Trinity Weblog [TriLog]

キーワード検索

すべてをメールに一元化

投稿者: ほっしぃ 日時: 28日(金) 14:46

ITmediaの記事にあったライブドア前代表取締役山崎氏の「すべてをメールに一元化」は非常に興味深かったです。偉そうにするつもりはありませんが、基本的に同じ手法で仕事管理をしています。ただし、ブックーマークはSafariにして.macで同期しています。

メインのメーラーはMicrosoft Entourageで、全社員が同じメーラーを使っていますので、なにかと便利です。あとはEntourageのSpotlight対応が拡大してくれて、Entrourage内での検索が可能になると最高です(現在は外部Spotlightからの検索)。

さて、一番興味があったところはすべてオンラインにデータを置くところ。

 “重要なデータはすべてオンラインで”──。そのメリットを山崎さんはこう話す。

 「どの環境で見ても同じ。そして自分のPCには大事なデータはほとんど入れていない。PCは、月に1回くらいフルフォーマットをかけて出荷状態に戻してしまう。そのときもバックアップを取るのは、パスワードくらい」

この発想は前からあって、しかしながら現在はこうはなっていません。それは、ネットワークに接続していない(できない)場合には何もできなくなってしまう可能性があるからです。

もちろん、会社内などは無線LANも張ってあるので、どこにいてもネットワークに接続することができますが、外出先ではそうもいかない場合が多いです。通常、ウィルコムのPHS端末を持っていて外からも接続できるようにはしていますが、大容量のデータのやりとりには向きません。また、車に乗っているときや、長距離では電車や飛行機に乗っている時などにたまっていたメールの返信や、メールマガジンに目を通すということもオフラインでできる必要があるのです。

顧客先での打ち合わせでもほとんどの場合がネットへの接続ができません。そうなると、打ち合わせの中で過去のメールなどを閲覧できないとかなり困った状況になってしまうのです。というわけで、山崎氏の仕事術は理想なのですが、日本中どこにいてもネット接続ができるという環境にない限り、かなり限られた範囲での仕事でないとうまくいかないような気がします。ライブドアの公衆無線LAN計画も例の事件でちょっと頓挫してしまったようなので、こうなるにはもう少しかかりそうですね。

それと、メインマシンがなんとMacBook Pro! なんとなく嬉しくなってしまうのはApple信者の証でしょうか(笑)?(信者ではなくエバンジェリストを自認していますが...)

Skype for Macにビデオがやってきた

投稿者: ほっしぃ 日時: 26日(水) 23:48

当社でも使用しているSkypeMacバージョンが1.5にバージョンアップされました(まだベータ版です)。そして、待望のビデオ機能が搭載されたプレビューバージョンも別途公開されました。まだプレビュー版なのでメインの電話として使用している当社では主要マシンにインストールするわけにはいきませんが、サブマシンにインストールしてみました。ダウンロードページに行くとすでに1.5.0.52にバージョンアップされていましたので、それをインストールしました。

今回は普段iChatのビデオカンファレンスで使用しているFireWireビデオカメラFire-iを使用してみました。ちなみにこのFire-i、USBカメラが全盛の中でかなり珍しいFireWireインターフェースです(AppleのiSightがありますが)。しかもディジーチェーンできるということで「普通の用途ではないところ」で大人気です。2台も3台もつなげて使う用途があまり思いつきませんが、研究期間などは私たちが思いつかないことに使用していたりします。

さて、ダウンロードしてアプリケーションフォルダーにコピーするだけでインストールは終了し、起動してみると...。

video.png

しっかりビデオ機能が動作しています。そして、「unibrain Fire-i」とカメラも認識されていました。まだすぐに試せるマシンがなかったのでビデオ機能がすでに搭載されているWindowsマシンとやりとりしてみましたが、特に問題なくビデオチャットをすることができました。試したマシンがPowerBook G4 1GHzだったためマシンスペックの問題かLAN(ギガビットイーサ)内なのに少しカクカクしていました。

ビジネスとして使用する範囲においてはあまりビデオ機能は重要ではありませんが、パーソナルユースでは、特にWindowsな人たちとビデオチャットをするには良いツールであるといえます。Mac版の開発が遅いとかいろいろ言われているSkypeですが、これからもがんばっていって欲しいです。

続きを読む...

