Trinity

TRILOGトリログ

Tomの実際に行ってみようのコーナー:銀座 伊東屋 横浜元町編

2019.05.24

みなさんこんにちは。GWに九州へ出かけたのですが、天気がほぼ雨だったけれど、とっても楽しめたとむです。

九州へは友人達と行ってきました。鹿児島〜熊本〜大分と巡ったのですが、あいにく道中はほとんど雨、雨、雨。たまに晴れ間もありましたが、あまり景色を楽しむことはできなかったです。唯一綺麗な写真が撮れたのは由布岳の登山口を少し入ったところです。

なんとも雄大な景色で、まるで映画の世界に入り込んだかのような感覚でした。また、友人達と「ウィン〇ウズの壁紙にありそう!」と大はしゃぎしていました(お恥ずかしい限りです)。

せっかくですので、今回の旅行中でとても美味しかった馬刺し専門店をご紹介しようと思います。熊本駅より路面電車で5分ほどのところにある天國さんという馬料理専門店なのですが、ここの馬刺しが絶品。お値段も中々お高いのですが、観光がほとんどできなかったこともあり、せめてご飯くらいは良いものをとみんなで気合いを入れて伺ってみることにしました。

この馬刺しがあまりに絶品。その中でも左奥のタンが美味しすぎて、出てくる感想が「すごい…美味しい…すご..」という、語彙力の乏しい言葉しかでてきませんでした。これで良さが伝えられたのか怪しい限りではありますが、ぜひ熊本へお出かけになる機会があればディナーに検討してみてください。

さて、話を本題へ。以前1度だけ実行した後、中々行くタイミングが噛み合わず実施されなかった「Tomの実際に行ってみようのコーナー」ですが、ようやく今回で2回目を迎えることとなりました。今回みなさんにご紹介するのは、現在NuAns製品を取り扱い中の「銀座 伊東屋 横浜元町」です。では、早速ご案内いたしますね。

1. 最寄り駅

東京メトロ副都心線・東横線をご利用の場合と、JRで横浜駅を経由する場合とで2通りアクセス方法があります。

まず東京メトロ副都心線・東横線の場合は終点の元町・中華街駅となります。駅へたどり着くだけであれば何も気にせず終点まで向かえば良いので、ダントツでラクチンだと思います。

次にJRで横浜駅を経由する場合ですが、その場合は根岸線の石川町駅となります。横浜駅で乗り換える際は3番線、磯子・大船方面へお乗りください。

改札は北口・中央口・南口の3カ所よりアクセス可能です。石川町駅は駅を降りてから目的地の銀座 伊東屋 横浜元町までの道のりが比較的分かりやすく、今回はこちらのルートをみなさまにご案内したいと思います。機会や要望があれば元町・中華街駅からのアクセスも追記してみますね。

2. 石川町駅下車

石川町駅で降りますと、元町口(南口)とかかれた看板を探し、その方向へ歩いて行きます。

3. いざ店舗へ

改札を出ましたら、右方向へ出てまっすぐ歩いて行きます。大きな交差点が1つありますが、そのまままっすぐ横断してください。そうすると元町通りにでますので、またまっすぐ歩いて行くと右手に大きな赤いクリップのモニュメントがみえてきます。そこが「銀座 伊東屋 横浜元町」です。とても大きいのと、目立つのですぐにわかるかと思います。

中に入ったらエスカレーターが見えますので、こちらを2Fまであがってください。

登りしかありませんので、入り口すぐのエスカレーターに乗っていただければ大丈夫です。

というわけで到着です。モニターで動画も流れているので見つけやすいかと思います。

こちらでは、TAGPLATE、BANDWIRE、TAGKEEPER、FOLDKEEPERが展開中です。製品サンプルも出ていますので、実際に手に取って質感や動作を確認することもできます。

NuAns

NuAns TAGPLATE USB Type-C

6,820


NuAns

NuAns BANDWIRE

2,420


NuAns

NuAns TAGKEEPER

1,222


NuAns

NuAns FOLDKEEPER

1,223

また、「銀座 伊東屋 横浜元町」では自分だけのノートや万年筆を作ることも可能です。自分用でもいいですし、贈り物にもとても人気がありますので、そういった意味でもぜひ一度足を運んでみていただければと思います。

4. 店舗を出てからも楽しめる

お店を出ると奥に川が見えるのですが、そこまでいっていただいて川沿いに右へ曲がると、橋を渡った奥に横浜中華街・朱雀門が見えてきます。そちらから中華街へ入りディナーを楽しんでから帰る、というルートがオススメですので、ぜひお出かけの候補地に選んでみてくださいね。

Tomの実際に行ってみようのコーナー:二子玉川 蔦屋家電編

このブログを書いたスタッフ

マーケティング

とむ

前職ではモックアップなどの試作製作を担当。今度は受け手ではなく発信する側になりたい、と強く思っていたところでトリニティと出会う。自分の住んでいる地域から新たな製品を発信していることに感銘を受け、2017年11月よりトリニティの一員に。旅行が好きで、休みをみつけてはすぐにどこかへ出かけてしまう自称スーパーアクティブマン。

とむのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • NEO
  • Tablets
  • Smartphones
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す