TRILOGトリログ

新しく生まれたボードゲーム「CUBOID」は、世界の夢を見る

2017.05.10

CUBOID01.jpg

みなさんは「CUBOID(キューボイド)」という新しいボードゲームをご存じでしょうか。直方体というその言葉の意味通り、白と黒の直方体を並べてゴールを目指すゲームです。将棋よりも囲碁の方が世界で普及した理由として、白黒の石だけという、国に寄らない仕組みだったと言われています。CUBOIDも同様に、言語にまったく依存しないシンプルなゲームシステムとなっています。このCUBOID、今このタイミングで新しいボードゲームが生まれてくるのは、とってもワクワクしますね。

CUBOID04.jpg

CUBOIDは、一緒にNuAnsブランドを作っているクリエイティブユニットTENTが作っています。発表前に、試作品で少しだけプレイさせてもらったのですが、シンプルで誰でもすぐにルールを理解して遊べるのに、かなり奥が深いのです。何を隠そう、小さい頃は将棋少年だった私としては、消えていた炎が再び燃え上がるような勢いです。

ちなみにルールはオフィシャルにはまだ明かされていません。もちろん、購入者にはマニュアルがあるので遊べるのですが、ネット上で流されていきたくないようです。これまた面白い試みですね。

CUBOID02.jpg

CUBOID03.jpg

ところで、この2枚の写真、CUBOIDを開けたところですがビフォーアフター的になっています。前述のように将棋魂に火がついてしまった私は、研究をしたいなと思って2セットを予約して購入しました。しかし、研究されるのを嫌ったある眼鏡の方がいたずらをしてきたのが、1枚目です。購入した2つのCUBOID、片側は白のみ、もう片方は黒のみになっていて、このままではプレイすることができません。が、2枚目の写真の通りそれぞれを分け合えば良いだけでした。

マス目も少なく、できる事も少ないCUBOIDですが、実はなかなかどうして、そんなに簡単に研究しきれるものではなく、まだまだ長い道のりがありそうです。

CUBOID05.jpg

最後に、予約購入者の特典として、夏頃に開催されるという世界大会への参加資格があるそうです。世界大会といっても海外でまだ販売していないのに大丈夫なのか、予約購入者だけで参加者が集まるのか、など心配なことはたくさんありますが、開催のお知らせを首を長くして待っていようと思います。

それにしても、新しいボードゲームが今生まれるとはすごいことです。世界で普及していって欲しいなと思います。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す