いつでも楽しい発見をさせてくれるトコロ

投稿者: ほっしぃ 日時: 24日(月) 23:17

アシストオンは当社の製品を取り扱いしてくれているお客さんであり、訪問するのが一番楽しみなお店でもあります。商談の合間や終了後にお店をうろうろしていつも「楽しい発見」をさせてもらっています。このような「こだわり」のお店に当社の製品を置いてもらうのはとっても嬉しいことです。

ウェブサイトも見やすく、そしてなんといっても「ただメーカーの説明文を転載」するだけでない、店長の思い入れたっぷりの文章は、メーカーのプロダクトマネージャーを凌ぐのではないかと思わせるほどの力作です。当社製品がどのように料理されるのか、いつも楽しみにしています。

今日もまたひとつコレクションが増えました。

「今日の発見」

Appleを愛するココロ ー その3

投稿者: ほっしぃ 日時: 23日(日) 23:53

初めてコンピューターを購入してからMacを使い続けてきて、仕事でもMac上で動作するDVDオーサリングシステムを販売していたので、さまざまなMacと出会ってきましたが、それまで「好き」という感じだったものが「愛する」とまで思うようになったのはMac OS Xに触れてからです。

それまでのMac OS 9までは「好き」ではあったものの「愛してる」までは感じていませんでした。それもあって、周りではいろいろと言われていましたが、Mac OS Xへの移行はスムーズになおかつ迅速に進みました。実際、Mac OS 9でしか動かないソフトというのはほとんどありませんでしたし、Mac OS 9よりもMac OS Xに惹かれていたのでMac OS 9を使い続ける意味はありませんでした。

Mac OS Xのどこが良かったのか。やはり「Look and Feel」で、OS全体の洗練された未来的なデザインといろいろな場所にちりばめられた「動き」に感動したのです。新しいフォント「ヒラギノ」とOS全体としてサポートされたアンチエイリアスのかかった文字はまさに「美しい」の一言でした。

ハードウェア的にはPower Mac G3 Blue & WhiteやiMacにはあまり惹かれなかったのですが、Power Mac G4 QuickSilverを見て、これがMac OS Xとマッチして格好良いと思って購入しました。これは今でもMac OS X Serverを動かすマシンとして活躍しています。

この頃からAppleエバンジェリスト(信奉者ともいいます)を自負して、人にMacを薦めるようになりました。以前勤めていた会社では30名ほどの社員がいた中で、会社のシステムはWindowsなのですが、個人的にはMacを持っているという人を2/3以上まで引き上げました(笑)。

今では「ただ安いだけが良い」という人以外、かなりの割合でMacを購入に至らせることができるくらいの理論武装をしています。Apple Storeで働いたら成績が良いだろうな、と(笑)。

さて、そんなAppleエバンジェリストを自負するところから、それを仕事にも持ち込むようになってました。というところで、次回へつづきます。

鹿児島を満喫

投稿者: ほっしぃ 日時: 22日(土) 23:22

あっという間に月日というものは流れてしまうものですね。少しウェブログの間隔が開いてしまいました。

AUGM鹿児島のあと、実は2日間鹿児島に滞在していました。AUGM自体は前夜祭が14日にあり、本番が15日なので通常打ち上げも参加すると翌日16日に帰るカタチになるのですが、今回は3連休だったということもあり価格とスケジュールが合わなかったのです。

普通、このような形で出張する場合には「ツアーパッケージ」というので行くのですが、そうすると約3万円で往復航空運賃と1泊のホテル代が含まれるのです。鹿児島は今年からスカイマークエアラインズが運行を止めたので航空券だけで安く取れることもないため(ANAだと片道で3万円くらいします)、ツアーで行くのが一番お得になるわけです。

ところが、今回は3連休ということで16日に帰ろうとすると割り増しで5万円以上になるとのこと。そして、さらにいえば帰りの飛行機は空いていないという話でした。同じ内容なのに3万円が5万円になるのもなんだか納得いかないですし、もともと飛行機もないということでそのまま滞在することに決めました。

