Trinity

TRILOGトリログ

繊維の宝石や〜!

2018.12.25

みなさまこんにちは。先日、甥っ子が産まれたひらりです。

嬉しくてお祝いを奮発(当社? 比)したところ、姉から内祝いとしておしゃれなカバンとストールをもらいました。逆にもらいすぎになった気がしましたが、ありがたく使わせてもらうね~と伝えたところ、姉から思わぬ爆弾発言が…!!

「ストール、カシミヤだからね!」

カシミヤってあの…!?

オシャレに縁のない私にとって、初めて持つ素材である、カシミヤ…!!『なんか高級な動物の毛の布』という認識しかなく、このままでは猫に小判、豚に真珠、ひらりにカシミヤ状態ですので、今回はカシミヤについて調べてみました。

<カシミヤとは>
カシミア(英: cashmere)は、カシミアヤギ(英語版)から取れた毛、または、それから織った毛織物である。
消費者庁家庭用品品質表示法の表記はカシミヤ。名前は、インドの北部高山地帯のカシミール(Kashmir)地方の古い綴りに由来する。
毛質は細く、柔軟で独特のぬめりがある。保温性と保湿性に優れ、生産量が少ないため、高級素材の代表とされる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-カシミア

<メリット>

  • 非常に軽い
  • 保温性、保湿性があり、暖かい+蒸れにくい
  • 光沢感(高級感)があり、手触りが良い
  • 伸縮性、弾力性があり、型崩れしにくい

<デメリット>

  • デリケートな素材なので、とにかく扱いが難しい
    例)毛玉が発生しやすい、水に弱い、 虫に喰われる危険性がある、等々

<取り扱いの注意点>

  • 適度に休ませる→数日おきに利用する、ローテーションを組んで使う
  • ブラッシングをする→動物の毛のブラシが良い
  • 汚れや水濡れは即対策をする→中性洗剤を含ませた布で汚れを拭き取ったあと、水気をとる
  • 直射日光に長時間当てない→変色の危険性があるため
  • たまに風当てをしてあげる→湿度の高い場所で風を当てると、汚れや埃が除去できる

ということで、繊細かつ上級者向けの素材ですが、注意点は基本的な内容であることが判明いたしました。

裏を返せば、カシミヤを長く使えるようになれば、オシャレ上級者への道が拓けるというもの…! この一枚を大切に使いつつ、良いものを長く使うスタイルにシフトチェンジしていきたいです。

(でも、もったいないので来年から使おうかな…)

このブログを書いたスタッフ

サポート

ひらり

長崎に生まれ育ち、自分を活かせる場を探して上京。携帯電話会社などで顧客対応その他を経験後、トリニティと出会う。漫画や映画が好き。常時脳の2割を妄想に割いているためか、心はわりといつも穏やか。真面目さを売りにしているが、ただの心配性という噂もある。脱インドアを目指し、土日のどちらかは外出することを心がけている。

ひらりのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

新規登録

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • NEO
  • Tablets
  • Smartphones
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す