Trinity

TRILOGトリログ

NuAns NEOと充電器

2016.01.30

投稿者 : ほっしぃ

Charger01.jpg

NuAns NEOの同梱物は「USB 2.0 Type-A-Type-Cケーブル(1m)、nano SIMアダプター、ディスプレイクリーナーカード」となっており、専用の充電器は付属していません。コンピューターのほとんどがUSB端子を備え、世の中ではたくさんのUSB充電器が溢れています。その中で、USB充電対応の製品が増えていることで、充電器側も複数端子の製品がとても人気です。メーカーとして付属させる専用充電器は実はあまり使い勝手が良くないと感じていました。私自身、iPhone付属の充電器もまったく使っていませんし、これまでに購入したNexusやLumiaなども付属1つしかUSB端子がない充電器は持ち歩きません。持ち運ぶならば、1つので多くを賄いたいと考えているからです。

そして、もしも充電器を付属させるならば、それはNuAnsとしての世界観を表現できるものにならなければいけません。充電器は、その性質上安全性にとても重きを置くことになりますので、いろいろな制限がかかってきます。新規にNuAnsの世界観を保持したまま新しい充電器の開発をするとなると、とても時間がかかるのと、それだけで相当なコストアップになってしまいます。そういったコスト面を考えても、またユーザーが自由に選択できた方が良いのではないかということで、充電ケーブルのみを付属させることにしました。

ただ、自分がユーザーだと考えると、どれが良いのか迷ってしまうと思います。今回は当社でいくつか検証した充電器をご紹介したいと思います。

NEO_Battery.001.jpg

NuAns NEOの充電を考える際に、まず重要なのはその内蔵バッテリーの容量です。これに関しては、デザインやコンセプトにも大きく関わってくるところで別途詳細は書いていきたいと思っていますが、簡単にいうと3,350mAhという大容量バッテリーを搭載しています。これは、iPhone 6sのバッテリー容量が1,715mAhであると考えると、おおよそ2倍の容量を誇ります。

バッテリーの容量が大きいということは使える時間が長くなるため、デジタルライフを安心して長く楽しむことができます。NuAns NEOもそれを目指して設計しています。しかしながら、充電をする時間があまりにも長いという事はその間にデジタルライフを楽しめないということにもなります。たとえば、iPhone 6sへの充電時間は付属充電器でおおよそ2時間です。そうすると、その間はiPhone 6sを使うことができないということになります。もちろん、充電しながらも使えますがモバイルとして移動しながら使いづらいので本来の使い方にならないという意味で捉えてください。そこから考えると、バッテリー容量が約2倍のNuAns NEOでは4時間ほどかかることになりますので、そのままではユーザーにとって良いことばかりではないということになります。

そこで、バッテリーの容量は大きくする、それでも充電時間もできる限り短くする、ということを考えました。その答えがQualcomm Quick Chargeという技術の搭載です。

quick-charge-black-logo.jpg

日本語のサイトにはQuick Chargeの記述がないため、英語サイトへのリンクで申し訳ありません。メーカーの説明ではありませんが、け「ケータイ用語の基礎知識」に「Quick Charge 2.0 とは」という説明がありますので、こちらをご覧ください。一時期、NTTドコモから「急速充電2」という呼び名で紹介されていた技術と同じで、その名の通りQuick(急速)にCharge(充電)する規格です。こちらに対応することで、NuAns NEOにおいてはおおよそ1時間で約80%程度の充電を行なうことができます。

NuAns NEO向けの充電器としては、このQuick Chargeに対応したUSB充電器を使っていただくのがベストだと思います。なお、このQuick Chargeには現在最新版として3.0というバージョンがあります。より早く充電が可能になっているなど技術的には新しいとも言えますが、効果がQuick Chargeありとなしほどの差が見られず、またまだコスト的に高いということで、NuAns NEOでは2.0というバージョンを採用しています。ただ、3.0対応の充電器でも2.0相当で充電する事ができますので、ご安心ください。

さて、ではどの充電器が良いのかということになります。

CHOETECH.jpg

動作検証も済んで、私も普段使用しているのが「CHOETECH [Qualcomm認証済] 60W 6ポートUSB急速充電器 ACアダプタ (Quick charge 2.0、黒)」(注意:Amazonの購入ページに飛びます)です。こちらはQuick Charge 2.0端子が2つ付いているので、NuAns NEOを2台同時に急速充電できるという優れものです。私のように開発用と普段用と2台持っている場合にはとても重宝します。それ以外にも高出力のUSB端子が合計6つあるため、他のものも充電できるので、これ1台ですべて賄えてしまいます。

Aukey.jpg

もう少しコンパクトなところで動作検証を済ませたのが「[Qualcomm 認証済み]Aukey 充電器 Quick Charge 2.0 超急速充電対応 USB充電器 ACアダプター AC充電器 3ポート iPhone 6s / iPhone 6s Plus 、 iPhone 6 / 6 Plus、iPad Air 2 / mini 3、 Galaxy S6 / S6 Edgeなど対応 (急速充電対応Micro USBケーブル付き) PA-T2(ブラック)」というECサイトならではのタイトルの製品です。こちらは3つの端子があり、1つがQuick Charge 2.0対応になっています。

なお、ここでご紹介した2製品は特になにか意図があるわけではなく、Amazonで売れているランキングが高く、評価も高いことから入手しやすさ、価格、性能のバランスが良いと推測されるということでチョイスしています。

もちろん、ここに挙げた2つ以外も、一般的なUSB充電器であれば問題なく充電できるはずです。その際には2Aや2.4Aと書かれたスペックのものを選んでいただくとより高速に充電する事ができます。その他、順次動作検証をした上で、ご紹介していきたいと思います。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

2016.01.30 21:36 #1360 twitter
#1360への返信

2016.01.30 21:36 #1360 twitter

[ #TriLog ]「NuAns NEOと充電器 | トリニティ株式会社」出荷間近という事で、充電器についてのご案内です。  https://trinity.jp/blog/2016/01/nuans_neo_6.html …

2016.01.30 23:17 #1361 twitter
#1361への返信

2016.01.30 23:17 #1361 twitter

キタコレ。持ってるAnkerの急速充電器がようやく役に立つときがきたw/NuAns NEOと充電器 | トリニティ株式会社  https://trinity.jp/blog/2016/01/nuans_neo_6.html …

2016.01.31 14:25 #1362 twitter
#1362への返信

2016.01.31 14:25 #1362 twitter

NuAns NEOと充電器 | トリニティ株式会社  https://trinity.jp/blog/2016/01/nuans_neo_6.html … ポートが足りなくなったので、6ポートをAmazonに注文してしまった。(こういうのは意外と影響力が大きい

続きを表示する

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • NEO
  • Tablets
  • Smartphones
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す