Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

自分で使いたいモノを作る、Catalyst創始者

投稿者: ほっしぃ 日時: 14日(日) 22:22

Brands.jpg

現在、トリニティは4つのブランドを展開しており、SimplismNuAnsは我々自身が立ち上げたブランドであり、BlueloungeCatalystは我々が日本における総輸入代理店としてブランドの普及活動をしています。

創業の頃は輸入代理店業務だけだったところから、オリジナルブランドも手掛けるようになり、それとともに取り扱いブランドを減らしてきました。これには色々な事情があるものの、ブランドとしての強さは製品としてのユニークさや競争力だけでなく、創始者の強い思いが重要になります。そして、最後に残っている2つのブランドに共通するのは、「自分で使いたいモノを作る」です。

Catalyst01.jpg

CES 2018において、なにやら面白そうなブースを構えているCatalystの創始者Joshのお茶目なところを紹介したいと思います。

続きを読む...

2018年のトレンドを表わす「CES 2018」

投稿者: ほっしぃ 日時: 13日(土) 23:50

CES2018_01.jpg

先日の記事にも書きましたが、今回は出展者としてではないCES参加としては、8年ぶりくらいです。ラスベガスという街は、どうしてもお金の臭いがするので、プライベートでは行きたいと思えません。しかし、ビジネスとしてはそこに多くの人が集まるという場所でもあるため、とても重要な街であるともいえます。

CESという展示会は、過去に様々な展示会が勃興しては衰退していく中で、さまざまな要素を取り込んで、今や世界最大、そしてあらゆるカテゴリーを内包するほどの規模になりました。インターネットの世の中になり、何事もインターネット上で情報が流れている中で、わざわざ飛行機に乗ってラスベガスに集まる人たちが毎年増えているというのは、これはこれでまだまだインターネットにはできないことがあるということなのでしょう。

さて、別記事でも書くようにCES 2018のためにラスベガス入りしているとはいえ、メーカーや海外の顧客とのミーティングなどもあり、さらにはサンフランシスコへも行ってきたたために、なんだかんだゆっくりと見るという訳にはいきませんでしたので、簡単に総括として写真とコメントを記しておきたいと思います。

続きを読む...

時差ボケにならない方法(追補)

投稿者: ほっしぃ 日時: 8日(月) 4:54

Jetlag.jpg

アメリカ大陸に飛ぶ際には、どうしても時差ボケ(ジェットラグ)問題は避けて通れません。

今回の出張も、1/7日曜日の夜6時過ぎに日本を出発し、8時間飛行機内で過ごしてみたら、1/7日曜日の朝10時に到着するわけです。そうすると、体内時計は翌日の午前3時なのに実際には当日の朝に巻き戻っているわけですから、普通に生活してしまうと朝から眠たくて仕方がありません。

このように時間がまき戻るような移動の場合にはしっかりと対策をしておかないと、現地滞在を有意義に過ごせなくなってしまいます。

続きを読む...

いつもと違ったCESへ出発

投稿者: ほっしぃ 日時: 7日(日) 16:33

CES2018.jpg

「Consumer Electronics Show(CES)2010」出展のお知らせ | トリニティ株式会社

トリニティは2010年から、ラスベガスで毎年1月に開催されるCES(過去はConsumer Electronics Showという名称でした)に出展をしていて、SimplismNuAnsなどを世界に展開するために製品展示やデモを行なってきました。この前年まではサンフランシスコで行なわれていた、現在はもう開催されていないMacworld ExpoというApple関連の展示会に出展をしていましたので、海外での展示会はかなり長いこと出展してきています。

今回、CESはこれまでとは違ったカタチで訪れることになりました。

続きを読む...

iMac Pro、投入。1秒たりともムダにしない。

投稿者: ほっしぃ 日時: 6日(土) 21:21

iMacPro01.jpg

iMac Proという、iMacはコンシューマーラインなのにProの名前を冠するというのはどうなんだ、という疑問は置いておいて、発表時から購入することは決めていました。iPadもProシリーズがありますので、そうするとiPhoneもProシリーズが出てきたり、iPodもものすごいハイエンドなオーディオプレーヤーとしてiPod Proなんかが出てきても面白いのかもしれません。

という話はおいておいて、iMac ProはプロのためのMacだそうです。ProはProfessionalの略で広い意味でいうと「そのことで収入を得ている」ということになります。私は毎日欠かさず仕事にMacを使っているわけですから、ある意味プロだといえますので、購入する資格はあるのではないかと思います。

続きを読む...

