TRILOGトリログ

株価が消えた日に改めて思う

2020.10.03

投稿者 : ほっしぃ

東証、終日売買停止 システム障害で初  :日本経済新聞

株式を持っている人は当然ながら、持っていない人でも大きな話題になったので知っている人も多い、東京証券取引所のシステムトラブルによる終日売買停止。これにより、さまざまな影響があったかと思います。私自身の株運用方針や、当社で先日行なった株取引では、1日単位での株売買については何ら影響しないので、まったく損害はありません。

株価に一喜一憂しない。長期的に運用する秘訣とは。

ソフトバンクグループが売り出した株式を大量購入

このトラブルに対して、いろいろな意見がありますが、システムで障害があることは絶対に避けることはできませんし、特定の誰かだけが得する、損するということでもないので、今後改善していくようにして欲しいとは思うものの、前述のように何ら影響がない身としては特別な感情はありません。

ただ、やっぱり面白かったのは、日経新聞の株価欄です。

こちらは前日の株価を表示しているのですが、取引がなかったので記載されていない状態となっています。その翌日も前日比騰落がでないので「ー」が並ぶ状態となっています。この前代未聞な事件は、記念として取っておくべきものでしょう。実際問題は、その前日の株価を引き継いで翌日から再スタートなのだから、その株価を表記しておいても良いんじゃないかと思ったりしますが、いろいろそうもいかない事情があるのでしょうか。

さて、タイトルの「改めて思う」について。

今回の件で改めて思うのは、新聞紙面の株価欄はまだ必要なのでしょうか、ということです。今どき、この新聞の株価を見て、それで売買方針を決めて、電話で注文する人がどれくらいいるのでしょうか。日経新聞としてもこの分の掲載コストを省いて、他の記事に充ててもらう方が読者としても嬉しい限りです。

一生懸命作っていただいている製作の方々には申し訳ないのですが、はっきり言って毎日飛ばすだけのページが2〜3ページあります。

ひとつ目はこの株価欄。もうひとつはスポーツ欄です。日経新聞に求めることは経済なので、スポーツが好きな人はスポーツ新聞を見ますので、ほんの少しだけあるよりも、ここは合理化した方が良いのではないかと思います。ただ、後者はビジネス上の会話でスポーツが話題に上ることがあるから、最低限のところは頭に入れておいた方が良いのかもしれません。

以前にどこかで書いていたと思っていたけれども、検索してみるとヒットしないので書いていなかったかもしれないので定かではないですが、新聞は紙面で読む派です。以後、お見知りおきを。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す