TRILOGトリログ

iPhone 12シリーズ、買うべきモデルはこれだ

2020.10.15

いよいよ待望のiPhone 12シリーズが出ました。個人的に今回のデザインは古き良きiPhone 5のデザインに立ち戻り、ものすごくかっこいいと思います。

今回のスクエアデザインは機械的にも無駄がなく、内部容積を使える形状であることは間違いなく、iPhone 12を分解するといつも以上に隙間なくぎっしりと部品が詰まっていることでしょう。

さて今回、4モデルが同時発表され、どれを買ったらいいか迷う構成となっています。以前よりも迷うポイントが多いラインナップになっているため、どのモデルが最適なのか私なりに整理してみました。

価格

もっとも重視すべき点です。先端スペックばかり紹介する記事の多い中、「この機能は必要なのか?」という疑問は、結局のところ「いくらなのか?」に集約される問題です。

まず、このクラスのiPhone買う人にとっては、128GBは最低容量だと仮定しました。また、子供やペットの動画をバンバン撮る人だと256GBも使うと思いますので、この二つで価格を並べてみます。Apple Storeでの公式価格を記載しております。

こうみると、iPhone 12 mini / 12の間、iPhone 12 Pro / 12 Pro Maxの間で、同じ価格であれば一つ上の容量が買えることがわかります。また、価格差はきれいに11,000円づつ追加されていくイメージになります。iPhone 12 / 12 Proの間には16,000円の開きがあり、それなりの金額差になっています。

スペック

全て5G搭載、A14 Bionicチップ、超広角と広角レンズ搭載はすべて共通です。基本的な使用ではどれを選んでも同じような体感となるものと思います。

画面サイズ

iPhoneシリーズで売れてきたモデルの画面サイズを並べます。

こうして並べると、選ぶべきモデルが見えてきます。過去のiPhone SE(初代)が好きだという方は、迷うことなくiPhone 12 miniを選ぶことになります。少し大きくなりますが、それでもここ最近で発売されたiPhoneの中で最小のサイズでありながら5.4インチの大画面となり、iPhone SE(第2世代)よりもゆったりとした大画面で操作ができます。

iPhone X / XS /11 Proを使っていて、サイズ感にしっくりきている人はiPhone 12 / 12 Proへの移行となります。ほんの少し本体が大きなりますが、画面サイズも0.3インチ大きくなります。iPhone XR / 11を使っていた方は迷うことなくiPhone 12 / 12 Proを選ぶべきで、本体サイズが非常に小さくなりつつ、画面サイズが大きく広がります。

カメラ

iPhone 12シリーズでの違いは、結局のところカメラの違いにつきます。

  • iPhone 12 mini / 12は全く同じカメラがついており、悩むことはありません。
  • iPhone 12 Pro / 12 Pro Maxになると、LiDARスキャナと望遠レンズがつきます。

LiDARスキャナについては、正直なところまだまだ用途に乏しく、今後対応アプリは出てくると思いますが、LiDARがないと動作しないアプリで必須のものが出てくることは考えにくく、優先順位は低く考えていいと思います。暗がり撮影時にフォーカスが速くなる、というのもありますが、これもほとんど使うことはないでしょう。アメリカのレストランなどは本当に暗闇で営業していることも多いのですが、日本でそこまで暗いところでポートレート撮影が必要な場面は少ないと思います。

個人的には、望遠カメラの有無が大きく、実際にものすごく使っています。物撮りについても、なるべく被写体から離して望遠側で撮った方が歪み難いですし、マクロのように細かい部分を大きく写すことができます。左がiPhone 11 Proの広角、右が望遠で、フォーカスできるギリギリまで寄ったものになり、これくらいの差が出ます。

例えば花や小さいペットを大きく撮りたい時に差が出ます。望遠と言いつつ、マクロカメラとしても使えるので注意が必要です。この望遠レンズの有無に対して、iPhone 12か12 Proの間に15,000円の価値を見出せるのか、につきます。iPhone 12でも必要十分すぎる撮影ができるため、いわゆる普通の方達はiPhone 12で十分ではないか、と考えています。

また、iPhone 12 Pro Maxについては明らかにカメラ性能でiPhone 12 Proとの間に差別化を入れてきました。以前のiPhone 11シリーズは画面サイズ以外、違いはなかったのですが、今回は非常に悩ましい選択になっています。

  • 光学ズーム 4倍から5倍に
  • センサーシフト光学式手ぶれ補正

などが追加されており、ハイエンドを求める人にはきちんとアピールできるようになっています。

注意点として、iPhone 12 Pro Maxは明らかにレンズの飛び出し量が増えています。公式の厚みでは同じ7.4mmですが、レンズが含まれていないことに注意してください。ケースをつけてもレンズが大きく飛び出してしまうものと思います。

まとめ

以上、まとめさせていただきます。

とにかくコンパクト、iPhone SE(初代)のサイズが良い。価格もできる限り安く。
iPhone 12 mini

6インチ前後のサイズでコストパフォーマンスの良いものが欲しい
iPhone 12
→望遠レンズに16,000円の価値を見出せる方はiPhone 12 Pro

とにかくハイエンド、カメラ性能がもっとも重要
iPhone 12 Pro Max

以上の選択肢で間違いないと思います。これにTouch ID重視であればiPhone SE(第2世代)を絡めて考えていくと良いと思います。

私個人は、アクセサリー検証などもしなければならないことを考えて、iPhone 12 Proにするつもりです。皆さんの参考になれば幸いです。

そして、私たちSimplismでもiPhone 12シリーズ対応のアクセサリーを発売いたします。こちらも合わせて悩んでいただければと思います。

このブログを書いたスタッフ

開発

ようへい

開発、生産工程に関わる。家具メーカーのセールス時代に星川と出会い、意気投合してトリニティに転職。製品開発で中国に何度も通ううちに辛い食べ物に覚醒。隙があれば食べ物にハバネロソースをかけてしまうため、周囲から嫌がられている。

ようへいのブログ一覧

コメントを投稿

ログイン

登録

会員登録せず購入する

ログインせずに投稿する場合には名前とメールアドレスを入力してください。


管理者の承認後、コメントが表示されます。

カテゴリー

コメント

このページをシェアする

ブランドから探す

機種から探す

  • Tablets
  • Smartphones
  • Laptop
  • AirPods
  • Apple Watch
  • iPad
  • iPhone

iPhoneから探す

iPadから探す

iPodから探す

Apple Watchから探す

Laptopから探す

AirPodsから探す

Smartphoneから探す

Walkmanから探す

Tabletsから探す

カテゴリから探す