macworld前にMac Pro、Macworld後にiPod nano Pinkなどちょこちょこと細かくジャブを出す形でディスプレイも出るのかもしれません。次はMacBook Proのようですが。

ぎりぎりのプレゼン終了

投稿者: ほっしぃ 日時: 27日(日) 17:46

AUGMOsaka200802.jpg

さて、やって参りました大阪は福島。AUGM大阪は盛況に開催しており、私は自分の番が終わったので他の方のプレゼンを横目にエントリーを書くなどという不届きなことをしております。

みなさんは締め切りがある仕事があった場合、いつ頃着手しますか? 私は直前です(笑)

実は今回は本当の直前ではなく前日の夜から着手したのにもかかわらず、最終的に仕上げたのはプレゼン時間の10分前程度。前のプレゼンが少し早く終わってしまって焦ったりしましたが、終わりのところは先に作っておいて、真ん中を時間がある限り膨らましていくという手法なため、中身を気にしなければいつでもできるといえばできるのですが...。

AUGMOsaka200801.jpg

今回はCES(Consumer Electronics Show)のレポートというお題をいただいていたので、Macworldの話をしたいと思う気持ちを抑えつつのプレゼンとなりましたので、あとはどこで受けを取れるかだけが最重要課題でした(笑)

紹介しきれないものもいっぱいあり、もっと前からちゃんと準備しておけば良かったといつも後悔するのですが、これがなかなかできないもので...。

さて、これから本命の打ち上げです。

iPhone/iPod touch用Webclipアイコン

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(水) 17:50

WebIcon.jpg

今回、アメリカに渡って初めてiPhoneを電話として使用したのですが、普段使用している日本のケータイが極薄のモデルを使っているだけに、多少大きさと重さに違和感を感じたのですが、使ってみるとアドレスブックからのコールなど便利だったり、SMSも使ってみましたがこれもiChat風になっているのであたかもチャットしているように会話ができて楽しかったです。

そんなiPhoneですがMacworldにてバージョン1.1.3のアップデートが発表され、ホーム画面のカスタマイズおよびウェブページのブックマークをホーム画面に配置できるウェブクリップ機能が追加されました(それ以外もありますが、とりあえずここではおいておきます)。

このウェブクリップ、favicon(ファビコン)のようにアイコンを設定することができると言うことでさっそく当社ウェブサイトトップページこのTriLogにアイコンを設定してみました。これで、この2つのページをウェブクリップにした場合には、当社ロゴのアイコンが表示されます。作り方は非常に簡単で、下記の2ステップだけです。

・57x57ピクセルのpng画像を用意し、適当なファイル名(customicon.png)で表示させたいページのディレクトリにアップロードする。
・ページのHTMLのタグ内に
<link rel="apple-touch-icon" href="/customicon.png"/>
と記述する。ディレクトリパスを記述すれば別のアイコンをそれぞれ置くことも可能です。

なお、ホーム画面に登録される際には自動的にiPhoneのアイコンらしいツルツルなエフェクトがかけられます。アイコンがない場合は自動的にWebページの縮小版がアイコンに設定されますが、小さくてよく見えないのでアイコンを設定する方が良いでしょう。

Apple User Group Meeting in Osaka開催

投稿者: ほっしぃ 日時: 22日(火) 23:52

日曜日の夜に帰国してすぐに溜まりに溜まった仕事を何とかこなしているウチにあっという間に2日が過ぎてしまって少し焦り気味ですが、MacBook Airは2〜3週間となっていたのに配達予定日が2月13日というのは4週間ということではと困惑気味ですが、みなさんのMacBook Airはいつ頃到着予定でしょうか。

プレゼンをする企業として「トリニティ」と名前があってもあまり誰もそれを理由に足を運ぶことはないんだろうなと思いつつも、いつもわがままをいって参加させてもらっているApple User Group Meeting in Osakaが今週末の1月27日に開催されます。

日時: 2008年1月27日(日)14:00〜18:30(13:30開場)
会場: マイクロソフト株式会社 関西営業所 会議室 大阪府大阪市福島区福島5-6-16 ラグザタワーノースオフィス

