新iPodラインナップについて思うこと

2008.09.21

nano01.jpg

ようやく中国から帰ってきたと思ったら、まだまだやることがたくさんあり、いつまで経ってもバタバタが抜けない今日この頃ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

新しいiPodラインナップが発表され、それから対応アクセサリーなどの開発を終えて一段落したところで、新ラインナップに期待していたけど入らなかった機能などを書いてみましょう。

・Bluetooth

iPhoneとの差別化を図るためにも、Bluetooth機能の搭載は「ある」と見ていました。もちろん、ステレオ再生ができるプロファイル(A2DP)が組み込まれた状態です。iPhoneはなんといっても軸足は「電話」ですので、Bluetoothをヘッドセットとして使い、iPodシリーズではBluetoothを音楽再生に使うようなイメージでした。これが、iPhoneとiPodの違い、のひとつになるのではないかと思っていました。

ただ、事前の情報でiPod touchがiPhone 3Gのようなプラスチック製ではなく、iPod nanoも金属になるということだったのでBluetoothの線はないかな、と思っていたら案の定ありませんでした。

・WiFi

これも前述の理由により途中で「無い」とは思っていましたが、iPod nanoにもWiFiが搭載され、iTunes Storeからの楽曲購入も可能になるのではないかと考えていました。ただ、実際にはiPod nanoはコストパフォーマンスとサイズという大きな2つの使命があるため、なかなかそこにはたどり着けないのでしょうか。今回のGenius機能もiTunes Storeへ誘う手段として大いに有効だと思いますし、そろそろiPod nanoユーザーの層にアプローチを広げても良いのではないかと思いました。

上記の2つの機能が今後も搭載されないとなると、デザインだけでの勝負となるため、今後は厳しいのではないかと感じました。ただ、また来年には我々が思いつかないような「なにか」をやってくれることでしょう。

・Nike+

正直にいって、iPod touchへのNike+搭載はあまり考えていませんでした個人的にはあんな大きなものを支えるアームバンドだと腕がきつそうですし、どうしても大きくなるのであまり考えられません。。ただ、これは日本人的発想で、アメリカではiPod touchでもジョギングなどスポーツ中に使いますし、防水ケースなども要望が多いようです。

・iPod shuffle

ほぼ完成型ともいえるiPod shuffleは、今回カラーバリエーションが変わるだけという継続路線でした。そろそろ「なにか」が起きないといけない機種であり、実はまったく新しいものになると考えていました。その名もiPod ring。ビジュアルイメージは「ジュエルリング」(同世代の人はわかるでしょう)

・指輪のように指にはめられる
・付属のネックストラップで首から提げることも可能
 (指輪でやってる人いますよね)
・操作は指輪部分の回転とクリックで行なう
・指輪でいう宝石部分にLEDが仕込まれて再生状態やバッテリー状態などを表示
・イヤフォンは付属せずにステレオ再生とコントロールをBluetooh経由で行なう
・宝石部分が開くようになっていてMicro USBで充電
・5色のカラーバリエーション
・2GB(9,800円)と4GB(14,800円)の2ラインナップ

あってもおかしくないと個人的には思うのですが、いかがでしょう? まぁ、これは冗談としても、「新しい計画」はもう動いているようで、もしかするとそんなに遠くない将来にデビューするかもしれません。

・iPod classic

昨年9月の発表で現在の4ラインナップになりましたが、その中で売れていたのはダントツにiPod nanoでしたが、その次がiPod classic 80GBでした。当社のシリコンケースの販売数を見ても、iPod nanoアクセサリーの方が激戦区だからという理由もありますが、iPod nano用クリア(カラーバリエーションの中では一番数量が出る色)の70%程度の出荷数でした。

今回、iPod classicはなくなるのではないかという話も出ていましたが、なんのなんの。これだけ売れているラインナップを消すはずがありません。売れているから、というだけでなく、下から上まですべての価格帯を埋めるべくラインナップが練られている中で、iPod classicを埋めるものはいまのところないのです。

今回、Genius機能と一番相性が良いのがiPod classicです。120GBもの大容量ハードディスクを誇るiPod classicには自分のもつ「すべての」ライブラリーを保存して持ち運ぶことができます。容量が少なければ候補も減ってくるわけで、iPod classicであれば少なくとも自分の持っている楽曲内ではGenius機能を楽しむことができます。

今回も、iPod classicは売れると思っています。

・iPod touch

日本ではいつ発売されるんでしょうか。アクセサリーの用意はできているのですが、いかんせん本体が発売されないと困ってしまいますね。事前に予想していたのは、iPhone/iPod touchソフトウェア2.1が難航し、少し遅れるのではないかということでした。Appleが約束していた「9月にプッシュ通知サーバーの提供」がまだ終わらないので、2.1が完成しないのではないか、と。ハードウェアとしては発表しつつも、出荷は9月末、というようになるのではないかと思っていました。

しかし、実際にはあっさりとそれはスルーした上で、2.1がリリースされました(汗)。結果的には正しい判断だったと思います。プッシュ通知は基本的にiPhoneがメインの機能ですから、それをもってiPod touchの出荷に影響を与えるのは得策ではありません。

つらつらと書いてしまいましたが、まだいろいろがんばっております。発表は来週にいろいろします。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す