• ホーム
  • トリログ
  • iPhone
  • ガラスのサイズが各社違う? iPhone SE(第3世代)対応画面保護ガラスプロテクターの大きさ比較

20220329_kankan_blig_01.png 20220329_kankan_blig_01.png

ガラスのサイズが各社違う? iPhone SE(第3世代)対応画面保護ガラスプロテクターの大きさ比較

2022.04.04

みなさんこんにちは。企画開発のkankanです。

前回iPhone SE(第3世代)とiPhone SE(第2世代)の違いについて書かせていただきました。

このブログの中でiPhone SE(第3世代)とiPhone SE(第2世代)は同じアクセサリーが使えるが、iPhone SE(第2世代)が発売された2020年からiPhone SE(第3世代)が発売された2022年の2年間でスマートフォンアクセサリーは進化していると、ケースの紹介も兼ねて書かさせていただきましたが進化しているのはケースだけではありません。

ケースよりさらに顕著に進化しているのが画面保護ガラスです。

一体何が進化しているのかというと、一番進化しているのが貼り付けをしやすくするガイドツールです。こちらに関しては同じ開発のRayさんやマーケティングのTomさんがご紹介しているのでぜひご覧ください。

また、さらに大幅に進化しているのは、「どんなケースにも干渉しない、画面保護強化ガラス」とうたっているケースとの干渉保証が付いているケースとの相性抜群なガラスプロテクターです。

iPhone SE(第2世代)のときは、iPhoneの個体差に対応させるため止むを得なく画面より内側に入ったガラスプロテクターを販売しておりましたが、iPhone SE(第3世代)発売までの2年間で我々もガラスや糊の研究を重ねまして、iPhone SE(第2世代)のころに比べて大幅に保護範囲を拡大しております。

具体的なところはRayさんのブログに詳細が記載されていますので、こちらの記事もぜひご覧ください!

じゃぁ今回何を私からお話しするかというと、保護範囲は大きくなったと言っても他社と比較してどうなのよ!? という禁断とも言える部分に焦点を当てたいと思います。

 

▼各社サイズが違う? ペイントがない完全透明なガラスプロテクター

iPhone 6からiPhone SE(第3世代)まで、ラウンドしているフォルムが特徴的なiPhoneですが、端末の周囲が曲がっているため、前面のiPhone本体のガラスを端まで保護するためにはSimplismのFLEX 3DシリーズGMシリーズ(フレームガラス)GM3シリーズ(立体成型シームレスガラス)のように異素材のフレームを組み合わせたり、周囲をペイントしてフレームを作ったりする必要があります。

必然的にペイントがない完全透明なガラスを作る場合は、周囲の曲がっているところを避け、iPhoneのフラットな部分に貼れる小さくしたガラス形状にする必要があります。

こちらのガラスの構造は、もちろんSimplismだけではなく、他社メーカーでもラインナップされていますが、実はメーカーごとにサイズが違います。

 

Img_3134.jpg Img_3137.jpg

実際貼って並べたらこんな感じです。この段階で結構差がわかると思います。

Img_3144.jpg

A社は画面の内側に若干入っています。

Img_3146.jpg

B社はA社よりさらに内側に入っています。

Img_3147.jpg

Simplismのガラスの幅は画面ギリギリまで保護範囲を広げています。

たかだか0.5mm〜1mm広いだけだと思うかもしれませんが、この1mm広げるのに2年掛かりました…。それぐらい個体差を吸収するのは難易度が高かったです。

さらに画面ギリギリまで攻めると、少しでもズレたときにズレが目立ち違和感になってしまいます。なぜSimplismではギリギリの幅の設計ができたというと、これもまっすぐ貼れる「貼るピタZ+(プラス)」があったからです。

個体差を埋める糊の問題だけを解決できたとしても、少しでもズレて貼られてしまうとガラスが浮いてしまうため、普通に進めば少し画面の内側に入ったカットラインの設計になっていたかと思います。

位置をしっかり合わせられる「貼るピタZ+(プラス)」があるから、ここまでギリギリの保護範囲の設計ができました。

いかがでしたでしょうか?

買った画面保護ガラスプロテクターが、画面より小さいのが嫌だなと思いましたら、当社のSimplismの「どんなケースにも干渉しない、画面保護強化ガラス」とうたった製品シリーズをオススメしております!! 是非とも使ってみてください!

それでは、ビバ!  iPhoneライフを!!

このブログを書いたスタッフ

開発

カンカン

デザイン事務所でプロダクトデザインをしていたが、主にスタイリング中心だったため、企画の立案からデザイン、生産販売まで「モノとコト」のすべてに関わりたくトリニティに入社。企画開発チーム所属だが、自分の名刺だけ"商品企画開発デザイン"と、"デザイン"が追加されているのは内緒です。

カンカンのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す