もちろん、参加は無料ですのでApple製品のユーザー(iPod含む)、Apple製品をこれから買おうと思っている、トリニティのファンの方々など是非ともご来場ください。

私のプレゼン内容はCES 2008ということになっていますが、面白い事ができるかどうかはかなり謎です(毎回そう書いていますが...)。また前日にバタバタしてしまうとは思いますが、少しでも興味を持っていただけるようにがんばりますのでよろしくお願いします。

なお、当日はだんだんと盛り上がりを見せている大阪府知事選の投票日となっています。大阪府のみなさまは投票に足を運ばれましたら、そのままAUGMに来ていただけると良いのではないかと思います。

それでは、日曜日にお会いしましょう。

MacBook Airだけではない

投稿者: ほっしぃ 日時: 18日(金) 16:38

Air01.jpg

前々から、「軽くて薄いMacBookが出たら買うんだけどなぁ」と嘆かれていた皆々さまは「もちろん」購入されたことでしょう。かくいう私も賛辞を呈しただけではなく、1台購入しました。なお、SSDは価格に見合うとは思えなかったので標準のハードディスクモデルです。

世間的には賛否両論もあるようですが、希望を言い出したらきりがないわけで、そして薄さを実現するためにはある程度のトレードオフはあるわけで、それほどアメリカ市場に渇望されていたわけではなさそうなMacBook AirをAppleが作ったという事実をしっかりと受け止め、消費者として最大のエールである「購入」を賞賛の証として送るのが正式な作法なのではないかと思います。

さて、今回のMacworldはMacBook Airだけではありません。Steve Jobs氏の基調講演をベースに考えると下記の項目が発表されました。

・Airport(日本ではAirMac)ベースステーションにHDDを内蔵した「Time Capsule」
・iPhone/iTouch向け新ファームウェア
・映画のレンタルサービスとApple TVバージョンアップ

Timecapsule01.jpg

Time Capsuleについては、LeopardのTime Machineがネットワーク越しのファイルサーバーをバックアップ先に指定できないということがひとつの不満でしたが、これで解決することになります。1TBモデルで59,800円はAirMacベースステーション単体で21,800円と考えるとほんの少し割高感はあるものの、特にラップトップの場合には外出先から戻ってきた場合に、毎回HDDを接続しなければならないという煩わしさから解放されるというだけでも「Air」の価値は大いに見いだすことができるといえます。これは「買い」のアイテムだといえます。

iPodtouch01.jpg

iPhone/iPod touchの新しい機能追加は特にiPhoneにとっては無料で便利な機能が付いて他の携帯電話との差別化として好印象なのと対象的に、iPod touch側はiPhoneにもともと入っていた機能を移植した項目が多く、しかもそれほど高額ではないにせよ有料であるというのはあまり納得できることではありません。もともとiPhoneで提供されていた機能をあえてiPod touch搭載しなかったはずなのに、今になって路線を変更し、その対価をユーザーに求めるというのは、わざと出し惜しみをして後から追加することによって儲けよう、という計画だったと穿った見方をするとされても仕方がないかもしれません。iPhoneの値下げの時に、すぐに過ちを訂正したように、今回のiPod touchの有料アップグレードも見直して欲しいところです。

AppleTV01.jpg

映画レンタルサービス開始については、いつぞやのiTunes Music Store(当時)のサービス開始の時の悪夢を思い出させます。Appleの(ハードやソフトではなく)サービスの場合、日本での開始が遅れる、もしくは予定されていないことがあります。これはAppleだけの問題ではなく、日本を取り巻く環境の問題もあり一筋縄ではいかないことは重々承知ではありますが、それでも残念なことには変わりがありません。まだ光ファイバーの敷設などまったく終わっていないアメリカに比べて、日本はダウンロード販売(レンタル)をサービスインするにはネットワークという意味での環境は整っている方だといえますので、早く外堀を埋めてもらいたいところです。

