TRILOGトリログ

Appleを愛するココロ ー その3

2006.07.23

初めてコンピューターを購入してからMacを使い続けてきて、仕事でもMac上で動作するDVDオーサリングシステムを販売していたので、さまざまなMacと出会ってきましたが、それまで「好き」という感じだったものが「愛する」とまで思うようになったのはMac OS Xに触れてからです。

それまでのMac OS 9までは「好き」ではあったものの「愛してる」までは感じていませんでした。それもあって、周りではいろいろと言われていましたが、Mac OS Xへの移行はスムーズになおかつ迅速に進みました。実際、Mac OS 9でしか動かないソフトというのはほとんどありませんでしたし、Mac OS 9よりもMac OS Xに惹かれていたのでMac OS 9を使い続ける意味はありませんでした。

Mac OS Xのどこが良かったのか。やはり「Look and Feel」で、OS全体の洗練された未来的なデザインといろいろな場所にちりばめられた「動き」に感動したのです。新しいフォント「ヒラギノ」とOS全体としてサポートされたアンチエイリアスのかかった文字はまさに「美しい」の一言でした。

ハードウェア的にはPower Mac G3 Blue & WhiteやiMacにはあまり惹かれなかったのですが、Power Mac G4 QuickSilverを見て、これがMac OS Xとマッチして格好良いと思って購入しました。これは今でもMac OS X Serverを動かすマシンとして活躍しています。

この頃からAppleエバンジェリスト(信奉者ともいいます)を自負して、人にMacを薦めるようになりました。以前勤めていた会社では30名ほどの社員がいた中で、会社のシステムはWindowsなのですが、個人的にはMacを持っているという人を2/3以上まで引き上げました(笑)。

今では「ただ安いだけが良い」という人以外、かなりの割合でMacを購入に至らせることができるくらいの理論武装をしています。Apple Storeで働いたら成績が良いだろうな、と(笑)。

さて、そんなAppleエバンジェリストを自負するところから、それを仕事にも持ち込むようになってました。というところで、次回へつづきます。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す