Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

社長はウハウハ!?

投稿者: ほっしぃ 日時: 29日(木) 23:47

前職で1平社員であった身から、現在は「一応」代表取締役という身分にはなっています。そして、周りの人から「社長」と呼ばれることも多くなってきました。是非とも止めてほしいですね(笑)。

そして、「社長」という肩書き(実際には社長という肩書きではなく「代表取締役」なのです。)から判断しているのか、「ウハウハでしょう?」と言われることがあります。

実際に「ウハウハ」というのがどういう状態なのかわかりませんが、急に美人女性秘書を従えて黒塗りの車で遅い時間からの重役出勤で会社に着くと熱いお茶が用意されていてすぐに役員会議で決済をしながら夜は料亭でカッコーンと獅子脅しの鳴りを楽しみながら「ぐへへ」と満面の笑みを浮かべてキレイどころの芸者さんを左右に侍らせて高級料理を平らげ夜中に囲っている女性のマンションになだれ込む。というような生活をしていると思っているのでしょうか?

本日、朝6時半に起床し、軽くシャワーを浴びた後に、昨日からずっとやっている商品にJANコードシールを貼るための下準備やシール貼付作業を開始したのちに中古で買った軽自動車でそそくさと倉庫へ移動してプラスチックのコップに入れてもらったお茶を飲みながら作業員の方々とシール貼ったり梱包したりして昼ご飯も食べずに出荷作業をし続けて終わったのが8時過ぎ。一日、半袖短パンタオル巻きといういでたちでした。

これってウハウハ?

iPodの近い将来とその先

投稿者: ほっしぃ 日時: 27日(火) 23:13

ちまたでは、そろそろiPodのモデルチェンジが行なわれるのではないかという憶測が流れているようです。iPod周辺機器を販売している身としてはただならぬ関心を寄せている話題ではありますが、実のところ、それほど近い時期にはないのではないかと考えています。もちろん、想像の域を超えるものではないのですが...。

iPodの近い将来については下記のようなマイナーチェンジが考えられます。

・5G iPodの容量アップ

U2 Special Edition(限定と思われがちですが、「特別仕様」なので限定ではありません)が発売されたことにより、5G iPodの大幅なチェンジはすぐにはないように思えます。ただし、30GBのみですので、もしかすると60GBの方は容量アップをする可能性があります。アップするとすると100GBあたりでしょうか。また、100GBへの大容量化との組み合わせで、一部の映画会社だけかもしれませんが、映画の販売を開始するかもしれません。タイミングとしては抜群です。

・iPod nanoの容量アップ

6GBあたりが登場してくるのではないかと思います。他にはあまり思いつきませんね。動画再生はしないような気がしています。理由はiPod nanoでは十分なクォリティを提供できないから。どうしても解像度が足りないですから、中途半端に見せるというのはAppleらしくないと思います。

・iPod shuffleの価格改定

iPod shuffleのラインナップがなくなるのではないかという話もよく聞きますが、1万円以下で買えるエントリーレベルの製品はiPodファミリーに必要と考えます。フラッシュメモリーの価格から考えると、512MBは4,980円あたりになり、1GBでも7,980円くらいでインパクトを持たせる可能性があるのではないでしょうか? ここで買いやすい価格を提供して、iTunesやiTunes Music Storeの世界を体験してもらい、さらに夢を広げてiPod nanoや5G iPodへの道を提示するのが正しい姿なのではないかと思います。その意味でiPod shuffleの価格帯のラインナップは維持すると思うのです。

ただし、iPod shuffleがデザイン変更の可能性を一番秘めていると思われます。発売時期から考えても、次回候補としては有力でしょう。

では、どのように変わるか。価格を現在の水準でキープするのであれば、内蔵メモリーの容量をアップはするものの、液晶はつけない(コスト的につけられない)のではないかと思います。日本的発想ではありますが、1行表示のモノクロ液晶はあり得る線かもしれません(Apple的ではないのであまり望みませんが)。デザイン的には現在のUSB端子に直接差し込むスタイルは変えないのではないかと思っていますので、多少コンパクトになる可能性はありますが、あとはあまり思いつきません(予想になってない...)。最近のAppleの傾向から考えると、ブラックモデルが追加されることは間違いないでしょう。

いずれにせよ、機能に関しては変わらず、iPod nanoがいきなり登場してきた時のような衝撃的な大きな変更 はないのではないかと思います。

ちょっと長くなってきてしまい、さらに「その先」についてはもっと長くなりそうな予感なので、次回に改めようと思います。この前半は大した話ではありませんでしたね...。

Appleを愛するココロ ー その1

投稿者: ほっしぃ 日時: 26日(月) 23:31

数年前までは「多少Apple製品が好きな」ただのにぃちゃんだったのが、何の因果かそれを商売にして生活をするようになりました。以前に某所でも書いたことがあるのですが、Appleとの出会い、そして人生をかけていくところ(大げさ)までを少しずつ書いてみようと思います(不定期なのであらかじめご了承ください)。

初めてApple製品に触れたのは今は昔、10年程前のことになります。当時は「音楽を生業として」生きていくことを夢見ていた青年はカセット4トラックレコーダーの次のステップを探していました。4トラックカセットレコーダーとは、作曲する上で、各パートを別々に録音していき最終的に1つの音楽として作っていく機器です。詳しくはWikiのマルチトラックレコーダーのページを参照してください。

さて、4トラックカセットレコーダーに限界を感じつつ、リズムマシンとの手動同期にも飽きてきて、次の何かを探さないとということで情報収集をしていたところ、友人から「やっぱり音楽やるならマックでしょう」との啓示を受けるわけです。この「やっぱり」というのがくせ者ですね。あたかもそれ以外は考えられないというか、それ以外を選択するのは道から外れるというか、それを選ぶことに安心感を感じさせるような、そんな魅力的なお言葉をちょうだいして「なるほど〜」とマックへと触手を伸ばすことになるのでした。ただ、この段階では「マック」が「Macintosh」であることは知りませんでしたし、もちろんAppleの製品であることなどは知る由もありませんでした。(そういう意味では「なるほど〜」なんて知ったかぶりですね)

コンピューターといえばPC88のフロッピーディスクから起動する一太郎とロータス123を少しいじって喜んでいたくらいの状況で、ただ、格好良いというイメージはありました。

そして2週間後、現金を握りしめて秋葉原のソフマップへ向かいLC575を手に入れたのです。現在はAppleに買収されてApple製品として開発・販売されているドイツのemagic社のシーケンサーLogicを一緒に購入しました。決め手は、楽譜から簡単にMIDIシーケンス(ようするに曲)を作れるということでした。演奏能力が低かったため、楽譜でバック演奏を作っていけるというのはとても魅力的だった訳です。

これが、Appleとの出会いでした。今から考えればLogicという選択も、後のAppleとの関わりを考えると運命的なものを感じます。

ウェブアクセス解析から

投稿者: ほっしぃ 日時: 25日(日) 23:04

当社のウェブサイトを一般に公開したのが5月25日からなのですが、それと同時にワールドカップiPodケースを発表したので一時的にドカンとアクセス数が上がり、その後に緩やかにアクセスは落ち込みつつ、先日の5G iPod用ハードケースを発表してまた一気にアクセス数が上がるという感じの推移となっています。

ウェブのアクセス解析を見ると面白いことがいくつかわかってきます。

まずひとつ意外だったのは、アクセスブラウザーの種類ですが、Internet Explorer 6@Windows XPが20.69%とトップでSafari@Mac OS Xが20.01%と後塵を拝していることです。個人的なイメージでしたが、Safariでのアクセスが多いだろうと思っていたのですが、意外や意外。これからはしっかりとIEでの検証をしなければなりませんね...。(IEで表示させるとおかしなところがいっぱいあるのは内緒です)

ちなみに、Intel Macによるアクセスは現在のところ5%前後です。まだまだPower PCベースのマシンを使われている方が多いということでしょうか。

現在、一番アクセス数が多いのはやはりこのページです(クリックしてがっかりしないように...)。そして、Sidewinder for 5G iPodが追い上げているという感じです。さすがに、新製品の注目度は高いですね。