Apple TVは、正直なところあまり使うことが無くなってしまっていたため、今回のバージョンアップが無償で提供されたということもさることながら、AppleとしてまだまだApple TVの付加価値を高めていく方向に進んでいくということが見えただけでも嬉しいことです。実際のところ、まだアップデートが提供されていないのですが、Apple TVはリビングで誰もが簡単に使えるように設計されているのですが、ログインや認証などが無い状況でお金を払うということができてしまって良いのかどうか...。それでも、予告編を見て気に入ったら借りて見られるという「流れ」は正しい方向であると確信しています。

ということで、今回の発表では昨年のiPhoneほどの衝撃的なものはなかったにせよ、Appleの好調さを伺えるものだったのではないでしょうか。ただし、今回の基調講演で一番残念だったのは、発表されたものすべてが何かしら事前に噂になっていたことばかりで、まったく新しい発表がありませんでした。Jobs氏お得意の「One more thing...」もなく、もう少し夢を持たせて欲しかったところではあります。

There's something in the air.

投稿者: ほっしぃ 日時: 16日(水) 6:32

「空中に何かがある」とのキャッチコピーがMacworld会場のバナーに書かれていたことから、「Air=空中=ワイヤレス」というような連想で何かしらワイヤレスに関連した製品が発表されるのであろうということが大方の予想でしたが、その期待を裏切らずにMacBook Airが発表されました。

Macworld01.jpg

Macworld02.jpg

今回も例年通り、Steve Jobs氏の基調講演はライブ中継を見ることにしてあまり早起きせずに、真っ先にMacworldの会場に足を運びました。いつかは生で見たいなと思いつつも、ビジネスとしては基調講演よりも会場の展示を見ることの方が優先されるのです。

Macworld03.jpg

Macworld04.jpg

Macworld05.jpg

Macworld06.jpg

というわけで、さまざまなメディアで取り上げられているため、言わずとしれたMacBook Airですが、ファーストインプレッションはそのままの言葉を使うしかない「薄い」。これまで私の勝手なApple理論として、最大の市場であるアメリカマーケットにおいてそれほど必要とされていない薄型軽量型ラップトップは、そのために性能を抑えるということで実現していましたので、作るはずがないというものでした。しかし、今回のAirは大いなる「割り切り」を英断したことにより処理スピードという性能を殺さずに薄型軽量を実現したモデルといえます。

日本の目から見ると、市場にはドライブを内蔵しつつもさらに軽いモデルも存在するため、外寸・重量などの面においてこのMacBook Airがずば抜けて良いものであるとは言いがたいものがあります。しかしながら、サイズと性能というバランスをしっかりと取りつつ、滑らかな曲面を描くデザインの美しさや、iPhoneからの流れである新しいマルチタッチのトラックパッドなどのユニークなAppleらしさを織り交ぜた、総合的なマシンとしての魅力は十分にあります。

入出力端子もディスプレイ接続用のミニDVI、USB 1系統、そしてオーディオ出力の3つしかないなど思い切った「割り切り」が、かつてフロッピーディスクがまだ多く使われていた時代において「割り切って」削除するという英断を下したことを思い出させます。

Airという名前が冠されたマシンであるのに相応しく、そのほとんどをワイヤレス(=空気に通ずる)で賄うという思想は、ここ最近のトレンド、そしてこれからのトレンドの一歩先に進んでいるといえます。FireWireというAppleから産まれた規格ですが、これも見事に切り捨てられ、またネットワーク接続の基本であるEthernetですらもワイヤレスで事足りるという判断は、なかなか他のメーカーには成しがたいことであるといえます。

2008年最初の製品としてMacBook Airは歴史に残る1台であることは間違いないでしょう。

トリニティ、街になる

投稿者: ほっしぃ 日時: 12日(土) 18:01

そろそろいただいた年賀状に慌てて返信したりした年賀状もすべて届いた頃だと思いますので、ここで今年の年賀状を公開したいと思います。

Nenga01.jpg

Nenga02.jpg

昨年の年賀状を覚えてらっしゃいますでしょうか。昨年はトリニティが新しくオープンしたコンビニエンスストアというイメージで、当社のスタートをイメージしてデザインしました。

