Icon_apple_apple-silicon_xcode-alert_06222020_big.jpg Icon_apple_apple-silicon_xcode-alert_06222020_big.jpg

Apple Silicon対応アプリがそろそろ出揃ってきた。

2022.03.21

2020年にAppleからリリースされたオリジナルSoCであるApple Silicon(Appleシリコン)M1シリーズを搭載したMacBook Pro(M1)を使用し始めてから、その性能を最大限に活かすためにIntel向けのアプリを利用できるRosetta 2の仕組みを絶対に使わずに、Appleシリコンに最適化されたアプリのみを使用するようにしています。

対応していないアプリについては、代替としてウェブブラウザーで使用できるものはアプリのインストールはせずにブラウザーだけで運用するというようにストイックにやってきました。

最大の課題は日本語入力システムでしたが、iPhoneやiPadなどとも同期して使えるということで、macOSも日本語入力をApple純正に切り替えました。

その後、当初は対応していなかった1Passwordなども対応するようなり、残すところの大物はGoogleドライブ(Gドライブ)とSkype、Facebook Messenger、Evernoteくらいでした。

EvernoteがApple Siliconに対応。

EvernoteがAppleシリコンに対応したということで、最近はNotionに移行していたのであまり使っていなかったEvernoteですが、スピードがひとつのデメリットだったところが解消されました。

知らぬ間にGドライブも対応していた。

パソコン版 Google ドライブ リリースノート – Google Workspace 管理者 ヘルプ」より
このリリースノートでは、 パソコン版 Google ドライブ (旧称ドライブ ファイル ストリーム)の各バージョンへの追加機能や改良点についてご紹介します。ここに記載されているリリースとリリースの間に該当する番号のバージョンについては、直前のバージョンから大きな変更はありません。 Google では通常、既存のお客様にパソコン版ドライブの最新バージョンが 100% 展開されるまで待ってから、新しいアプリのダウンロードを提供します。リリースが 100% 完了するまで、パソコン版ドライブのダウンロード専用リンクでは前のバージョンが提供されます。 注: 互換性の問題とパソコン版ドライブのサービス中断を避けるため、Google が過去 12 か月の間にリリースしたバージョンを使用するようにしてください。詳しくは、 パソコン版ドライブが常に最新バージョンに更新されるようにする をご覧ください。 Windows および macOS: バージョン 55.0 Windows と macOS: パソコン版ドライブの UI から、ドライブのすべてのコンテンツを検索できるようになりました。 macOS: カメラ接続時の問題を修正しました。 USB デバイスが原因でドライブの読み込みがブロックされる問題を修正しました。 バグの修正とパフォーマンスの改善を行いました。 注: パソコン版ドライブのネイティブ検索には、バージョン 50 以降が必要です。 旧バージョンのサポートの終了: 旧バージョンのドライブについては、12 か月以上前にサポートを終了しました。バージョン 40~46 のパソコン版ドライブを使用しているユーザーは、引き続きサポートを受けられるようにアップグレードする必要があります。 Windows および macOS: バージョン 54.0

また、なぜか自分自身では全然気づいていなかったのですが、Gドライブも昨年2021年10月14日リリースのバージョンでサポートしていました。2021年頭に「春」としていたのがなかなかリリースされなかったので忘却の彼方に消えていました。こちらは日々使用していますし、macOS上で外付けドライブのような扱いでクラウドにあるデータを使用できるシームレスな環境はとても便利だったので嬉しいです(これまではChromeを使用していました)。

Googleドライブアプリは、Appleシリコンと書かれているのでユニバーサル対応ではなく専用のようです。

さて、これで残るはSkypeとFacebook Messangerだけが残りました。後者はほとんど使っていないのであんまり問題にはならないものの、前者は割と頻繁に使っているので早めに対応してもらいたいところです。ただ、どうもMicrosoft傘下に入ってから色々と手を加えているものの、あまり力を入れているように見えないのが怖いところです。

Microsoft 365 Roadmap | Microsoft 365」より。開発ロードマップのページにSkypeが存在してないのは何か理由があるのでしょうか。Office 365に含まれている?

やはり根幹のアーキテクチャーが変わると、巨大な機能を持ったアプリの対応はかなり難しいのでしょう。Appleも2年をかけて移行していくということでしたので、今年の夏頃に出てくるであろうMac Proで一応のラインナップ移行が完了となります。それくらいまでにはSkypeも対応してもらえるといいのですが。。。

 


▼ほっしぃのApple Silicon対応アプリ関連ブログ記事

 

▼MacBook Pro(13-inch, M1, 2020)ユーザーにおすすめのブログ記事

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「Simplism」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す