そして、桜島に渡って溶岩の跡をみたり、温泉に入ったり、池田湖でイッシーを見たり、大うなぎを見たり、そうめん流し(流しそうめんではありません)を食べたり、指宿へ行って砂蒸しを体験したり、ドラゴンフルーツソフトクリームを食べたり、科学館で遊んだり、水族館に行ったり、天文館で溶岩焼きを食べたり、黒豚トンカツを食べたり、といろいろ堪能させていただきました。

sakurajima.jpg

issy.jpg

unagi.jpg

soumen.jpg

sunamusi.jpg

dragon.jpg

kagakukan.jpg

yougan.jpg

tonkatsu.jpg

...とここで終わっても良いのですが、一応AUGMでのプレゼンの内容を晒しておきましょう。本当は2つプレゼンシートがあるのですが、差し障りのない方だけを公開しておきます。差し障りがあるかもしれない方も見たい、という方はAUGMに参加して実際に見てみてください。

AUGM鹿児島プレゼンテーション(Flash) ※画面をクリックすると進みます。

格の違い?

投稿者: ほっしぃ 日時: 17日(月) 22:59

多くのスタッフの方々の支えにより、無事にAUGM鹿児島が終了しました。AppleやMacが好きという同じ思いの同志たちが集い、無償の協力の上で成り立つユーザーグループミーティングに誘っていただける事は非常に光栄であり、つまらないことをしてはならないという責任も強く感じます。

自分自身のプレゼンの事については後ほど触れるとして、前々から感じていた事ではありますが、いくつかのAUGMに参加してきましたが「アドビシステムズのプレゼンは面白い」です。しっかりと機能の説明や、製品の魅力を伝えつつも、会場を沸かせるテクニックはどこで身に付いているのでしょうか? うらやましいという思いと、「いつか自分も...」という思いが交錯していつも見ています。

一般的にアドビシステムズ(Adobe)はその製品群の性格から考えても、なんとなく「堅い」というイメージがあると思いますが、そんな先入観をあっさりと裏切るプレゼンテーションに、初めて見た人誰もが驚かされる事でしょう。今回のAUGM鹿児島においても、3名の方がプレゼンをしてくれたのですが、どれも面白く、特にFlashのプレゼンは大爆笑の嵐。個人的にはオリジナルキャラクター「豆」にやられました(笑)。もちろん、言葉でダラダラと説明するのではなく、「感覚として」、「Flashって思ったより簡単そうだな」とか「自分でもやればできるかも」と思わせているところが巧みです。

他社のプレゼンを偉そうに批評する資格はないのですが、自分にとっての目標のひとつかなと思えるものだったので書いてみました。そう、そしてそんなプレゼンの後に自分の番が回ってきて、もう大変でした(汗)。

アドビシステムズの方々が普段のセミナーでもこのようなカタチでやられているのかは知りませんが、まだプレゼンを見た事のないという方は直接プレゼンを見る事を強くお勧めします。良い意味で、印象が180度変わるのではないかな、と思います。そんな普通ではない体験ができるのも「AUGMならでは」ですので、AppleやMacが好きという方は一度参加されてみてはいかがでしょうか? とても暖かく迎えてくれると思います。

鹿児島にて

投稿者: ほっしぃ 日時: 14日(金) 23:46

とうとうやって参りました、鹿児島に。明日(7/15)に開催されるAUGM鹿児島に参加するのですが、毎回恒例の「前夜祭」にも参加するために前日から鹿児島入りしています。

鹿児島空港に着いた瞬間、「暑い!」というのが第一印象。どうも今日は東京も含めてかなり暑い日だったようですが、鹿児島はより一層暑く感じられました。そして、「熱い」と言えば、「前夜祭」。本当は本番前の打ち合わせも兼ねて、ということだったと思いますが、当日の話はほとんどなし(笑)。黒豚しゃぶしゃぶの食べ放題のお店に行ったのですが、黒豚を鍋に入れるのに必死で当日の話題には誰も触れません。