Nenga01.jpg

Nenga02.jpg

今年は、そこから「街」へと発展させていったという感じのデザインになっています。架空の街ではあるのですが、トリニティや当社ブランドのSimplismなどの施設がたくさんならんでいます。

実のところ、よく見ると恥ずかしい間違いがあるのですが、発見しても騒がずにそうっとしておいていただけると助かりいます。印刷が上がってきてチェックしたときに発見してしまったのですが、今更引き返すわけにはいかなかったのでこのまま使ってしまいました。

Nenga03.jpg

もうひとつ。最後の写真は懐かしの芋版です。印刷枚数の関係上、割と余ってしまったのですが、季節ものだということもあって後で使うわけにもいかないし、かといってたくさん取っておいても仕方がないということで、出来も良いことだしオンラインストアで商品を購入していただいた方に同梱しようということにしました(押しつけではありません)。しかし、宛名面の白い部分が多すぎるのも寂しいということでなにかメッセージを付けたいと思ったのですが、一件一件に書くわけにもいかないためにスタンプのようなものを作ろうと思い立ったのです。

ちなみに、これはサツマイモの芋版です(私の手作りです)。ご希望の方は、当社オンラインストアにてなにかしらご購入いただければ同梱されてきます。ただし、数量限定(芋が崩壊していき、最後には腐りました)ですのである時期から同梱されなくなりますが、あらかじめご了承ください。また、次の出荷は21日となりますので、こちらもあらかじめご注意ください(タイミングが悪い告知でスミマセン)。

それでは来年の年賀状も格好良いデザインで作りたいと思いますのでご期待ください(「どうせ次は「国」でしょ」とかイワナイデクダサイ)

あっという間に終了

投稿者: ほっしぃ 日時: 11日(金) 23:36

前回の計算通りがんばってがんばって歩いたのですがそれでもベネチアンというホテルの中で開催されているハイエンドオーディオ関連の展示とNorthホールというところで行なわれている車関係の展示はほとんどパスしてなおかつ最終日が午後3時で終わるのも忘れていて最後はほとんど駆け足状態で回ってホテルに帰り着くなりダウンしてしまった私ですが、こんばんは(こっちは早朝ですが)。

CES01.jpg

あっ! という間に終わってしまった感のあるCESですが、とりあえず今回の大目玉はPanasonic(社名もパナソニックになるようです)の150インチプラズマディスプレイではないでしょうか。昨年まではPanasonic自体が103インチ、Sharpが108インチでしたが、それらをごぼう抜きしての150インチには誰もが度肝を抜かれたのではないでしょうか。

厳密に言うとチューナーはついていないので「テレビ」というには相応しくない製品ではあるのですが、イメージとして「テレビ」があるため、これはそういう代物じゃないと強く感じます。ここまで大きいと家庭向けというのはあり得ないので、本来はConsumer Electronics(消費者向け家電)という展示会にはそぐわないのかもしれませんが、この大きさのディスプレイを作れる技術力というのを大きく誇示できたのではないかと思います。

引き続いて各ブースについて触れていきたいところなのですが、昨日いきなり寝てしまい、これからサンフランシスコに移動しなければいけないため、別のエントリーにまとめたいと思いますのであしからず。

CES02.jpg

ちなみに今回泊まったホテルはBest WesternというホテルグループのMardi Grasというところでしたが、昨年初めて泊まって良かったので今年も予約してきたのですが、なんといっても立地条件が良く、CES会場の2つとも歩いていける距離にあります。また、CES期間中には通常の2倍という相場なのですが、それでも元の値段が安いので「比較的」安価であるというところも気に入っています。タクシーに乗ったら、運転手のおぢさんが「日本人があのホテルに泊まっているのを初めて見たよ」と言っていました。確かに観光などで泊まることはなさそうな若干怪しげなところではありますが...。

