TRILOGトリログ

スターバックスの価格差が尋常ではない件について

2010.07.31

Starbucks01.jpg

シアトルにやってまいりました。シアトルといえばスターバックスの発祥の地。シアトルだけで400店舗以上もあるとのことです。そのため、至る所にスターバックスがあり、通りを挟んで向かい側にあったりするくらい密接している場所もあります。

さて、前々から感じていたのですが、スターバックスは日本でも多く展開していますが、その価格差は普通ではありません。日本ではレギュラーコーヒーに関して、ショートサイズというアメリカにはない小さなカップがありますが、これが290円です。ところがアメリカはトールサイズが一番小さいサイズになり、これが1.5ドルです。これは1ドル100円と考えて150円であることからあまりにも価格差がありすぎるということになります。しかもこれはサイズが異なる比較であって、日本のトールサイズはなんと340円ですから倍以上の価格な訳です。

私たちも輸入業を営んでいることから、海外の価格と日本の価格をまったく同じにするということが難しいことは実感としてわかっているのですが、それでもこの価格差は大きすぎると思います。

どうしてこれがあまり問題になっていないのでしょうか。不思議でなりません。

このブログを書いたスタッフ

プレジデント

ほっしぃ

音楽からMacの道に入り、そのままApple周辺機器を販売する会社を起業。その後、オリジナルブランド「 Simplism 」や「NuAns」ブランドを立ち上げ、デザインプロダクトやデジタルガジェットなど「自分が欲しい格好良いもの」を求め続ける。最近は24時間365日のウェアラブルデバイス「24時間365日のウェアラブルデバイス|weara(ウェアラ)」に力を注いでいる。

ほっしぃのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す