TRILOGトリログ

曖昧

2014.12.16

投稿者 : とっぽ

駅の話です。電車に乗る機会が増え、このように日々思っています。

というのは、「あっちに!」の案内を見て、そこに向かって進んでいくのですが、ゴールの気配も感じず不安になり、間近でも目的地を示す案内もなく、すんなり辿りつけないからです。

しかも、数多い出口の番号だけ詳細に書かれていたり、導くはずの矢印がどちらを指しているのか、わからない場合もあり、余計混乱を招いています。

ei00.jpg

⚠︎ちなみに私は方向音痴です。しかし、それを差し引いても分かりずらいと思ってしまいます。

毎日利用している人達には、案内など無用だと思いますが、大きい駅だからこそ、普段利用しない人の事を考え、わかりやすく、伝わりやすい案内が必要です。無人の改札口も多く、駅員もすぐに見つからないため、気軽に聞く事もできません。

ストレスフリーな駅になってほしいと願うばかりです。でも「中々難しいだろうなぁ」とも考えてしまいます。それは、比較的に新しい駅ですら、後付けで案内を設置しているからです。

ラミネートされた紙が柱に貼ってあるのを見掛けないでしょうか。事前にこれで伝わるか? など試したりはしないのでしょうか。最近は、色分けがされていたり、案内や行き先も細かく書れていますが、それはそれでわかりずらい。。。

結論はでませんが、こんな事を考えている私が、最近あった「駅」での出来事を紹介させていただきます。
都心に向かう途中のとある駅で不思議な出来事がおきました。おそらく初めて利用する駅です。なぜなら「Y!乗換案内」で、その時、最速のルートだったから。

「下に!」の指示で降りていくと、路線での分かれ道です。

ei01.jpg

片方は下に降りるエスカレーターがあるのに、私が行く方面には降り口がありません。常に疑いの目でいるので、よく見ていると「←この階です」と書かれています。

ei02.jpg

ん? 奥に進んでいくのでしょうか。中2階のようで、自販機もあり、休憩する場所とも感じられます。

こっちの柱にも「↑この階です」と書いてあります。この階はいいから、という話です。もちろん最速ルートをチョイスしているので、急いでいて若干焦っている状況です。しかし、電車にはすぐ乗れました。。。

 ei03.jpg

それは、ここがホームだったから。見ていた先は壁ではなく、行き止まりではなく、線路があるホームでした。

これは私の不信が強いせいで、勝手に違う場所と思い込んでしまった事も原因ですが、やはり案内が悪い! と思ってしまいます。

どうせ書くなら「この階が××線のホームです」とか、ホームには感じませんが、「ここに電車がきます」としても良いくらい。なんにしても伝え方や、伝わり方は難しいと思うこの頃です。この分野の達人はいないのでしょうか。

最近お気に入りのフレーズを紹介して失礼します。

「手前で変えると、遠くに行ける」個展名です。

ei04.jpg

このブログを書いたスタッフ

セールス

とっぽ

プロダクトデザインの試作品を製作する会社でセールスを経験。ものづくりに対する凄まじい情熱を持つ方々に囲まれ、自身もすっかり虜に。。ものづくりを極めたく、2014年トリニティの一員になる。

とっぽのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す