興味深いところとしては、アクセスの時間帯では午前10時が最も多く、午後1時、午後11時と続きます。だいたい、会社出社して一息しながらネットニュースなどをみたりするのが午前10時、お昼休みで午後1時、帰宅してネットサーフィンなどを楽しむのが午後11時といったところでしょうか? 一番アクセスが少ないのは、当然と言えば当然かもしれませんが午前5時でした。普通は、寝てますもんね。

ここで紹介したのはほんの一例ですが、このようなアクセス解析からウェブをどのように構築していくべきかなどを探っていき、改善に努めていきたいと思っています。まずは、IE@Windowsの対策をきっちりとしないと...(汗)

アップルストア札幌オープン

投稿者: ほっしぃ 日時: 24日(土) 23:51

すでにオンラインメディアでは報道されていますが、アップルストア札幌が本日6/24 10時にオープンしました。これで日本におけるリテイルストアは7店舗目となります。札幌がオープンしたことにより、仙台・東京(2店舗)・名古屋・大阪・福岡という日本のいわゆる大都市をすべてカバーしたことになります。iPodの勢いとともにAppleブランドを広めていく足がかりとしては十分に準備が整ったといえるでしょう。ちなみに、行ったことがあるのは東京の銀座、渋谷と大阪の心斎橋だけです。機会があれば行きたいのですが、地方はなかなか口実が作れないんですよね...。

さて、次はどこになるのでしょうか? 次に考えられるのは、政令指定都市でしょうか。まだオープンしていない都市は、さいたま市・横浜市・川崎市・静岡市・京都市・神戸市・堺市・広島市・北九州市となります。なんとなく、イメージとしては横浜市あたりが怪しいのではないかと...。

当社取り扱い製品もいくつかアップルストアで取り扱いをしてもらっていますが、今後もより多くの製品を取り扱ってもらえるようにしていきたいものです。

イングランド国旗の謎

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(金) 23:19

日本代表、負けてしまいました。サッカーについてそれほど詳しくはありませんが、以前はワールドカップに出られるかどうか、というところが勝負所になっていたと思いますので、そこから考えれば大きく前進したわけで、またこれからも挑戦していってほしいですね。

さて、知っている人には「なにを今さら」と怒られるかもしれませんが、サッカーワールドカップにおいてイングランドというチームが活躍していますが、イギリスではなくてイングランドという名前で出ているのはなぜか、ということが新聞に詳しく書いてありました。

6/22付けの朝日新聞朝刊によると、「英国とかイギリスと呼ばれている「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国は4つの国が合併、併合してできた国」でイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つから成り立つそうです。ここまでは知っていたのですが、次のことは知りませんでした。

「ユニオンジャックと呼ばれる英国国旗は、1707年の連合王国成立より前に併合されたウェールズを除く3カ国の旗を重ね合わせたデザイン」ということなのです。知ってましたか?

uk_02.gif

実は、なぜここにこれを書いたかというと、何度も出てきているのでおなじみのこのケースシリーズにも強豪であるイングランドが含まれているのですが、この日本語パッケージの製作をした際に、いわゆるユニオンジャックの国旗があしらわれていたのです。全然詳しくなかったので、そのままOKを出して印刷してしまったのですが、後からこのことを知って急遽シールを上から貼り直して訂正をしたという経緯があったのです。店頭でみなさんが手に触れる商品はちゃんとイングランドのものになっていますが、よーく下を透かしてみて見ると...(笑)

uk.jpg

小さな小さなこぼれ話でした。

手放せなくなったiPodケース

投稿者: ほっしぃ 日時: 22日(木) 23:26

昨日発表したケースは最近の一押し商品です。そう、これがごにょごにょしていた商品です。いつも製品の紹介文を書く時には自分で実際に使ってみてから実感として書くことが多いと書きましたが、この商品はサンプルとして手元に来て、使っているうちに手放せなくなったのです。

やはり、なんといってもケーブルを巻く機構がついているところが気に入りました。実はこれ、最初に見たのは今年1月にサンフランシスコで開催されたMacworldの会場でした。ケーブル巻きマニアの一員を自認している私としてはどうしても気になる存在でした。

5G iPod用としてケーブル巻き機構を備えたBackwinderというシリーズもあり、これを以前までは使っていたのですが、今回のSidewinderが来て乗り換えました。

ケーブルを巻ける機構がスライド式に出てくるというところも大いに気に入りました。普段はしまっておいて、ぱっと見は普通のケースに見えるというところもスマートで格好良いではありませんか。

そして、5G iPodでビデオを見たり、使用していない時に置いておくためのスタンドも出てくる機構になっており、これも普段は存在を感じさせないという一貫したコンセプトがうかがえます。Dockコネクターも普段はフタがしまるようになっており、Dockに埃が入らないようになっているところなんかも大切なデータも収納している大容量iPodユーザーには嬉しいところ。

その外観もプラスチック製ながら、マットな仕上げになっており、安っぽいというイメージがまったくありません。これは店頭で見てもらうしかないかもしれませんね。随所に細かい配慮が行き届いているこのケースは日本っぽい匂いがします。

ああ、自分で使っていると思い入れが強いのでいろいろと書いてしまいましたが、決して「売りたいがため」の文言ではないということが伝わっていたとしたら嬉しいです。

Skypeで新しい電話環境(その2)

投稿者: ほっしぃ 日時: 20日(火) 23:59

昨日のSkypeの話の続きをしましょう。

前回、Skypeを導入するメリットとして挙げたのは下記の通りでした。

・固定費および通話代が安い
・場所に依存しない
・コンピューターとの親和性が高い

 通信費に関しては、当社の例で言えばSkypeOutの料金はだいたい1ヶ月5,000円程度でした。また、スタッフは事務所だけでなく他の場所にもおり、電話を受けるという意味においては何ら変わらずに行なうことができています。ここではコンピューターと書きましたが当社のメインマシンはそれぞれMacですので、Macとの親和性が高いと言えます。やはりコンタクトリストが簡単に作れて、ダブルクリックするだけで電話をかけられるというのは楽です。

さて、そろそろデメリットも書いておきましょう。

・つながらないときがある
 どういう組み合わせでつながらないのかは現状不明ですが、場合によってつながらない時があるようです。たいてい時間をずらすとつながるのでサーバーの問題なのかもしれません。これが一番大問題です。

・音質が多少落ちる
 マシンやネットワーク環境にもよると思いますが、一般加入電話と比べると音質は落ちます。特にSkypeOutは日本に限らずどこにでもかけられるということで、どういう経路でつながっているのか詳しいことはわかりませんがディレイも多い気がします。一般加入電話からかかってくるSkypeInについては日本のフュージョンコミュニケーションズがサービスを提供しており、SkypeOutに比べると音質も良くディレイもあまりありません。こちらは技術革新の激しい現在の状況から考えるとそれほど心配はしていません。

・保留/転送ができない
 一般的な会社の電話回線にはPBXという機械があり、着信した電話を回線に振り分けたり、保留して他の人に転送をしたりする機能を提供しています。Skypeは基本的にP2P技術ですので、1対1の会話だけを考えているため保留/転送という概念がありません。したがって、受けるのは空いている人ができるのですが、Aさんが着信を取り、「Bさんいますか?」と言われると少し困ってしまうのです...(汗)。当社がどう対応しているかは、ヒミツです(かけるとわかります)。ここらへんにビジネスチャンスがあるのかな、とも思っています。

細かいことをいえば、Mac版の開発が遅れている(ちなみにUniversal Binary版にはなっています)とか、「インターネット経由でおつなぎします」という不要な音声メッセージが流れるとか、会社名義で契約できないとか、いくつかありますが、新しい技術を積極的に使っていきたいという気持ちもあり、またスタッフが遠隔地で働けるというのは非常に大きなメリットになり得ると判断したためSkype導入に踏み切りました。まだまだ問題も多いですが、暖かい目で見守ってください(笑)。

なお、Skypeをお使いの方がいらっしゃいましたら、trinityincというIDにコンタクトしていただければ無料で通話できますのでお待ちしております。

それでは、今日のところはここらへんで。

Skypeで新しい電話環境(その1)