死ぬほどたくさん黒豚を食べた後(しかも代金3,000円!)は恒例の「白熊」です。もちろん、熊を食べる訳ではありません。全国発送もしてくれるということで、「食べる前に1分間レンジに入れるとシャリシャリ感が出ておいしい」という裏技まで教えていただきましたので、もし良ければみなさまもどうぞ。

と、遊びにきているような書き方をしてしまいましたが、ユーザーグループの会合に参加するのは非常に大事な「お仕事」なのです。直にユーザーの声に耳を傾け、市場のニーズを確かめた上でのマーケティング戦略を立てていく事こそ成功への道。さまざまな人がさまざまな使い方をしているわけで、ニーズは1つではないのですから。

と、必死に「お仕事」をアピールして、今日のところは終了したいと思います。明日、多くの「熱い」Macユーザーのみなさまとお会いできるのを楽しみにしています。

続きを読む...

現在必死に...

投稿者: ほっしぃ 日時: 13日(木) 23:50

明後日(7/15)開催のAUGM鹿児島のプレゼン資料を一生懸命作っています。鹿児島へ出発する前の日に材料が届いたもので...。それでもなんとかカタチにしていきたいと思いますので、ご期待ください! と言えるほどまだ進んでおりません(汗)。

続きを読む...

デジタルライフを安心して楽しめる世界を

投稿者: ほっしぃ 日時: 11日(火) 20:18

人類の歴史は争いの歴史であるというように言われますが、いまだに20世紀の遺産を大事そうに抱え込んでいる人たちが多いようです。彼の土地でどのようなことを考え、本当はどのような目的で「行動」に至ったのかは、新聞やテレビ、その他ネットなどの情報だけでは真実に迫ることはできません。対する私たちの側においても、過去に回帰するかのような「動き」が見え隠れしています。しかし、憎しみはさらなる憎しみを生み出すだけの愚かなる結果を巻き起こすだけと、過去に何度も経験して学習したのではなかったでしょうか?

私たちが愛するMacintoshやiPod、さまざまなスタイルで音楽や映像などを楽しむデジタルライフは平和を前提とした生活の中でのみ成り立ちます。ひとたび「事」が起これば、本革のストレッチがおしゃれだとか、ケーブルをすっきりスマートに収納だとか、水中で音楽を楽しむ、などという事は一瞬にして消え去ってしまうほどのことです。たとえ直接的に参加していなくとも、私たちと同じ国に住む人たちが憎しみの渦巻く場所で死と隣り合わせで必死になっている最中に、そのような娯楽を語る事は許されないからです。

「やられたらやりかえす」という前世代的な考え方は報復の連鎖を呼び、憎しみの倍増という最悪の結果を呼び起こす事になります。そして、忘れてはいけないのは、いつだって最大の被害を被るのは「それを始めた人たち」ではなく、一般市民だということです。

デジタルライフを安心して楽しめる世界が続く事を、切に願ってやみません。

ワールドカップ優勝はイタリア!

投稿者: ほっしぃ 日時: 10日(月) 23:58

今日はどうしたってサッカーワールドカップ決勝戦の話題にならざるを得ません。ところが、その時間は現世におりませんで、幻界(ビジョン)に迷い込んでいました(こちらも話題ですね)。いえ、寝ちゃってました...。

勝負は結果がすべてです(きっぱり)。ということで、イタリアおめでとうございます。そして気になるのが、こっちの行方です。7/31までの応募期間ですので、ホントにこれからお店に走って購入することもアリではあります。実際、イタリアが優勝すると思った人が少なかったのか、それともイタリア国旗のデザインがイマイチだったのか、イタリアを予想して送ってきた人はあまりにも少ないです。ということは、チャンスです。

まだまだたくさんの応募をお待ちしております。なお、違う国のケースを買ってしまったよ、という方々にも、応募いただければ特別グッズをお送りする「かも」しれませんので、試しに画像を送ってみてください。

それでは、結果は8/1までお楽しみに!

Trinity

  • Contact
  • Site Map
FontSize
  • RSS
  • Twitter