TRILOGトリログ

元iPhoneクラッシャー、ここ数年は液晶画面を割っておりません

2016.12.07

投稿者 : もぐたん

今期のSimplismラインナップは、人気の保護ガラスの製品数が以前よりぐぐっと増え、ガラスプロテクターの中での選択肢が拡がりました。そちらについては開発チームによるこだわりの製品紹介があるかと思いますので、私の方からはケース「SideKick」をピックアップしてご紹介いたします。

仕様について詳しくは製品紹介ページをご覧いただくとして省略(ザクッ)。私がSideKickを選択した理由をお伝えします。

20160913_01.jpg
1)フタ付いてると画面が割れないんだよ〜

SideKickに限らずのお話なのですが、フリップ系(フタ付き)ケースの良いところはやはり画面の保護率が高い所。落としてしまったときも、フタあり/なしでいうと、ありの方が断然守ってくれます。

それ故かフタ付きタイプは、ケース市場でも一番売れています。

2)角やフレームも傷が付かないんだよ〜

SideKick(サイドキック)は英訳すると「親友」「相棒」などの意味を持ちまして、この製品はSide(横)をKick(蹴り飛ばす)の意もあります。

フタの一部がiPhoneのサイドまで伸び、さらにフレームにマグネットが付いているので、フタをフレームに近づけると「ペチッ!」と吸い付いて気持ちよく閉まります。何度もやってしまう。また、開く時もフタが少し背面側に飛び出しているので、(蹴り飛ばすほどではありませんが…)指をかけて開けやすくなっています。

この、サイドまで伸びているフタと、プラスチックフレームとで、iPhoneの周囲をぐるっと保護します。

3)FLEX 3Dとの組み合わせで最強!

フタが付いているとはいえ、フタを開けての操作中に落とすと画面に傷が付いてしまう危険があります。

そこで、「割れに強い、PET素材のプラスチック」+「擦り傷に強く、画面をキレイにみせるガラス」の異種素材のいいとこ取りをして組み合わせた「絶対、角割れしない」FLEX 3Dガラスとの併用です。

ーーー

iPhoneを割らない最強のケースのひとつがSideKick、ということで、このケースを選択したのでした。

そして、よいことばかりを書きましたが、個人的マイナスポイントもあげておくと…

SideKickを使う前までは、FlipNote Pocketを使っていました。この製品は極力、スリム・シンプルに作られているので、こちらと比較すると、という前提ではありますが、お、重い…!

※iPhone+SideKick+ガラスプロテクター+カード3枚で285gでした。

ーーー

かつてiPhoneガラスを割っては交換していた私。落とす回数は減っていませんが、ここ数年は破損により交換することはなくなりました。

今の所、フリップ系ケース + FLEX 3Dの組み合わせが最強、です(自分調べ)。

このブログを書いたスタッフ

マーケティング

もぐたん

マーケティングチーム所属。マウス右手、左手に菓子を握りながら真面目に任務に励む。菓子でお腹がまんぷくになりお昼ご飯を食べられないことがしばしば。最近の趣味は公園の散歩で新宿御苑の温室が聖地。

もぐたんのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す