投稿者: ほっしぃ 日時: 19日(月) 23:12

今日はもう夏到来という感じでとても暑かったですね。天気予報では夕方に雨が降るということで少しは涼しくなるかと思いきや、そのまま暑いままでした。都内某所に商談にいっていましたが、歩いているだけで汗が噴き出すというような状態。30度以上になったところもあるとか。梅雨のジトジト雨よりは良いですが、心構えができていなかったので辛かったです(笑)。

閑話休題。

当社の代表電話は実はSkypeを利用しています。いろいろな情報がニュースサイトに掲載されているのでご存知の方も多いとは思いますが、元々はコンピューターを使用したIP電話技術だったのですが、SkypeOutという一般加入電話への発信が可能になり、今年からは日本でもSkypeInという一般加入電話からの着信サービスも開始され、環境としては一般加入電話と変わらない状態になっています。

そこで思い切ってSkypeをメインの電話回線にしてみました。これは非常に大きな賭けではありますが、せっかく新しい会社を立ち上げるのだから、そして最先端のデジタルライフを提案していく上では、自分たちも何か新しいことをやっていきたいという思いから決断しました。

Skypeを使うメリットは下記の通りです。

・固定費用がビジネス向け一般加入電話に比べて圧倒的に安い
 SkypeInのサービスは050から始まる電話番号がもらえますが、これの維持に年間4,000円です。念のため繰り返しますが、「年間」です。

・コンピューターさえあれば場所に依存しない
 たとえばMacBook Proを持ち出していて、そこにネット回線があれば、オフィスと同じように電話を使用することができます。これにより、スタッフがいつも事務所に通う必要がなくなります。また出張していても普通に電話の発着信ができるため、少ないスタッフの場合でも電話を受けられないでビジネスを逃してしまうということもなくなります。

・電話帳を活用できる
 コンピューター内にあるコンタクトリストを活用して電話帳を作成しておけば、簡単に発信することができ、また着信した相手も画面上に表示されます。

もっと細かいところもありますが、大きなところとしてはこの3つだと思います。
ちょっと長くなりそうなので、続きは次回以降に。デメリットもありますので書かないといけませんしね。

英語を使わなくても生きていける?

投稿者: ほっしぃ 日時: 18日(日) 23:49

この仕事をしているとよく「英語ペラペラですごいねぇ」とか「英語の成績が良かったでしょう?」と言われます。

過去の恥をさらしますと、中学高校と英語の成績は最悪も最悪で、試験のたびに赤点で補習という流れでした。英語の教師に「これからは英語ができないとダメだぞ」などとしたり顔で言われて、それに反発して「ここは日本なので英語をいっさい使わなくても生きていけます」などと粋がっておりました(恥)。

現在では数十通の英語のメールを毎日読み書きし、英語のカタログを翻訳し、年に数回海外に行き英語で会話をするというような、まさに「英語ができないとダメ」な生活を送っております(笑)。先生、ゴメンナサイ。

とはいえ、冒頭に書いた通り、一生懸命英語を勉強して現在に至った訳ではなく、20歳を過ぎるまでは本当に英語に触れるということなどあまりありませんでした。

きっかけとしてはカナダにワーキングホリデーに行ったことです。友人が応募しているのを横目に、「ヒマだったから」一緒に応募してみたら当たってしまったというだけのことで人生が変わるのですからわからないものです。そして、やはり現地で生活をするというのはまったく違うもので、生きていくために必要ということで読み書きや会話をしていきますし、現地で通った学校も英語だけで会話しますから、どうしても周りが日本語なので学校に行った時だけ英語をしゃべるという環境とは異なります。

と、偉そうに書いてはいますが、実は日本の中学校レベルの英語力はありません。日本の中学校の英語をマスターしていれば基本的にはまったく問題ありません。あの時やっておけば...というのは今になって思うことで、まさに後の祭りというやつです。

ただ、今からでも遅くはありません。学生時代最悪の成績の人がこんなビジネスをしているくらいですから、みなさんにもまだまだチャンスはあります。思い切って飛び込んでみてはいかがですか?

...となんだかよくわからない話の展開になってしまいましたので、ここまで。

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter