Team.jpg Team.jpg

いつまでも永く変わらない話〜「チームワーク作戦」

2022.05.28

皆さん、Shunです〜

今月の23日Apple TVがリリースした「太古に地球から よみがえる恐竜たち」という動画を見たでしょうか〜?

23日より毎日エピソードが1つずつ公開され、約6,600万年前に「海」「砂漠」「川辺」「氷」「森」環境で生活した恐竜たちの動画を見て、タイムスリップすることができます。

Shunは「海」「砂漠」「川辺」のエピソードを見ました! とても感動しました。今まで恐竜についてのイメージはほとんど「ジュラシック・パークシリーズ」などの映画を見て、凶暴で残虐なことばかりでした…。恐竜の博物館に行っても、化石などが多くて、なかなか生活環境や本当の性格について理解できなかったです。

20220526-1.jpg

今回の動画を見ると、多くの種類の恐竜たちの生活習慣、生き残る方法などをより細かく、深く理解することができました。

とても面白かったです! もしお時間があるときにぜひ見てください!

さて、ここからShunの感想を皆さんにシェアしていきたいと思います。

まだエピソードを3つしか見ていないですが、Shunが1番感じたのは「チームワーク作戦がとても重要」ということです。

最初に公開された「海の恐竜たち」の動画の1番初めのシーンは「海の中で、泳ぎが得意な雄ティラノサウルス1匹が、子供5匹を連れて沿岸まで移動して、結局守りが足りず、子供ティラノサウルス1匹が食べられちゃった」ことでした。

大人のティラノサウルスはとても強くて、水中でもしっかり身を守ることができます。沿岸まで移動することはとても簡単なことですが、子供にとっては全然違います。子供ティラノサウルスの体型が小さくて、泳ぐスピードもそんなに早くないから、海の中にも他の「恐竜ハンター」がいるので、危険があっても、すぐに安全な場所まで移動することが難しいです。狙われたら、ほとんど逃げられないです。多くの場合は他の「恐竜ハンター」の「おかず」になります。

202205.jpg

ティラノサウルスが群れで暮らしていたかについては今でもはっきり判断されていないと思います。でも、「群れで暮らしていた」かどうかに関わらず、上記の環境で移動する際に、もし大人のティラノサウルスが2匹居たら、結果が変わるのではないでしょうか?

大人1匹で子供5匹を見守ることはさすがに難しいと思います。もし大人2匹がいると、前後を見ることができて、危険があったときにも戦略で作戦することができると思います。1匹が「ハンター」と作戦、もう1匹が早く子供を連れて、沿岸まで移動するなど。もちろんこれは人間の考え方ですが、恐竜たちの間にはきっとさまざまなコミュニケーション方法があると思います。

でも、ここに反映してきたのは「チームワークをしない」結果だと思います。

現代社会でもそういうことがあると思います。各業界内でも同じ業務内容の会社や人が複数存在しています。競争というより「お互いのハンター」のような存在だと思います。どうやって自分の「コアコンピタンス」を高めて、相手に勝つのかについて、ひとつ重要な武器は「チームワーク」だと思います。

「ボート競技」みたいに、1人がいくら強くても、死ぬほどオールを振っても、進行できるスピードは限られていると思います。チームワークでやるなら、進行できるスピードが無限大だと思います。なぜなら、チームワークでやるなら、戦略を使って、お互いの欠点を補い、優れたところを最大限に発揮することができるからです。

また恐竜の話に戻りますが、各エピソードの中に「翼竜」の姿が入っています。翼竜にはさまざまな種類があります。動画の翼竜はほとんど群れで暮らしていました。危険があったとき、自ら危険に対面することではなく、チームワークで他の「ハンター」に対抗することにしてきたのです。

202206.jpg

これにより、食べられちゃった運命にならず、損失を最低限に抑えることができました。効果でいうと、「1+1=2以上になる」ことでしょうか。

みなさんが一緒に作戦する理由は「他のハンターに食べられたくない」ことだと思います。目標、目的は同じです。独自なら、作戦スキルは足りても、体力も問題になると思います。チームワークで行くなら、多くの仲間と一緒に、仲間の間で補完して、半分の労力で相手に勝って、「ハンター」を自分たちの領域から追い出すことができるのではないでしょうか〜

123456.jpg

現代社会のビジネスと置き換えてみると、日々発生する課題に対して、個人の能力での対応には限界があります。一人の社員が孤立して考えても、アイデアの創出には限りがあります。

そして、時代背景が日進月歩である。1人で「独自作戦」をすることはほとんど乗り切れないことが多いと思います。もちろんすべてのことではないけれど、多くの場合はチームとしての力を結集して、難局を乗り切り、予想以上の成果を引き出すことができるのではないでしょうか。

強固な結束力で困難な状況に陥っても目標を見失わず、メンバー一人ひとりが今できることを地道に行動していける。そのため、周囲の環境変化にも対応しやすいでしょう。

最高のパフォーマンスを発揮するため、恐竜時代でも、人間社会でも、「チームワーク」が必要なことではないでしょうか。

 

このブログを書いたスタッフ

トップアシスタント

しゅん

中国の山東省出身。海の近くで生まれ育ったが、実は泳げない。2013年に留学で日本へ。日本に来てからスノーボードに出会い夢中に。四川風の辛い火鍋とショッピング、そして新しいものを発見したり深掘りすることも大好きで、常に刺激があることに挑戦している。観光バスの仕事を経て、縁あってトリニティに入社。毎日新しいことを吸収している。

しゅんのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す