イタリアンレストラン「トラットリア・トリニータ」新スタート

投稿者: ほっしぃ 日時: 5日(金) 23:16

Trinita.jpg

当社で運営している「イタリアンレストラン [TRATTORIA TRINITA(トラットリア・トリニータ)]」が年末年始の休業から明けて、本日ディナーから営業を開始しました。2018年も多くの方にご来店いただけることを楽しみにしています。

実は、トリニータでは4年目にして、大きな組織変更が行なわれました。

続きを読む...

毎年恒例、年末のお宝山分け大会

投稿者: ほっしぃ 日時: 4日(木) 23:53

Distribution01.jpg

トリニティでは、年末の最終営業日に大掃除と席替えを行ないます。同時に、断捨離をしたり、過去にサンプルとして購入したもので継続的に必要でないもの、いただいたもので個人では消費しきれないもの、などなどを集めて、お宝山分け大会が実施されます。

続きを読む...

1年間の休日を決めるプロセス

投稿者: ほっしぃ 日時: 3日(水) 23:21

Trinity.jpg

社会人になって、誰もが年間の暦を見ながら、休日が土曜日に重なっていたりすると悲しい気持ちになったり、反対に連休が多いと喜んだりと、一喜一憂したことがあるでしょう。

トリニティではそういうことが発生しません。なぜならば、年間の労働時間というのが固定で決まっているため、暦の関係で休日が変わっても、労働時間を調整するために特別休日を設定するからです。

続きを読む...

宝くじは買わなければ当たらない

投稿者: ほっしぃ 日時: 2日(火) 23:33

Jumbo.jpg

世の中には2つのタイプの人間が存在していて、宝くじを買う人間と買わない人間です。私は、周囲から意外と言われますが、宝くじは毎回ではないものの買うタイプです。

一般的な宝くじの魅力は、最終的には大金が当たることではありますが、本当はみんな心の中では当たるとは思っていません。ところが、なぜだか宝くじを購入した瞬間から当選番号が発表されて現実に引き戻されるまでの間、誰もが夢を見るのです。

まだ当たってもいないのに、当たるはずもないと心の奥底では思っているのに、いつも使い道を妄想し始めます。どうしてだか理由は分からないのですが、せっかく大金が当たるのに堅実に貯金したり、そのお金があればどれくらいの間収入がなくても生きられるのだろうかと計算してみたりします。

私が記憶に残っている最初の宝くじは1等前後賞合わせて1億円というのでしたが、今年はなんと1等が7億円で、前後賞がそれぞれ1億5千万円なので、トータルで10億円もの大金を手にすることになります。こうなると、人生100年時代を迎えたとしても安心して暮らせるかもしれません。

さて、それは置いておいて、この「宝くじは買わなければ当たらない」という言葉はトリニティ社内では、私がよく使う言葉です。

続きを読む...

2018年の始まりに

投稿者: ほっしぃ 日時: 1日(月) 23:23

Sunrise.jpg

2018年、明けましておめでとうございます。毎月毎月、新しい1日は訪れますが、暦が繰り上がるこの日は何か特別な気持ちになります。これから始まる2018年、世の中はどう変わっていくのか、トリニティというチームはどこへ向かっていくのか、私はそこへ向かってどのようにリードしていくのか、会社自体は休みの間にいろいろと考えていきたいと思っています。

2018年に実現したいことをいくつか、書いておきたいと思います。

続きを読む...

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter