TRILOGトリログ

完全キャッシュレス化した楽天生命パーク宮城でボスラッシュ

2019.10.29

フェイです。

これまで何度も足を運んできましたが、先日、完全キャッシュレス化してから初めて楽天生命パーク宮城へ遊びに行ってきました!

宮城野原駅から約5分ほど歩くと、スタジアム入口のゲートが見えてきます。

ゲートをくぐると、左側には前回試合のスタメンと当日の予告先発投手のパネルが並んでいます。この日の先発投手は、5月以来の1軍登板となる福井投手。今季3勝すべてを私が観戦したライオンズ戦で挙げているので、パネルからもイケそう感が漂っていました。

パネルを通り過ぎると、目の前にグッズショップ(写真は夜に撮影したもの)。

スタジアムにあるこのグッズショップは、昨年までいつもレジ待ちが長く、ショップを出るまで時間を要していたのですが、今回はほとんどレジ待ちすることもなくグッズをたくさん買うことができました。この日はイヌワシ・ザ・バーゲンという名のかなりお買い得なセールが開催されていて、店内はいつも以上に混雑していたはずですが、完全キャッシュレス化の効果でしょうか。

球場の周りには、キャッシュレスに関する相談窓口が複数用意されているだけでなく、キャッシュレスに関するサポートを行なうスタッフが案内板を持ってアピールしながら歩いているのがどこへいっても目に入るので、万一わからないことがあっても安心できる体制になっていました。

シーズン最終盤ということもあり、球場へ訪れるファンにもおおよそ完全キャッシュレス化が認知されていることもあって、スタッフの方はどちらかというと手持ちぶさたになっている印象でしたので、来季からはスタッフは少なくなるかもしれないですね。

また、私はおサイフケータイなので利用機会はありませんでしたが、球場内外のいたるところに楽天Edyのチャージ機も置かれていたので、チャージ機も混雑はしていない印象でした。

男性用トイレには嶋選手と銀次選手が写った楽天ペイのポスターが。

球場内にあるスマイルグリコパークの観覧車チケットに

ドリンクや

お弁当。

何から何までキャッシュレスでスピーディに買えました(楽天スーパーポイントも付いた)。楽天生命パークの完全キャッシュレス化に伴って、仙台駅周辺でも楽天Edyと楽天ペイが使えるお店がこれまで以上に増えたので、4泊5日の仙台旅行では1円も現金を使わずという結果に。

結果といえば、イーグルス(3位)とマリーンズ(4位)のクライマックスシリーズ進出争いだけでなく、ライオンズ(1位)とホークス(2位)の優勝争いまでがかかった9月21日〜24日までの、いわゆるボスラッシュと呼ばれる4試合を観戦したのですが、私が応援するイーグルスは「勝ち」「勝ち」「負け」「勝ち」の3勝1敗とし、クライマックスシリーズ進出を決めただけでなく、目の前での西武ライオンズ優勝の胴上げも回避するという奇跡に近い結果となりました。

特にクライマックスシリーズ進出を決めた24日の試合は、ホークスの先発がエースの千賀投手ということで、予想通りの投手戦となりましたが、ウィーラー選手の逆転ホームランや浅村選手の長打、投手陣の鬼気迫るピッチングでの劇的勝利だったので、興奮しすぎて何度か気絶しそうになりました(ハイライトはこちら)。

楽天がホームスタジアムでの決済を完全キャッシュレス化というタイトルで以前ブログを書いてから早数ヶ月、完全キャッシュレス化した野球場の”いま”を体感してきましたが、キャッシュレス化によってこれまで以上に快適に観戦ができる野球場になっていましたので、今後は他の野球場も続いてくれることを期待します。

このブログを書いたスタッフ

サポート

フェイ

ITメーカーや医療業界でサポートを続けながらイタリアを放浪していたところ、さまざまな商品の魅力に惹かれ、トリニティの一員に。美味しいものを与えられるとどこにでも付いていきがち。

フェイのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す