TRILOGトリログ

我が街から元町・中華街へ直行便

2013.03.19

投稿者 : ほっしぃ

Shiki01.jpg

そろそろ暖かくなり上着を着るかどうか迷う今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。夜になったら寒いかなと思いつつ上着を持っていくと、一日中荷物になってしまうこともありつつ、暖かいかなと思ったら夜には風が冷たかったりと難しい毎日で、社内でも体調を崩している人が多くいます。しかし、私はこの7年間体調不良で会社を1日休んだことはありません。病は気から、というのは本当だと思っていて、1日たりとも休んだらどうにかなってしまうのではないかという脅迫感の中で走ってきたので休むわけにはいかなかったのです。

さて、さる3月16日我が街新座市に大きな大きな変革がやってきました。それは東武東上線志木駅から副都心線を経由して東急東横線に繋がったのです。

相互直通運転のご案内 | 東武鉄道ポータルサイト

東武東上線志木駅というのは厳密にいうと新座市に立地しており、建設当時すでに新座駅があったことから志木駅という名前になったのではないかと思いますが(実際にはそういう事情ではなかった模様)、新座市民の私からするとこの駅は我が新座の駅なのです。そして、その志木駅から元町・中華街行きの電車が走り出したのですから、これは本当に記念すべき出来事なのです。私が幼かった頃は志木駅は池袋にしか行かない路線で、都会に行くには必ず池袋を通ったものですが、有楽町線と繋がり、副都心線と繋がり、そしてそれが東急東横線と繋がり、都内の多くの場所に繋がるようになりましたので、なんだか時代の流れを感じます。志木駅からたった69分で元町・中華街にいけるのですから、もう田舎町とは言わせません。

その志木駅から徒歩8分(不動産資料)の当社トリニティ本社も、もう田舎だとは言えないわけです。ただ、相変わらず海外では会社はどこにあるの、と聞かれたら説明が面倒なので「東京」と答えてしまっています(汗)

ずっと待っていたことでもあるので、ちょっと自慢したくなっただけです。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す