TRILOGトリログ

新しいMacBook Proとリモートセットアップ

2009.03.01

MacBookPro01.jpg

以前「人財募集」をしていましたが、そこから発掘したスタッフが明日から来社します。そこで、新しいMacBook Proを用意してすぐに働き始められるようにセットアップ中です。

これまではその時点で一番新しくて、最高スペックのMacBook Proを購入して自分用にし、新しく入るスタッフにはそれまで私が使っていたMacBook Proを再セットアップして使ってもらうという、権限保持者の職権を乱用した「お下がりシステム」がありましたが、今回は現行MacBook Proにいくつか不満があって、もうすぐ新しいの(マイナーチェンジ版)が出るのではないかということを期待していたので、このシステムを活用しないことにしました(いずれにせよ自分勝手)。というわけで、当社始まって以来の新スタッフが最新のマシンを使うということになります(なんせずっと「お下がりシステム」をやってきましたので)。

現行のMacBook Proの最大の欠点は、バッテリー性能が今よりも劣ることです。やはりラップトップPCの命はバッテリーですから、前のモデルよりも容量が少なくなっているというのがちょっと許せません。先日出荷が開始されたMacBook Pro 17インチのようにバッテリーは着脱できなくて構わないので、最大までセルを埋め込んでほしいところです。それと、グレア液晶もあまり好きではありません。17インチではノングレアタイプも用意されたようなので、次期15インチにも用意されることを期待しています。

書いてみると、それほど大した事ではなかったかもしれません…。

MacBookPro02.jpg

さて、そんなMacBook Pro 15インチをセットアップしていたのですが、これまでの画面共有を使ったセットアップは非常に楽ですね。そのマシンの前にいなくても良いですし、自分のマシンで作業していて、共有のウインドウだけを端に置いておけば進行状況も見えるというわけです。もちろんインストールディスクは入れ替えなければいけませんが、最近はディスクイメージにしてしまっているものも多く、シリアル番号だけを別途入力すれば良いようにしてあります。そのシリアル番号も自分のマシン上で管理しているファイルからコピー&ペーストで入力できるので、とても簡単にセットアップが終わってしまいます。

MacBookPro03.jpg

上の写真の右下がリモート先の画面で、それをちらちら横目で見つつも、他の作業をすることができるというわけです。これも、30インチディスプレイの本領発揮という感じです。新しいマシンのセットアップは楽しいのですが、それ以外にもやらなければいけないことがたくさんあるため、このようなやり方が一番効率的です。

なんだかんだいっても、仕事においてはMacBook Proは道具であって、使うことが目的ではないので、使うことによってどれだけ効率化が図れるかというのがなによりも重要なことです。これから一緒にがんばってくれるスタッフが使いこなしてくれることを期待しています。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す