それでは、次はサンフランシスコから。

臨時休業のお知らせ

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(木) 16:40

ラスベガスは砂漠の真ん中にあるデザートタウンだということで暖かいのではないかと思われる方も多いと思いますが、この時期は朝晩が非常に冷えます。それでも会場内は割と暖かく、上着を着ていると少し暑いくらいで、カタログ類の他に上着まで持って歩かなければいけないので、会場までを我慢して薄着でいっています。ところが、周りを見ると半袖の人がたくさんいます。この人たちは卓越した体温調整機能を備えているのでしょうか...(笑)。

さて、タイトルと関係ないことから入ってしまうのが悪い癖でした。Newsに「臨時休業のお知らせ」を掲載しました。このトリログに長い間お付き合いいただいている方は「ははん、さては」とお察しいただけたかと思いますが、理由を何度も書くのも気が引けるので、「社員研修」にご興味のある方は、昨年の今頃うだうだと書いたエントリーをご覧いただければと思います。

リンクを読んでいただいたということで...下記の休業日、大変申し訳ありませんが出荷やお問い合わせなどもお休みさせていただきますのであらかじめご了承ください。

休業日:2008年1月15日(火)〜2008年1月18日(金)

CES開催初日

投稿者: ほっしぃ 日時: 8日(火) 17:20

ファイル名を付けるときなどにいつ作成したものなのか後でわかりやすいように日付を入れているところにまだ20070108などと入れてしまって日付ソートされてどこにいったかわからなくなってしまうときがあるのですが、みなさんはいかがでしょうか。

CES01.jpg

さて、CES開催初日です。今年も約3,000社の出展があり、小さなブースから大きなブースまでさまざまな展示が行なわれています。基本的にビジネスチャンスを拾いに行っているので、そのほとんど、特に小さなブースにこそ「これから」が埋もれている場合が多いので注意してみて回らなければなりません。

約3,000のブースがあるということは、ブースの広さの大小をとりあえずおいておくとして、立ち止まるところとほぼ素通りのところも平均化したとして各ブースに対して3分を消費するとして1日8時間ぶっ続けて歩いて回ったと計算すると、3,000 × 3 ÷ 60 ÷ 8 = 18.75で約19日かかることになります...(汗)。たとえ1分で回ったと考えても6日以上はかかることになります。それを5日で回らなければいけないのでさぼるヒマがないだけでなく、必死に見ていかないと時間切れになってしまいます。

それなのに、初日の午前中はGefenブースにかかり切りになってしまいました。

CES03.jpg

今回Gefenブース(ブース番号:SL20344)は過去最大級の大きさと装飾となっており、会社としての勢いや好調さを感じさせます。実は前日に日本から持ち込んだSony製カメラ(α700)をHDMI接続してデモを行なうというためのセッティングを手伝ったのですが、展示会前日だというのにブース自体がまだ全然完成しておらず、結局ほぼ何もできずに終わってしまっていました。余談ですが、昨年のCESでは開催前日に背面の壁を移動しようとしてすべて倒れてしまったという悪夢があったようです(笑)。

α700はデジタル一眼レフカメラなのですがHDMI端子(ミニHDMI)が搭載されており、テレビと接続することで簡単に撮った写真や設定などを映し出すことができるというもので、HDMIシステムのデモには最適と思いわざわざ日本からハンドキャリーで持ち込んだのです。しかし、このカメラはなぜか言語設定が無く日本語でしかメニューが表示されないため(パッケージなどは日本語と英語が併記されている)、私がセッティングせざるを得なかったのです。

接続自体はそれほど難しくなく、すぐに表示させることができましたが、Gefen側が求めていたのはテレビ自体にカメラからの映像を映してリモコンで撮影したりすることでしたが、このカメラはいわゆるビデオカメラではないため、撮影時には映像は出力されずに撮影直後にテレビに映るというものでした。というわけで、重いのを持っていたのですがデモでは使われないことに...(泣)

そんなこんなで午後には歩き回りましたが、今日はそれほど面白いものは発見できませんでした。Gefenはいつものように「大量の新製品」を発表していましたが、それは後ほどご紹介します。

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter